ブエノスアイレス・2016年・冬-05・ボカ地区





ブエノスアイレス・2016年・冬-05・ボカ地区



ブエノスアイレスの観光地で外せないのがこのボカ地区でしょう。タンゴ発祥地とも言われ多くの観光客で賑わいます。色彩感覚が見事で地区全体が近代アートという印象ですね。



ボカ地区-港湾都市の面影 (2016年 8月 7日)
ブエノスアイレス観光で人気なのがボカ地区です。港があって栄えた名残があり、古びた家屋を色鮮やかに塗り色の洪水のような景観になっています。アルゼンチンタンゴの発祥の地は、諸説あるようですが、このボカ地区だとされる説が有力で現在もタンゴショーを行う店などがあります。



港の雰囲気があります。



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-01)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-02)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-03)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-04)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-05)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-06)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-07)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-08)



(写真:ドン・ペドロ・デ・メンドーサ通り付近-09)



ボカ地区-カミニートとその周辺 (2016年 8月 7日)

有名な観光スポットでボカ地区の写真ではこの場所がよく出て来る。正面にはフランシスコ教皇が手を振っています。



(写真:カミニートへの入口付近-01)



(写真:カミニートへの入口付近-02)



(写真:カミニートへの入口付近-03)

タンゴを踊っている絵に顔を入れて写真を撮るようです。



(写真:カミニートへの入口付近-04)

不思議な色彩感覚です。



(写真:カミニートへの入口付近-05)



(写真:カミニートへの入口付近-06)



(写真:カミニートへの入口付近-07)



(写真:カミニートへの入口付近-08)



(写真:カミニートへの入口付近-09)

カミニートは細い短い路地です。



(写真:カミニート-01)



(写真:カミニート-02)



(写真:カミニート-03)



(写真:カミニート-04)



(写真:カミニート-05)



(写真:カミニート-06)



(写真:カミニート-07)



(写真:カミニート-08)



(写真:カミニート-09)



(写真:カミニート-10)

一角に猫がたくさん居る場所がありました。普通猫は寄って行くと逃げるものですが、ここの猫は餌をもらえると思って寄って来ます。



(写真:カミニート-11)



(写真:カミニート-12)



(写真:カミニート-13)



(写真:カミニート-14)



(写真:カミニート-15)



(写真:売られている絵画-01)



(写真:売られている絵画-02)



(写真:犬やハトに餌を与える)



ボカ地区-周辺地域 (2016年 8月 7日)
ボカ地区は結構な広さがあります。カミニートの付近は観光地化されていますが、少し離れると昔ながらの町並みが広がっていて味わい深い雰囲気です。



(写真:ボカ地区-01)



(写真:ボカ地区-02)

駅舎は割合と新しいのですが、既に廃線になっているようです。



(写真:ボカ地区-03)



(写真:ボカ地区-04)



(写真:ボカ地区-05)



(写真:ボカ地区-06)



(写真:ボカ地区-07)



(写真:ボカ地区-08)



(写真:ボカ地区-09)

タンゴショーのお店が各所にあります。



(写真:ボカ地区-10)



(写真:ボカ地区-11)



(写真:ボカ地区-12)



(写真:ボカ地区-13)

アルゼンチンの2大英雄はフランシスコ教皇とマラドーナでしょう。特にマラドーナはボカ・ジュニオールに在籍していたのでボカでは人気のようです。



(写真:ボカ地区-14)



(写真:ボカ地区-15)



(写真:ボカ地区-16)



(写真:ボカ地区-17)



(写真:ボカ地区-18)



(写真:ボカ地区-19)



(写真:ボカ地区-20)



(写真:ボカ地区-21)



(写真:ボカ地区-22)



(写真:ボカ地区-23)



(写真:ボカ地区-24)

少し離れると次第い色彩が普通になって行きます。



(写真:ボカ地区-25)



(写真:ボカ地区-26)



(写真:ボカ地区-27)



(写真:ボカ地区-28)



次のページ  このページの表紙へ


綜合目次に戻る