汽車(薪で走る蒸気機関車)-02・実際に乗りました



汽車に実際に乗車してみました。パラグアイに来て初めて「鉄道」を利用しました。車窓からの景色は何時見慣れている景色とはどことなく違うような印象を持ちました。列車の中の様子、ルケ駅での大道芸などを紹介します。

復活まで



最近は隔週の運転のようです (2008年12月04日)

以前は毎週末運転されていた鉄道ですが、最近は隔週の運転となったようです。チケットはセントロに在る以前の駅舎内で販売されています。旅行会社などでは扱ってはおらず、乗りたい人はこの窓口で買う必要があるそうです。ちなみに予定ででは12月は14日、21日、28日の3回運転されるそうです。チケットを購入する際には名前を届ける事が必要で、パラグアイ在住者は3万グアラニ、外国人は20ドルです。3倍もの値段の格差を付けていますが、それでも外国人にはそれほど高いものではないと思います。団体が入ると予約で埋まり1週間前に完売する事もあるようです。大体毎回完売しているそうですので、早目に乗車券を購入される方が良いでしょう。

鉄道のウェッブサイト(スペイン語)

友人に依頼されてチケットを購入しました。チケットは日本の古い切符という感じです。注意書には窓口の営業時間そして動植物園駅の発車時刻と到着時刻が記されています。



(写真:チケットと注意書)



アレグアまで乗りました (2005年07月10日)

鉄道は保線が終わり更にアレグアまで延長されました。ルケまでの時には往復で2時間程度、ちょっとした散歩という感じですがアレグアまで延びますと一日かかります。

(日曜日のみの運行) アスンシオン(動植物公園駅)-ルケ-アレグア 往復

アスンシオン 発 10:00 ルケ 着    10:40
ルケ     発 11:10 アレグア着   12:00


アレグア   発 15:00 アスンシオン着 16:20

料金 大人子供共(5歳以上) 一律往復 30,000 グアラニ (約 500円)
定員 2両 180人

ルケ往復の時に比べてかなり長い距離を走りルケでおやつ、アレグアでは長時間の滞在となりましたが、値段は5割アップだけです。これで途中ルケ駅でサンドウィッチもしくはエンパナーダ、往路復路2回飲み物のサービスが付きます。

また駅構内は非常に広く自動車を駐車する事が出来ます。自動車で行く際にはゲートがあり、係員が入場する自動車をチェックしています。駐車料金は不要です。帰るまで駐車出来ます。



(写真:動植物園駅)

切符売場は駅のプラットフォームの横にあります。先着順に定員まで販売されています。当日少し早目に出掛けるかもしくは予約をして購入される事をお勧めします。



(写真:切符売場)

乗車する時に切符のチェックを行います。番号を調べ、乗車リストと照会します。



(写真:切符のチェック)

プラットフォームの横には汽車の形をしたバスが停まっていました。行き先には「鉄道中央」とあります。ホテルなどを廻りツアー客を運んで来るのでしょう。



(写真:汽車の形のバス)

この日は機関車は逆に連結されていました。ターンする事が出来ないのでこれで行きはアレグアまで向かい、帰途は機関車を反対側に持って行き正しい連結にして運行するとの事です。



(写真:往路は機関車が逆に連結されている)

約40分ほどでルケ駅に到着します。以前はここが終点で折り返しとなっており、ルケ駅の構内で手品やコントを見せていましたが、アレグアまで延びここはおやつタイムとなっています。サンドウィッチもしくはエンパナーダと飲み物が用意され、思い思いにくつろぎます。

感心したのはトイレです。綺麗なトイレが建設されており、乗客が利用出来るようになっていました公衆トイレではなく、この列車専用のようで、鍵がかかるようになっており、普段は誰も利用出来ないようになっているのでしょう。



(写真:おやつと飲み物を配る:ルケ駅)



(写真:休憩:ルケ駅)



(写真:ルケ駅に停車中の汽車)

汽車の走る速度はかなりゆっくりで子供が走る速度くらいです。しばらく走っていると汽笛を鳴らし続けてかなり速度が落ちて来ました、何事かと前を見ますと牛が線路の上におり、それを追い払っていました。牛達は逃げるのですが線路に沿って逃げ、なかなか思うようには行きません。



