ブエノスアイレス・2016年・春-01(コロン劇場・オンセ・アバストショッピング)





ブエノスアイレス・2016年・春-01(コロン劇場・オンセ・アバストショッピング)




ブエノスアイレスの街は大きく色々な場所があります。街の中を2ヶ所程歩きました。セントロとはまた違ったブエノスアイレスを楽しむことが出来ます。ここでは世界三大オペラ劇場として有名なコロン劇場、下町オンセ、そして元々は築地のような市場であった場所を改装してショッピングセンターにしたアバストショッピングを紹介します。



コロン劇場  (2016年10月 9日)
世界三大劇場などと称され有名なオペラ劇場でブエノスアイレス観光の目玉ですね。これは二代目なのだそうで初代は5月広場の大統領府の隣、現在のアルゼンチン銀行の場所にあったのだそうです。約百年ほど前、1908年に完成したものでそれ程古いものではないのですね。7月 9日大通りに面しており、綺麗に道路に平行に建物が建っているのでこちら側が正面とばかり思っていましたがこちらは反対側なのだそうです。建設当時もここは道路があったのですが、フロリダ通りと同じような狭い道で、その後一区画全部を取り壊して道路にしたのでこのようになったのだそうです。確かに反対側には公園があり、正面入口がありました。現在でもオペラ劇場として活躍しており、南半球に在るので北半球の夏の時期にオペラが上演されるようです。





(写真:7月 9日大通り側・建物裏側)



(写真:建物横側-01)



(写真:建物横側-02)



(写真:建物横側-03)




(写真:建物横側の広場-01)



(写真:建物横側の広場-02)



(写真:建物横側の広場-03)



(写真:建物横側入口)



(写真:建物正面入口)



(写真:建物正面-01)



(写真:建物正面-02)

正面入口の外は広場になっていて裁判所の建物などがあります。



(写真:建物正面外の光景-01)



(写真:建物正面外の光景-02)



コロン劇場内部  (2016年10月 9日)
コロン劇場は現役のオペラ劇場で、オペラの他音楽ホールとして活用されています。オペラ公演の時期にチケットを買えば中に入れますがそれ以外の時には観光コースがあり、ツアーに参加しますと中に入る事が出来ます。一般向けの入口から中に入りますと内部見学コースに参加する観光客で一杯になっています。



(写真:建物通路-01)

チケット売場があります。



(写真:建物通路-02)

見学ツアーは15分おきにグループになっており、チケットには時刻が記されています。5時が最終とかで5時5分前には慌ててチケットを買い求める人がいました。



(写真:建物通路-03)

通路の反対側には喫茶店があります。待つ間、見学ツアーの後など、もしくはここにコーヒーを飲みに来るのも良いかも知れません。落ち着いた雰囲気でなかなか良いです。



(写真:建物通路-04)

見学ツアーにはガイドが付いてこれに従って進みます。英語の回もあるようです。



(写真:見学ツアー-01)



(写真:見学ツアー-02)



(写真:正面エントランス-01)



(写真:正面エントランス-02)



(写真:正面エントランス-03)

説明によりますとかなりの資材を欧州から運び入れるという贅沢をしているそうです。当時のアルゼンチン・ブエノスアイレスの繁栄ぶりが偲ばれます。この絨毯を歩き皆に注目を浴びながら貴賓席に向かうのが当時のエリートだったのでしょうね。



(写真:正面エントランス-04)



(写真:正面エントランス-05)



(写真:正面エントランス-06)



(写真:正面エントランス天井-01)



(写真:正面エントランス天井-02)

昔の下絵などが展示されています。



(写真:昔の下絵など)

上の階に行きます。



(写真:上の階の様子-01)



(写真:上の階の様子-02)



(写真:上の階の様子-03)



(写真:上の階の様子-04)

有名な作曲家の胸像があります。



(写真:モーツアルトの胸像)



(写真:ベートーベンの胸像)

これは何でもドイツから運んで来た像なのですが輸送の途中で指が折れてしまったそうです。



(写真:輸送の途中で指が折れた像)

奥の間に行きますと宮殿のようです。



(写真:奥の間-01)



(写真:奥の間-02)



(写真:奥の間-03)



(写真:奥の間-04)

今回は劇場の中を撮影出来ませんでしたので今回の約一ヶ月前2016年 8月に訪問した際に撮影した写真を掲載します。



(写真:劇場の内部-01)



(写真:劇場の内部-02)



オンセ  (2016年11月11日)
ブエノスアイレスの庶民的な街がオンセです。鉄道駅の横には多くの露店が並び賑わっています。何となく怪しい雰囲気もありますね。近隣諸国からの移住者や学生も多く居ます。





(写真:オンセ付近-01)



(写真:オンセ付近-02)



(写真:オンセ付近-03)



(写真:オンセ付近-04)



(写真:オンセ付近-05)



(写真:オンセ付近-06)



(写真:オンセ付近-07)



(写真:オンセ付近-08)



(写真:オンセ付近-09)



(写真:オンセ付近-10)




アバスト・ショッピングセンター  (2016年11月10日)
昔の市場を利用したショッピングセンター「アバスト・ショッピング」です。最寄駅は丸ノ内線車両が走るB線、カルロス・ガルデル駅、有名な伝説的なタンゴの歌手の名前ですね、駅にはカルロス・ガルデルにちなんだ絵が多くあります。

元々は市場として使用されていた広大な施設をショッピングセンターとして利用しています。






(写真:カルロス・ガルデル駅-01)



(写真:カルロス・ガルデル駅-02)

広々とした空間が広がります。



(写真:ショッピングセンター内部-01)



(写真:ショッピングセンター内部-02)



(写真:ショッピングセンター内部-03)



(写真:ショッピングセンター内部-04)



(写真:ショッピングセンター内部-05)



(写真:ショッピングセンター内部-06)



(写真:ショッピングセンター内部-07)



(写真:ショッピングセンター内部-08)

一番奥には観覧車が回っています。



(写真:ショッピングセンター内部-09)



(写真:ショッピングセンター内部-10)



(写真:ショッピングセンター内部-11)



(写真:ショッピングセンター内部-12)

反対側のスペースです。



(写真:ショッピングセンター内部-13)



(写真:ショッピングセンター内部-14)



(写真:ショッピングセンター内部-15)



(写真:ショッピングセンター内部-16)



(写真:ショッピングセンター内部-17)



(写真:ショッピングセンター内部-18)



(写真:ショッピングセンター内部-19)



(写真:ショッピングセンター内部-20)



(写真:ショッピングセンター内部-21)



(写真:ショッピングセンター内部-22)

上を見上げます。



(写真:ショッピングセンター内部-23)



(写真:ショッピングセンター内部-24)



(写真:ショッピングセンター内部-25)



(写真:ショッピングセンター内部-26)



(写真:ショッピングセンター内部-27)



(写真:ショッピングセンター内部-28)



(写真:ショッピングセンター内部-29)



(写真:ショッピングセンター内部-30)



(写真:ショッピングセンター内部-31)



次のページ  このページの表紙へ


綜合目次に戻る