パンテオン(英雄の霊廟)、蒋介石



パンテオン(英雄の霊廟)、蒋介石




市内中心部にあるパンテオンは英雄達の霊廟です。国の為に働いた人達を奉っています。日本においての靖国神社の役割と考えれば良いと思います。



パンテオン(2006年 8月19日)
市内セントロにあるパンテオンはアスンシオンのシンボルと言えます。国の為に戦った英霊が奉られており、パラグアイにおける靖国神社という存在です。パラグアイはカトリックの国ですので神社では無く教会の形になっています。白い落ち着いたすっきりとした形状の建物は決して大きくはありませんが、荘厳さがあります。



(写真:パンテオン-01)

とても美しい建物ですが、太い電線があり、せっかくの景観が台無しになっています。これは考えて欲しいものですね。



(写真:パンテオン-02)



(写真:パンテオン-03)

中に入りますと引き込まれるような荘厳さ、清められる感じがあります。



(写真:パンテオン内部-01)



(写真:パンテオン内部-02)



(写真:パンテオン内部-03)

中央から下を除きますと特に奉られた英霊の棺があります。



(写真:棺-01)



(写真:棺-02)



(写真:棺-03)



衛兵の交代(2006年 8月19日・午前10時)
外には二人の衛兵が立っています。この時には空軍が立っていました。土曜日の午前10時に衛兵の交代式を行なうといので見物しておりました。



(写真:衛兵-空軍)

土曜日の10時に衛兵の交代が行なわれました。これまでの空軍から海軍(本当は川軍)へ担当が代わります。大勢の空軍兵士が登場し、そこに今まで衛兵を務めていた二人が加わりました。身長の順に並んでおり、中には数名の女性も混じっています。女性は帽子が異なります。



(写真:空軍-01)



(写真:空軍-02)

しばらく見ていますと海軍の音楽隊がパラグアイらしい行進曲で登場して来ました。こちらは黒を基調とした制服です。



(写真:海軍・音楽隊-01)



(写真:海軍・音楽隊-02)



(写真:海軍・音楽隊-03)



(写真:海軍・音楽隊-04)

そして海軍兵士が登場し整列します。



(写真:海軍兵士-01)



(写真:海軍兵士-02)

それまでの担当の空軍と海軍が相対する形で互いに返礼します。銃を取ったり肩に乗せたり軍隊らしく整然とかつ一斉に動きます。パラグアイ人はこのような団体行動は余り得意ではありませんが、さすがに軍隊だと見事にこなします。



(写真:相対する空軍-01)



(写真:相対する空軍-02)



(写真:相対する空軍-03)



(写真:相対する海軍)



(写真:相対している様子)



(写真:国旗)

国歌が演奏される中、国旗が掲揚されます。双方から一名づつが出て行ないます。



(写真:国旗の掲揚)

終了し、衛兵が海軍に代わり兵士は退場して行きます。



(写真:海軍兵士の退場)



(写真:衛兵・海軍)

毎週土曜日の午前10時に交代は行なわれているようです。一種の観光行事でもあるように思います。



(写真:衛兵・陸軍-01)



(写真:衛兵・陸軍-02)



(写真:衛兵・陸軍-03)



(写真:衛兵・陸軍-04)



蒋介石の像(2012年10月13日)
久しぶりに蒋介石の像を見に行きました。蒋介石と言いますと中華民国の総統として台湾の礎を築いた人物として知られています。日本との戦争、共産党の戦争などを経て大陸を追い出され台湾に政権を打ち立て1975年に亡くなるまで総統として台湾の発展に尽力しました。最近台湾では次第に蒋介石の像が減っているとの話を聞きますがここアスンシオンには立派な像が建ち一時は落書きなどで荒らされていましたが、現在は綺麗に掃除もされ訪問者に笑顔で応えています。碑文を見ますと1988年に建てられたのですね、またこの像が在る通りは「蒋介石」通りという名称になっています。評価は色々とあるでしょうが、20世紀を代表する英雄の一人である事は間違いないと思います。



(写真:蒋介石の像-01)



(写真:蒋介石の像-02)



(写真:蒋介石の像-03)



(写真:蒋介石の碑文)



(写真:蒋介石通り-01)



(写真:蒋介石通り-02)



(写真:蒋介石の像の向いにあるお店)



次のページへ

綜合目次に行く このページの表紙に戻る