空き缶アルコールバーナー




アルミの空き缶を使ってアルコールストーブをいくつか作ってみました。

  

  




アルコールストーブの製作開始  
まずは、空き缶の底の真ん中にドリルで下穴を開ける。

この穴を明けた底の一部をストーブの上蓋として使用する。

真ん中を小さな穴明けのストーブも作ったが、その場合、プレヒートが必要なストーブとなる。
大きな開口のストーブにすると、プレヒートの必要がなくなるので使い勝手がよい。

カッターナイフでも根気があれば明けることができるが今回はホールソーであけた。
ホールソーで上蓋に大きな開口をあける  
切り取り線  
切り取る線を引くため紙を巻き、セロテープで止めてマジックで印をつける。

切り取り線から少し離れた部分をカッターナイフで切る。(左下写真)

板金はさみで、切り取り線に沿ってまっすぐ切り取る。(下写真)

同じ要領で穴明けをしない下蓋も別に切り取る。
下蓋は上蓋よりも5ミリくらい浅くすると制作上、都合がよい。
   
これがポイント  
別の空き缶の底を使って上蓋をしごいて、下蓋を差し込みやすいように広げておく。

これをしないで、無理やり差し込むと下蓋にしわができてしまう。

次に、中に入れる隔て壁用の筒を先程切り取った残り部分で作る。
筒の幅は上蓋の切り口が下蓋のエンドより少し上に来る様に決定する。(左下写真)
隔て壁の筒つくり   
   
下蓋の溝にピッタリ入るように丸めてみて、重ね部分を確認して、上下に互い違いに切り込みを入れて重ねる。

筒の下側にアルコールの通り道をはさみで三角に3〜4箇所切り取る。(左下写真)

下蓋に筒を入れて上蓋と合わせる。(下写真)
アルコールの通り道  
ここが難しい!   
ゆっくり慎重に少しづつ、下蓋を上蓋に入れ込む。
急ぐと、下蓋の一部が凹んでしまうので注意。
ここが一番気を使うところ。

虫ピンで気化アルコールが噴出す穴を明ける。(左下写真)穴のピッチはいろいろ試して決定しよう。
サイドの板厚は薄いので虫ピンで明けることができるがヘリや、底に明ける場合は細いドリルが必要になる。
スチールたわしなどで塗装を落とすとカッチョ良くなる。(失敗作1号は塗装を落とした)
穴あけ 完成!
ゴトク作り  
和紙照明を制作した時に余った2*10のアルミフラットバーで、フライパンやヤカンを置く事のできるゴトクを制作した。

ラジオペンチで挟んで手曲げしていく。
クロスする部分の加工が腕の見せどころ。

クロス部分に穴あけし、下側を皿ぐりして皿頭のサッシビスと蝶ナットで締め込んで固定できるようにした。(マウスポイントでロールオーバー)
   
     
引っくり返すと、こんな感じ。
蝶ナットがバーナーの底に当ってすこし浮き上がるけどかえって熱が下に直接伝わらないのでテーブルの上でも使えると思う。(←ロールオーバー)結果オーライなのだ。

ポットなどに収納する時は左下のようにたたんでコンパクトに収納する。

点火すると↓のようになる。
あとは、風があっても使用可能なように、大きめの空き缶で防風スクリーンを作らねば!
収納時  完成!
制作したアルコールストーブ(まだまだ増えそうだ)
アルコールストーブ1号(失敗作) ストーブ2号(ロールオーバーで使用時)
ストーブ3号(ロールオーバーで使用時)  ストーブ4号(ロールオーバーで使用時) 
ストーブ5号(ロールオーバーで使用時) ストーブ6号(ロールオーバーで使用時) 
ストーブ7号(ロールオーバーで使用時)  
左は小さいアルミ缶を使って制作した7号。

これを使って、綿菓子を作る予定

次ページは空き缶利用の綿菓子作り。
   
次へ(空き缶利用の綿菓子つくり
↓ホームへ