LIVE tour
DATE コンサート題目 会場 その他
1970-11-14 8人の音楽会 東京大手町サンケイホール 赤い鳥 ジ・オフコースの
ジョイントコンサート
1
1971-12 8人の音楽会 名古屋  このコンサートとのあと地主脱退 2
1972-9-12 オフコース・コンサート・イン・横浜 横浜市教育文化会館(520人収容)。350円
※切符が売れないということでもしくは売れるルートもないので手売りなようなことと、ゲストに、杉田二郎とブレッド&バターをいれ、何とか、半分を入れた。
このときの模様を、小田は、LIFE-SIZE1996でLOOKING
BACKの発売に合わせ。こう語る。
「 プロの道のきびしさと、この先どうなるかとおもった。」
実質的に鈴木と小田、二人の船出のコンサートが行われた、皮肉にもアマ時代客席を満席にわかせた勤労会館(1000人収容)の前。
フォークソングの・・・というコンサートを2回実施。
3
1973-9-9 グリーン・ラブ 日仏会館
バズとのコンサートになった。

このコンサートのあとから、オフコースの単独の仕事が増えていった。音楽的な才能。楽譜を見ただけで音を出せる。中性的である。短時間で仕上げれるという利便性で
CM音楽の仕事が舞い込んでくるようになる。
特に鈴木はアレンジや曲の持つ勉強をしていたので
仕事をこなしつづけていた。この間の歌は、デジタルD,のDVDデ曲聞くことができる。一発2万か3マンの仕事で何とか事務所を維持しようとしていた。杉田二郎しか稼げなかったから。
しかし、オフコースの魅力は、大学の学園祭のしごとがまいこみはじめていたことをおもえば、火がつき始めたのは
このころからだったのかもしれない。

はやくも11月には次のLPの仕事が入る。
TODAY
メドレー〜My Love/We Can Work It Out/Yesterdays Once More/The Long And Winding Road/My Love
よみがえるひととき
悲しみの中で
(若すぎて・原曲)
静かな昼下がり
A Song For You
朝(BUZZ)
寒いけれど(BUZZ)
Dear Boy Friend(BUZZ)
今日もまた(BUZZ)
Close To You
(BUZZ+オフコース)
浜の足跡
(BUZZ+オフコース)
小さな部屋
"D.J風ストーリーと曲"
小田さんのテレながら・・DJ
風の声(すきま風・原題)
若すぎて

メドレー〜You've So Vain/It's Too Late/Killing Me Softly With His Song/Mrs.Robinson/Melody Fair/さわやかな朝をむかえるために

春夏秋冬
貼り忘れた写真
Without You
ほんの少しの間だけ
でももう花はいらない
僕の贈りもの

戦争を知らない子供たち
(杉田二郎と一緒に)
さわやかな朝をむかえるために
4
1974-5-7 第三回 オフコースリサイタル 
”セカンドコンサート・明日への歩

日本青年館(912名収容)
前回のバイの箱に心配され、前日には半分も残チケットがあった。しかし、当日、お客さんは殺到、立ち見まででるほどまでになった。コンサートスタッフはたった4名。
なんども機材を運び、鈴木も小田も汗を流す。手作りのコンサートであったようだ。
6時半開演。
「めぐり合う今」で開演。
2枚目の「この道を行けば」
のLP発売後2週間目に・・
曲目
めぐり逢う今 美しい世界
夜明けを告げに
rain drops keep falling on my
head- close to you
水曜日の午後
一枚目のLPメドレー
など。
5
1974-10-26 秋ゆく街で
中野サンプラザホール

日本青年館のバイの箱。そこに、上野氏は挑戦しようと
オフコースにもちかけた。鈴木と小田は、単純に
「嫌だよ、、客はいらないよ・・・」
「ひとがくるわけないじゃん、」
上野は、必ず!入るよと説得。
「じゃあ、上野さん、必ず、チケット、うってよ。」
「それにさ、こないだのLPのスタッフ集めてください。
それと、弦(バイオリン)なんかも、かならず入れてください。」
上野氏・・「わかったよ、約束するよ。」
しかし、当時の彼らの会社は火の車、経費などなかった。
上野氏は、東芝EMIを説得し、ライブ盤の発売を約束で
総経費を負担させた。
ポスターが街に貼られ、駅にも、小田薬局に張られた。(かな)
そして、券は完売となった、秋ゆく街は、大成功!
シリーズ化してゆく。
しかし、鳴り物入りで作った、「忘れ雪」を自分たちの歌でないということで歌わなかった。
このライブは、LPになりヒット、最近になり復刻CDもでるほど。上野氏は、えらかった。


