月下美人









2011年6月28日、南国くろにくる4周年記念にリメイク!


実は要望があったので、ソースを最新型にし、一緒に譜面追加と他譜面のズレ直しなどをしました。


1分ちょっとの、凄く和風な曲。この5年で三味線とか始めたんで、こういう曲の見方変わってましたw

尺八と琴(箏?)の二つの旋律があるので、それを色々な方法で拾ってみました。三味線無いのか(

曲も短いってこともあり、色々なコンセプトを元に譜面を作ってみました。


新の書
今回のリメイクにあたって、新しく追加した譜面。コンセプトは「曲の雰囲気」
やはり何年もダンオニを作ってると、譜面製作の傾向とかって違ってくると思います。
なので、今自分がこの曲でダンオニを作るとどう変わっているか、という考えで作りました。
最近の作り方では、配置の変化や拾う音は曲の雰囲気に併せるように考えてます。

月の書 

制限カードになっちゃいましたね。昔作ったときのメイン譜面。
当時、思いついたままに矢印を並べた譜面になってます。
この頃は拾う音が同じなら、配置は出来るだけ変化させよう、って考えを主にやってましたw
今もこの考えはありますが、出来れば曲によってうまく使っていきたいです。

美の書
7keyで作った昔のメイン譜面。こっちもリメイク作品、作ってみましょうかねぇ・・・。
尺八と箏、尺八と尺八など2つ以上の音を拾ったりしてるので、同時押しが多いです。

氷の書
フリーズアローを多く使った譜面。他の難易度でも多いですが、これは飛び切り多いです。
とにかく矢印をフリーズアローにしたのではなく、フリーズアローにしやすい音を拾うようにしました。

朝の書
曲に出来るだけ合うようにしようと考えた、低難易度譜面です。難易度は1桁だと思います。
とにかく簡単に・・・というわけではなく、曲の雰囲気を崩さないぐらいの難易度にしてみました。
Easy譜面にしてはフリーズアローが多めなので、初心者の方のフリーズアローでの練習になるかもしれませんw 

夜の書
朝の書とまったく正反対で、雰囲気を崩さずに難易度を上げる、をコンセプトに作りました。
7key譜面の美の書と似て、2つ以上の音を5つの矢印で拾っているので難易度が高いです。
普通の矢印と同じように使われているおにぎりや、フリーズアロー中の押しづらい配置、
多い音のせいで掴みにくいリズムなど、難譜面というよりトリッキーな部類かもしれません。

握の書

名前通り、おにぎりがとにかく多い譜面。氷の書と比べ、こっちは無理矢理増やした感も・・・
ドラムで裏打ちリズム、というのも拾えそうに無い曲なので、色々な音をおにぎりで拾ってます。
個人的には、見にくさや押しづらさもあり1番難しいような気もします。

太の書
「太」鼓の太です。太鼓をイメージした、リズム譜面です。
というより、太鼓より数曲、まるまるリズムを持ってきてたりしますね、コレ・・・
結構極端なリズムもあるので、リズムに乗れるかどうか、結構個人差が出る譜面だと思います。



この複数譜面、元ネタは太鼓の達人より、同名の曲もある「画竜点睛シリーズ」だったりしますw

結局今まで、最初から譜面は増えることはありませんでしたが、変則キーや矢印色変化など、

今は結構変わった事もあるので、出来れば譜面をもっと増やしていきたいですねw 






背景:ぽろぽろの素材やさん



戻る