in English
最終更新日:  2018年7月23日

田中嘉寛
(たなか よしひろ)博士
Yoshihiro TANAKA
Ph. D. (University of Otago, 2015)

専門;古脊椎動物学
   博物館学

Google scholar (Yoshihiro TANAKA)

orcid.org/0000-0001-9598-5583


大阪市立自然史博物館 学芸員
連絡先; tanaka(at)mus-nh.city.osaka.jp
yoshi tanakaarata
(Photo by Dr. TSAI Chen-Hsiu)           (Art work by Mr. Tsutomu ARATA)
●研究●
 セイウチやガンジスカワイルカ,ネズミイルカ,ヒゲクジラなど水生哺乳類の形態と多様性をキィワードに「進化」を研究しています.

balaenoptera edeni from osaka
大阪の地下からみつかったカツオクジラの化石(from Tanaka and Taruno, 2017)。大阪市立自然史博物館に展示されています


ecuador fossil dolphin
エクアドルから見つかった新種のイルカ化石、ウルクデルフィス(from Tanaka et al, 2017


numataphocoena
化石のネズミイルカ(from Tanaka and Ichishima, 2016, 新村龍也学芸員沼田町化石体験館で展示されています。


Otekaikea marplesi skull
ニュージーランド産、ガンジスカワイルカの仲間(from Tanaka and Fordyce, 2014Geology Musem. University of OtagoにOtekaikea huata Tanaka and Fordyce, 2015が展示されています。


fossil walrus reconstruction
新属新種の化石セイウチ、トウベツアカマツセイウチ(from Tanaka and Kohno, 2015, 新村龍也学芸員作)。北海道大学総合博物館で展示されています。


 研究の始まりは野外調査です.以下の写真のように行っています.左はエンジン付きドリルを使ったニュージーランドでの発掘です.右は北海道で,川沿いに露出している化石床を探索しています.
fieldwork    fieldwork
野外調査のようす (Photos by Dr. R. Ewan Fordyce and Mr. Satoshi Shinohara)
研究論文

クジラ関係
  1. 田中嘉寛・樽野博幸.2017. Balaenoptera edeni skull from the Holocene (Quaternary) of Osaka City. (大阪市の完新統(第四紀)から産出したBalaenoptera edeni(カツオクジラ)の頭蓋骨 Palaeontologia Electronica. PDF プレスリリース
  2. 渡辺真人・田中嘉寛. 2017. 北海道沼田町の幌新太刀別川支流で産出した鯨類化石の珪藻化石年代. 地質調査研究報告, vol.67. PDF

イルカ関係

  1. 田中嘉寛・フアン アベヤ・ガブリエル アギーレ=フェルナンデス・マリア グレゴリ・R. ユワン フォーダイス. 2017. A new tropical Oligocene dolphin from Montañita/Olón, Santa Elena, Ecuador.(エクアドル,サンタエレーナ,モンタニータ/オロン地区から産出した新たな漸新世イルカ) PLoS ONE, PDF
  2. 田中嘉寛・R. ユワン フォーダイス. 2017. Awamokoa tokarahi, a new basal dolphin in the Platanistoidea (late Oligocene, New Zealand). (アワモコア・トカラヒ,新たなガンジスカワイルカ上科 (後期漸新統,ニュージーランド)) Journal of Systematic Palaeontology. 15(5):365-386. PDF
  3. 田中嘉寛・一島啓人. 2016. A new skull of the fossil porpoise Numataphocoena yamashitai (Cetacea: Phocoenidae) from the upper part of the Horokaoshirarika Formation (lower Pliocene), Numata Town, Hokkaido, Japan, and its phylogenetic position.(北海道 沼田町 上部幌加尾白利加層から産出した新たなヌマタネズミイルカの頭蓋骨とその系統的位置) Palaeontologia Electronica. vol.19: p.48A. PDF
  4. 田中嘉寛・R. ユワン フォーダイス. 2016.  Papahu-like fossil dolphin from Kaikoura, New Zealand, helps to fill the Early Miocene gap in the history of Odontoceti. New Zealand Journal of Geology and Geophysics. PDF
  5. 田中嘉寛.2016. A new and ontogenetically younger specimen of Numataphocoena yamashitai from the lower Pliocene, upper Horokaoshirarika Formation, Numata, Hokkaido, Japan. Paleontological Research. 20(2): 105-115.(北海道 沼田町 上部幌加尾白利加層から産出した新たな個体発生的に若いヌマタネズミイルカ) PDF
  6. 田中嘉寛・R. ユワン フォーダイス. 2015b. Historically-significant late Oligocene dolphin Microcetus hectori Benham 1935: a new species of Waipatia (Platanistoidea).(歴史的重要な後期漸新世イルカ マイクロケタス ヘクトライ1935:ワイパティア属(ガンジスカワイルカ上科)の 新種) Journal of the Royal Society of New Zealand. PDF
  7. 田中嘉寛・R. ユワン フォーダイス. 2015a. A new Oligo-Miocene dolphin from New Zealand: Otekaikea huata expands diversity of the early Platanistoidea.(初期ガンジスカワイルカ上科の多様性を拡張した新たなニュージーランド産,漸新/中新世イルカ,オテカイケア フアタに ついて) Palaeontologia Electronica. PDF
  8. 田中嘉寛・R. ユワン フォーダイス. 2014. Fossil dolphin Otekaikea marplesi (latest Oligocene, New Zealand) expands the morphological and taxonomic diversity of Oligocene cetaceans(漸新世クジラ類の形態的・分類的多様性を広げたニュージーランド産化石イルカ,オテカイケア  マープレザイについて)Plos One PDF
鰭脚類(セイウチ・アシカ・アザラシ)関係
  1. 新村龍也, 田中嘉寛, 甲能直樹, 山田一孝, 佐々木基樹. 2016. 北海道産鰭脚類化石のデジタル生体復元―フォトグラメトリーおよび3D CGソフトによる制作―. 化石 99: 85-92. 連動型企画展の様子 PDF
  2. 田中嘉寛・甲能直樹. 2015. A new late Miocene odobenid (Mammalia: Carnivora) from Hokkaido, Japan suggests rapid diversification of basal Miocene odobenids (新たな北海道産後期中新世セイウチが示唆する原始的な中新世セイウチの急速な多様化について)Plos One. PDF