(写真:牛が・・・)

最後尾に行き線路を眺めてみました。草は刈り取られて線路の状態も思ったよりは良いようです。この鉄道を観光用として生かして行こうという熱意のようなものを感じます。



(写真:最後尾から見た線路)

車内では色々な出し物が披露されます。まずは手品、卵を鮮やかに出し消すというもの、輪を繋いだり外したりというものありました。目の前での手品、子供がびっくりです。



(写真:手品)

そしてバイオリン演奏が終わるとコントが始まります。掛け合いは面白く大爆笑となります。



(写真:バイオリンとコント)

そして古い衣装を着た女性が登場しギターの演奏の人も加わり大合唱となり盛り上がります。お客さんの乗りは良くさすがにラテンですね。



(写真:ギターと古い衣装の女性)

そしてコントが始まりました。なかなか上手で皆さん大喜びです。



(写真:コント)

この列車は「動物禁止」となっているのですが、豚を抱えた人が乗って来ました。これも勿論スタッフの一人です。



(写真:豚を抱えた人が・・)

コントの末、降ろされて連行されて行きました。



(写真:豚を抱えは連行)

アレグア駅はすっきりとした駅でした。街の外れにあり、非常にのどかな雰囲気です。



(写真:アレグア駅-01)



(写真:アレグア駅-02)

構内は観光局の事務所並びにお土産店になっています。



(写真:アレグア駅構内)

駅の横は綺麗に整備されてた公園になっていました。



(写真:アレグア駅前の公園)

アレグア駅には貨車の残骸がありましたが並べてあり、多分これから補修でもして展示物とするのでしょう。



(写真:アレグア駅で貨車の残骸)

アレグア駅から先を見ますと線路が草で覆われ見えなくなっています。ここから更に先に延びるのでしょうか・・



(写真:アレグア駅からイパカライ方向を見て)



(写真:アレグア駅外観)

駅では機関車を帰途の先頭に連結代えです。列車から切り離し先頭に繋ぎます。



(写真:アレグア駅にて)

帰途は綺麗に機関車が先頭になります。



(写真:機関車が前に付いた:アレグア駅)



(写真:列車を見送る人達:アレグア駅)



(写真:空港へ行く道路と立体交差)



(写真:公園の横を通る)

車窓の景色は様々に変化します。道路を走っていては分からないような生活の様子を垣間見る事が出来ます。



(写真:車窓から-01)



(写真:車窓から-02)



(写真:車窓から-03)

牛もたくさん見る事が出来ます。



(写真:車窓から-04)

そして夕刻、予定通り列車は到着しました。乗客達は記念撮影をしていました。



(写真:アスンシオン動物公園駅に到着)



(写真:到着した列車)



ルケまで開通 (2004年10月03日)

実際に汽車に乗りルケ往復してみました。汽車は2両の客車を牽きルケまでの間約8キロの距離を往路約30分、復路約40分で往復します。ルケ駅で45分程度停止してまたアスンシオンの動植物公園駅まで戻ります。乗るまでは待ち時間も長く退屈なのではないと思っていましたが、実際に乗ってみますと観光客を楽しませる色々な工夫があり、楽しく過ごす事が出来ました。最後にはよりよいサービスを行う為と全乗客にアンケートを取っていました。移動の為の汽車から観光の汽車へ、ディズニーに在る汽車のような印象です。原則は往復で、多くの乗客は自動車で駅まで来て駐車していました。

(土日のみの運行) アスンシオン(動植物公園駅) - ルケ 約 8キロ

アスンシオン 発 15:00 ルケ 着    15:30
ルケ     発 16:20 アスンシオン着 17:00

料金 大人子供共(5歳以上) 一律往復 20,000 グアラニ (約 400円)
定員 2両 180人

あくまで観光用の鉄道ですので遊園地の汽車に乗るようなイメージで良いでしょう。駅の敷地は広く自動車を駐車出来るスペースが十分にあります。チケットは往復が原則で発車30分くらい前には購入しましょう。日によっては定員に達して販売を打ち切る事もあるそうです。また、購入する際に名前を登録する必要があります。(パスポートなどを提示する必要はありません)また客は子供を連れた家族連れをイメージしているようですので、ビールなどの販売はありませんので飲む方は用意して行きましょう。



