※かな〜り「長く」なりそうだけど、みなさん付いてきてね♪(^∇^)

次へ
じゃ〜ん!
コレが「クランクプーリー」ですっ!
この「プーリーボルト」がまた
「カタイッ!」(強く締まってます)
さて…
ベルトを外す前に(まだまだ先ダケド)
No.1シリンダーを「圧縮上死点」に
しなくてはいけません。
スプラッシュシールドの取り外しです。
(タイベル交換は「カバー類の取り外し」
などの作業がほとんどです。)
矢印のトコロにクリップがあるので、+の
ドライバーで緩めて外します。
(樹脂製なので「ナメ」ないように注意!)
ビーのリアをジャッキアップして(必ず「ガレージジャッキ」で!)
ウマ(リジットラック)を掛けます。(前輪には「車輪止め」を!)

画像ではリアビーム付け根の牽引フック(のようなモノ)に
掛けてますが、可能ならサイドシルのジャッキポイントに
掛けた方が「高さ」が稼げます。

※注意! ジャッキで上げただけのビーの下には「絶対」に
もぐらないことっ!(ビーいじりで圧死じゃ悲しいでしょ?)


ホイールナットを緩め、ホイールを外します。
(外したホイールはサイドシルの下に置くのが「お約束」です。)

リアウィンドウをトランク側に出して
取り外し終了♪
取り外したリアウィンドウはキズが
付かないように注意して保管して
おきます。
エンジンルームカバーの4本のビスを
緩めて、カバーを外し準備完了!
トランクリッドを開けて、左右両端のナット
(下矢印)とスナップボルト3ヶ所(上矢印)を
外します。
(もちろん、外した「ボルト/ナット」は無くさない
ようにしましょう!)
トランクを開けたついでに、バッテリーの
「−端子」を外します。(忘れずに!)
リアウィンドウを取り外す準備です。
幌のロックを解除し、幌を少し開け「たるみ」を
持たせてから、ファスナーを開きマジックテープを
剥がしてリアウィンドウをフリーにします。
…それから
3ヶ所のスナップボルト(矢印)を外し…
※まず最初に…
「タイベル交換の相談」に親身になって最後までお付き合いいただいた「720BEAT」さん。
タイベル交換のアドバイスをくださった「みつ」さん。
クランクプーリー回り止めの「SST」(専用工具)を貸してくださった「ホンダプリモ鳩ヶ谷」(千代田技工)さん。
以上のみなさんに、この場を借りてお礼申し上げます。
どうもありがとうございました。m(_ _)m
(&連休中、ずっと「ビーいじり」でも文句を言わなかった嫁にも感謝!です。)

タイミングベルト…ビー最大の弱点ですね。(ToT)
かなり大変な作業ですが「やり遂げた喜び」は最高のモノがあります。(^∇^)v
タイミングベルトを換えよう!1