心臓病の子どもを守る京都父母の会 パンダ園

HOME
パンダ園ってどんなところ?
パンダ園での一日
アクセス
年間行事
心臓病の子どもを守る京都父母の会
 
 
E-mail
Yahoo!ジオシティーズ
 

 

 

 

沿  革

 

  1965(S40)年、田里健二医師を中心とする有志により「心臓病の子どもを守る京都父母の会」が発足し、育成医療の全額公費負担、小児慢性特定疾患として内科的治療の無料化の実現、保健所や学校での心臓健診の実施、学校での管理指導等について、京都府・京都市に要望し、実現しました。当時は手術に必要な新鮮血(40〜50人分)を保護者が確保しなければならず、その支援も「守る会」の大きな役目の一つでした。

 1975(S50)年、心臓病児のための自主保育の場「パンダ園」を設立しました。病児が幼稚園・保育園などから敬遠されていた当時はもちろん現在も病児とその家族の交流の場となっています。

 

   

 

心臓病の子どもを守る京都父母の会では、年間を通じ、様々な活動を行っています。

 

・医療講演会

・夏のキャンプ

・秋のレクリエーション

・クリスマス会

・兄弟姉妹の集い 

・おしゃべり部屋

・機関紙「はあとブリッジ」

 

 

パンダ園