鈴木(MC)「え・・小田君がいなくなったところで、小田君の悪口を言いたいと思います。
僕たちの馴れ初めは、小学校の頃、同じ塾に通ってまして、京浜急行という電車でゆくのですが、その頃は三両編成で(編者注: 鈴木の父は、京浜急行の重役)
運転席と客席の間が、都電でもそうですが、鎖で仕切られてまして、足を少し伸ばすと、運転席の警笛が鳴らされるのです。ブアーっ。てね。
で、有る時、ぼくが電車に乗ると、トンネルの前で警笛が勝手になってるのです。おかしいな。。で、見に行くと
小田君が足を伸ばして鳴らしていたのです。
{笑い}
・・次からは僕と一緒にやりだした、というのがなれ初めです。
あの人はね、引っ込み思案というか、はじめはぜんぜんはなさないのですよ。中学にいったときも、話し掛けても
「うん」「うん」とか、返事ともつかない感じだったり。
今日のコンサートの打ち合わせでも、バックに人にいろいろ指示を出さないといけないのに、なかなか、言わないのですよ。恥ずかしいかなんだか、そういう面も小田君はあります。
でも、お酒を飲んだらそすごいんですよ、がらっとかわって。やたら、ひとりで陽気になってしまうというか・・」
ギターをソロで
「青春」を演奏。。鈴木。
代わって、小田登場。
「エー、あのひとは(鈴木にたいしての反撃MC)
中学まではおなじ、身長だったんですよ、
高校にはいって、どんどん高くなり、とうとう、あんなにでかくなってしまいました。
僕はずっと野球部だったんですが、ある大会で鈴木君に
プラカードをもってもらったんです。その時の写真を見ると
全部他の選手が隠れてているのです。靴なんか長靴みたにでかいのはいてますよ。・・
新しい歌をいまから演奏するんですが。
新しいも、できたてのほやほやです。
昨日の夜。まだできてなくて、メロディーと編曲が先にできているのですが
お風呂の中で完成させようとペンと紙をもってはいり
できあがりました。」
「秋ゆく街で」

再び、二人がそろい。ストリングスが「里の秋」のイントロを演奏。曲のエンヂングにかぶせ、小田のMC.

「いままで、何回も、何回もやっていけない、
もうやめようと、と思ったことがありました。
そういうときに、できた曲を聴いてください、
水曜日の午後に。を聞いてください。

以下省力
What's Goin' On
メドレー〜Your Song/
Where Is The Love/
You Make Me Feel Brand New
/You Are Everything/
A Day Without You/Holidays/
Alone Again/
Ticket ToRide/Something
/All You Need Is Love/
What The World Needs Now Is Love
竹田の子守歌
春夏秋冬〜今日までそして明日から
白い一日
悲しくてやりきれない
悩み多き者よ〜傘がない
青春
秋ゆく街で
里の秋
水曜日の午後
僕の贈りもの
新しい門出
よみがえるひととき
すきま風
はたちの頃
さわやかな朝をむかえるために
のがすなチャンスを
白い帽子
別れの情景I
もう歌はつくれない
ほんの少しの間だけ
地球は狭くなりました
キリストは来ないだろう
でももう花はいらない
What's Goin' On

僕の贈りもの(アンコール)

オフコースのコンサートの原型ができたというべきコンサート、
彼らにとって、自信につながったものとなったのでろう。

この会場にはたくさんのころから売れる人間たちがいた。
荒井由美(のちの松任谷)彼女はのちに
小田とこらぼするなんて夢にもおもわなかっただろう、そう、財津さんも来ていた。
チューリップのメンバーもきていたのだ。
(ライナーノーツより)
6
1975-10-4 秋ゆく街で U中野サンプラザホール 秋ゆく街で
ニールセダカメドレー
雨の降る日に
水曜日の午後
ワインの匂い
さわやかな朝をむかえるために
手紙倖せなんて
庭のかたすみ
老人の秘めごと
Leavin' On A Jet Plane
Country Road
あいつのせい
のがすなチャンスを
別れの情景I
歩こう
憂き世に
キリストは来ないだろう
昨日への手紙
愛の唄
少年のように
幻想
青空と人生と
でももう花はいらない
青春
秋ゆく街で

僕の贈りもの
1979年8月4日5日 田園コロシアムコンサート

リハーサルのまえにはレコーヂングを完了させ。

「野外でどんちゃんさwぎがしたいな」
秋のツアーまえからはなしでていた、当初、日比谷音楽堂を使う想定をしていたが
田園コロにきまった。

夕方まえから始まり、たそがれをすぎて、夜におわるという、小田さんの好きなパターン。
当初、チケットが完売するかどうか心配であったが、
徹夜組みがでるほど、当時、もう、オフコースのチケットは入手困難な状態。
ライブ、ツアーを重ねてきたおかげ。

田園コロはテニス場、閑静は高級住宅の近く。

問題は、野外特有の、「雨」

セプトワンのPA、照明が入る中、小雨がフル。
リハーサルの日、雨が続く。8月4日、小雨の中、決行!
曲順@@
季節は流れて
やさしさにさようなら
眠れぬ夜
恋を抱きしめよう
通り過ぎた夜
あなたのすべて
新しい門出
ひとりで生きてゆければ
潮の香り
秋の気配
カリフォルニアドリーミング
想い出のサンフランシスコ
君待つ渚
愛の歌
老人のつぶやき
HERO
心は気まぐれ
ランナウェイ
のがすなチャンスを
アンコール
風に吹かれて
眠れぬ夜
ランナウェイ
さわやかな朝をむかえるために
のがすなチャンスを
いつもいつも
1979/10/16-80
2-5
57回公演
スリーアンドツー
1980/6/27-28 武道館
1980/11/10-
81/3/28
58回公演
We are
1982/1/22-
6/30
69回公演

over

オフコースのコンサート、ライブ、ツアーなどの歴史を時系列に書いてゆきます。参考はじめのいっぽ。オフコース1969-1982など
オフコースの小さな部屋は別ページにて展開予定なので、除外、
僕の目的としては、当時このコンサートのどれかを体験したひとに
話を寄せていただきたいと思うのです。