899パニガーレ


パニガーレ1299S
L型ツインエンジン899パニガーレの音 *** ライディングフォース899パニガーレ

 899パニガーレとCBR1000RRのポジションの大きな違いはステップの位置とタンクを挟んだ股の開き具合です。 899パニガーレの方がステップが高く後ろにあります。899パニガーレの方がCBR1000RRよりも、よりスポーツ走行を意識した作りになっています。
899パニガーレの方がワイディングのスポーツ走行向きですがCBR1000RRほどツーリング向きではありません。 タンクを挟んだ股の開き具合は、CBR1000RRは大股を開いた感じですが、899パニガーレは車体が細くタンクの横幅がCBR1000RRほど広くないので意識したニーグリップが出来て タンクを強く挟むことが出来ます。カタログの数値的には899パニガーレの方がシート高が高いのですが、跨った時の足つき性はCBR1000RRと同じくらいです。 ポジション、サスセッティングとも899パニガーレはスーパースポーツバイクらしい仕上がりとなっていて、純粋にスポーツ走行を楽しむ為のバイクです。

 走った時の加速感は899パニガーレのほうがCBR1000RRよりも爽快感があります。
エンジン音と振動、マフラーからの音、吸気音、電子制御のパワーの出具合、 2気筒と4気筒の違いなど色々な要因が重なって、加速したときの爽快感に関わるのだと思います。
899パニガーレの音はブルルンという重低音に高い音が混ざっている感じで心地よく、アクセルを戻した時のドルルという高音が抜けた重低音もまた心地いいです。 この感触は4気筒では味わえない2気筒だけの醍醐味だと思います。
また、899パニガーレならワイディングなどで一般車両の後ろを走っている巡航でもエンジンの鼓動と音を楽しむ事ができます。 この巡航していてもエンジンの鼓動を楽しめる感覚は国産のスーパースポーツバイクにはないものです。一般道路を走る場合、 一番先頭を走る事より一般車の後ろをついて走る事の方が圧倒的に多いと思うので、巡航していても楽しめる事は大きな利点の一つです。

 コーナリングは899パニガーレの方がCBR1000RRよりもリヤステアを強く感じる事ができて、CBR1000RRのフロントがどんどんインに切れ込んでいく曲がり方よりも、 899パニガーレのコーナリング中のじわじわとリヤが外側へ回っていく感じの方が僕の好みです。 リヤステアで曲がっていく方が、より積極的にバイクをコントロールしている感覚が味わえバイクを支配している感触があります。
CBR1000RRでは、前輪側に自分の体重が乗っている感じのライディングでしたが、899パニガーレでは後輪側に自分の体重が乗っている感覚でバイクを安心してコントロールできます。 前輪側に体重が乗っているCBR1000RRの場合、フロントからスリップして転倒しそうな感覚が常にありました。
また、コーナリング中にサスが変にフワフワする事無く前後のバランスが安定しているので不安なくコーナーリングを楽しめます。 コ-ナーリング突っ込みから旋回、立ち上がりまで気分がいいです。

 ある程度のスピードを維持するためには6000~7000回転くらいをキープすると、いつでもパワーをだせます。CBR1000RRでは4000~5000回転をキープして走るコースです。
899パニガーレはミドルクラスになり2気筒ということもあり、少し高めの回転数を維持する必要があります。 6000~7000回転まで回すとなかなか良い音がして病みつきになる音と鼓動感です。

 899パニガーレと国産スーパースポーツバイクの大きな違いは、やはり2気筒と4気筒の違いだと思います。
僕は2気筒のエンジンの音や伝わってくる振動、マフラーからの音が4気筒のバイクのものよりも好きで、より快感を感じる事が出来ます。 レースなどでは4気筒の方が早く走れるようですが、官能的な走りは2気筒の方が勝っているのではないかと思います。
ドカティのバイクに長い間乗ってみたかったのですが、バイクの価格が国産よりも高価だったことがあり見送っていました。
(最近は国産バイクも値段が上がって、ドカティのバイクの価格との差が無くなってきましたね。)
しかし、2気筒のバイクに乗る機会があり、2気筒のバイクの面白さの虜になってしまいました。
確かにドカティのバイクは高価なのですが、バイクを乗り換えるサイクルを延長して長く付き合えば、国産バイクに負けない対費用効果があるバイクだと思います。
 今のところドカティは2気筒のスポーツバイクを作ることに集中していて、ネイキッドやモタードなどスーパースポーツバイク以外のバイクも全て2気筒です。 カウルが付いているスーパースポーツバイクに興味がない方でも、国産よりもスポーツ走行を意識したドカティのネイキッドを選択する事を考えてみてはどうでしょうか。 僕も、これからもドカティが官能的なバイクを作ってくれる事を願っているライダーの一人です。

899パニガーレと国産スーパースポーツバイク

 今までに乗ったバイクで一番、加速時の快感を感じたのは2ストロークエンジンだったVガンマです。 年も若かったこともあり赤信号で前に車がいない時など、猛ダッシュして意味もなく加速を楽しんでいました。 899パニガーレの加速快感はvガンマほどではないですが4ストロークエンジンのバイクでは一番です。

 コーナーリング快感はリアステアが楽しめサスペンションも動いてタイヤグリップの安心感のある899パニガーレが 一番コーナリング快感を味わえます。CBR1000RRは確かに早く走れますが常に前輪から転倒しそうなイメージと戦いながらの コーナーリングなのでコーナーリング快感は低めです。

 コントロール快感はサスセッティング、ポジション、電子制御のパワーの出具合、 総合的なバイクの性格を考えてライディングした時の、バイクを積極的に操作した時の快感度です。

 ぶん回し度は、やはり一番排気量が小さいVガンマが一番回していました。とにかく2ストロークエンジンは回して乗るバイクでした。

   絶対的スピードは4気筒の国産スーパースポーツバイクが一番です。

   見た目快感は、個人的な好みですが899パニガーレのフロント及びライト周りの微妙な曲線のラインが特に気に入っています。

   スポーツ度は、スポーツ走行にどれくらい向いているバイクかを比較する度合いです。 899パニガーレは、とにかくぶん回して乗るVガンマと同じくらいスポーツ走行に向いています。

 ツーリング度は、100km以上のバイク屋が主催するツーリングでの長時間走行を意識した、とことこツーリング向き度です。

Copyright© 久田タカシ all rights reserved.

899パニガーレ



シエンタとホイール選び(鍛造軽量TWSアルミホイール) レッツゴーW800 CBR1000RR スーパースポーツバイク