■HOME

角牟礼城 / KOJYO TANBO

■角牟礼城を歩く  〜角牟礼城をぶらりと歩く全く先の見通しのない気ままな旅物語です〜



下の写真をクリックしてください。「角牟礼城を歩く」へ入れます。
角牟礼城ひとくちメモ
■所在地:大分県玖珠郡玖珠町森 ■城郭様式:山城 ■別名:角埋城
■築城主:
森朝通 ■城主:森氏、毛利氏、来島氏  ■築城年代:弘安年間(1278〜1288)
■遺構:
曲輪、石垣、土塁、井戸、竪堀  ■標高:576m ■比高差:250m
「角牟礼城を歩く」へ入れます ■歴史
 角牟礼城は弘安年間に森朝通によって築かれたといわれる。この地は豊後国から豊前国宇佐郡へ通じる交通の要衝であるため、大内氏と大友氏との争いの中で城は堅牢な構えになっていった。天正14年(1586)、島津義弘が豊後国への侵攻に伴い、新納忠元が玖珠郡に侵攻。角牟礼城には森氏、魚返氏、中島氏、志津利氏らが籠城し、島津軍を退却させた。文禄3年から慶長5年にかけて、日田の日隈城主毛利高政が玖珠の拠点として角牟礼城を整備したが、慶長6年(1601)に村上水軍の来島康親が入封し森藩が成立した。その後、来島通春の代において久留島と改名。その後、一国一城再令により、通春は角牟礼城を廃城し、山麓に陣屋が置かれた。
■現在
 三の丸および搦手門付近に見事な石垣が残存している。主郭北西隅部には崩壊した石垣が残存している。それぞれの曲輪も安定した平場になっており、確認しやすい。
三の丸石垣。駐車場の目の前にいきなり野趣あふれる石垣が登場する。自然石をそのまま積み上げた荒々しい石垣は見応え十分だ。


■観光ガイド
★山麓の三島公園(森陣屋跡)から三の丸まで林道が通じており、クルマで簡単に登ることができる。
★駐車場は三の丸にあり、周辺には見事な石垣が連なっている。また、ここから眺める九重連山の眺めは美しい。
★歩いて登る場合は、三島神社の本殿裏から登城道が山頂の角牟礼城まで通じているので、それを利用する。。 
★三の丸のほか、搦手門および大手門付近に石垣が残存している。搦手門付近の石垣が最も高さもあり壮大だが、個人的には大手門の枡形虎口の石垣の雰囲気が一番好きだ。
★主郭の石垣の残存状況はよくない。あるいは、それほど石垣を使用していなかったのか。ただ、主郭北西部隅に崩壊した石垣が残存していた。主郭からの眺めは360度の大パノラマで気分爽快だ。
★玖珠町森は旧森藩の城下町であり、小さいが趣のある町だ。特に三島公園付近を中心に見所は多い。このあたりには清水御門、栖鳳楼、末廣神社、久留島庭園等が数多く点在している。
★近くには湯布院温泉もあり、温泉観光のついでにこの城を訪れるのもよいだろう。JR豊後森駅には特急も停車するので、便利だ。
玖珠町観光協会ホームページ
★交通
・JR久大本線豊後森駅下車。ここからバスにて伏原で下車。
・マイカーの場合、大分自動車道玖珠ICをおり、国道387号線から町道へ入る。角牟礼城の三の丸前駐車場を利用。
★詳細地図⇒ (地図上の は角牟礼城三の丸前駐車場付近の位置を示す)