(写真:薪をくべて出発に備える蒸気機関車-01)



(写真:出発に備える蒸気機関車-02)

汽車がゆっくりと走り始めますと紙袋に入った「おやつ」(エンパナーダ等)と清涼飲料水のサービスがあります。これを食べながらゆっくりと動く車窓を見ていますと間も無くピエロ並びに音楽家が乗り込んで来ます。面白いやり取りをし、素敵な音楽を聞かせてくれます。速度は人間が走る程度、丁度ディズニーランドを周回する鉄道のような感じです。



(写真:配るおやつを用意)



(写真:ピエロと音楽家)

車掌に扮装したもう一人のピエロが出て来て掛け合いのコントを見せてくれます。



(写真:車掌に扮装したピエロ)

そして鉄琴を持った女性のピエロが登場しコントは最高潮、乗客の注目を浴びます。子供達は大喜びです。



(写真:社内の様子)

しばらくしますと公園の横や道路を横切り進みます。長い間列車が通行する事無く、また現在でも土日のみの運行ですので踏切には遮断機がありません。危ないのではないかと見ていますと消防車が併走して通行する自動車を停めていました。



(写真:ルケ付近を走る蒸気機関車)



(写真:公園の横を走る)



(写真:道路の上を横切る)

現時点の終点ルケに予定通り到着しました。小さな駅ですが綺麗にペンキが塗られていました。



(写真:ルケ駅)

ルケ駅の敷地は広く放置された客車が打ち捨てられていました。



(写真:ルケ駅構内)

ルケ駅に着きますと出発までの約30分間駅前の広場で大道芸を見せてくれます。手品等もあり、乗客達は喜んでこのショーを観ていました。ルケの駅前広場はステージに変身。



(写真:ルケ駅前)



(写真:ルケ駅前で大道芸)



(写真:大道芸-01)



(写真:大道芸-02)

大道芸の行なわれている横では地元のポップコーン売りが来てお客を待っていますが、ほとんど買う人はおらず手持ち無沙汰の様子です。



(写真:ポップコーン売り)

ルケ駅でその先はどのようになっているのか見ますと線路は続いています。鉄道会社の話によりますと明日4日にルケとその隣のアレグアの間の線路の復旧工事が終了し開通式典が行なわれるとの事でした。ただ今後どのような運行にするのかはまだ未定なのだそうです。線路をみますとかなり歪んでおり、これでは速度を出せない事がよく分かります。



(写真:先に伸びる線路)

駅の反対側を見ますともう使われていない古ぼけた大きな倉庫がありました。鉄道がまだ交通の中心であった時代には駅前は賑わい人や物資が行き交っていたのでしょう。



(写真:駅の向かい側の古ぼけた倉庫)

駅の構内を見回すと無造作に車輪が置いてありました。



(写真:車輪)

ルケ駅からの帰り、準備を終えた汽車が人気のピエロの乗務員が汽車の前に乗って入線して来ます。



(写真:入線する汽車:ルケ駅)

ルケ駅で時間になりますと再び切符をチェックして乗客を乗せます。



(写真:ルケ駅で乗車する乗客)



(写真:出発する汽車を見送る市民:ルケ駅)

帰りには風船のサービスがありました。長い風船を子供の好きな形に作り変えて渡していました。また汽車を反転する事が出来ませんので、帰路は機関車が押して行きます、この為速度は出せず復路は40分くらいかかります。



(写真:風船のサービス)

アスンシオン動物公園駅に到着しますと帰る前に子供達がもう一両の汽車に実際に触れ記念撮影を行なっていました。



(写真:汽車に乗り記念撮影をする)

子供達には非常に評判が良いようで皆大喜びでした。



(写真:駅と汽車)



次のページ

綜合目次に行く


このページの表紙に戻る