Himeji Art ひめじ 芸術 壁画 ペンキアート
缶 スプレー アート  ペンネーム Gyokunen
SPRAY CAN PAINT ART by MINORU NISHIKAWA

缶スプレーと筆を使ってベニヤ板、紙などに気軽に絵を描いて楽しむアートです
Paint art for a fun using spray cans and brush work


トップ
Top
フェスパック
FestPac2016
壁画・大絵馬
Mural
新作
New Work
ギャラリー
Gallery
ワークショップ
Workshop
アクセス
Access


◆壁画・大絵馬◆Mural
色々なところで、大きな絵を描かせてもらって、「どこで、何時勉強したん」とよく聞かれるので、よく整理してみると
まず、幼稚園に行く前の頃、隣の金持ちの家の白壁に落書きをして、大きな問題になり父親が左官屋を呼んで塗りなおしたのを思い出します。
この後、大学受験のとき、水泳部の寮の近所の風呂屋の壁4X6m位の富士山の絵に感動し、こんな絵描けたらなーと、思う、
憧れは持ったが、描こうとは思わなかった。
大学3年の時、通っていた川崎のボディビル道場の壁に2X6mのビルダーの絵を描いたのが始めての挑戦
30年前、ルート66でロスアンジェルスに入る160km手前、砂漠の中の町バストウの旧国道沿いには歴史的な大きな壁画が
町のあちこちの大きな壁の建物に描かれ、大きな道路とマッチし、素晴らしい光景に感動した経験があります
この30年間、グアムでは古代の歴史、生活を絵に描く、画家の家によく訪問、絵とは違うことで馬が合うだけで、よく訪問したのは
彼の描く、壁画に興味を持っていたのかなと、最近思いだしています。、


カフェ店内 壁画
姫路市東雲町にある、ロードアイランドカフェ の店内に壁画8点を描きました。
オーナーの井戸さんはアメリカンヘルスクラブの元メンバーで、学生時代を過ごしたロードアイランド州のイメージを
この度オープンするカフェの店内に表現したいとのことで依頼を受けました。
2月の寒い時期でしたが、2日半かけて2mx4mなど大型の壁画8点を仕上げました。井戸さんが製作中の動画を撮影してくれました。

このページに掲載している以外の写真、動画はfacebookでどうぞ。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1771386636486173&id=100008445611756

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1771387843152719&id=100008445611756

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1771388443152659&id=100008445611756

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1771389369819233&id=100008445611756

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1771390133152490&id=100008445611756

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1771391229819047&id=100008445611756


1. 2.
3. 4.
5. 6. 7. 8.


台南で日本兵の肖像画奉納と旅館の壁画制作

飛虎将軍廟に杉浦少尉(飛虎将軍)
の肖像画を奉納
廟の近くの小学の先生が
生徒達とスケッチ大会を企画
安平の民家壁画 台南駅前の旅館の壁画

2016年の年末には絵馬の依頼が有ると信じていたが、無いので少し寂しい感じでいると、台湾の旅館より、壁画の依頼が舞い込み、
急いで準備しました。幸い、台南市は日本人の旅行者が少なく、現地の人は旧の正月を祝うのでノンビリしている様子。
チケットの予約は何とかできた。高雄空港発着の12月28日出発で1月6日帰国でOK。
言葉が通じないうえに何せ初めての町なので、いろいろな方法で情報を集めた。

中でも日本兵が神として祀られているとの事で、その人が気になり詳しく調べました。その日本兵はゼロ戦のパイロットで、
アメリカの戦闘機に撃たれ墜落していくのを村中の人が見て、村が焼け野原になると思った矢先、
このゼロ戦は機首を上げ村の向こうの池の近くに墜落しました。

それから3〜4年位たって、池の近くの畑に行くと、真っ白い制服姿の兵士の幽霊が立っていたと村の人々が言いだし、
村の副村長は家までやってきたと言う始末。

そこで村人達が台湾一の神と信じる、保生大帝に伺いを立てると、それは日本のゼロ戦の兵士だとお告げがあったので、
小さな1坪位の祠を作ってお参りし、お世話していたところ、村は安泰、牧場、農業が栄え、小さい鉄工所の人達が良く儲かるようになった、
受験に受かった、病気が治ったと願い事が叶ったというようになり、この事を知り遠くの人達も参拝するようになった。

この祠は飛虎(戦闘機のパイロット)将軍(この兵士は戦死して少尉になったので)と名づけられ、1993年、お参りし大成功を収めた人達の寄付で、
本格的な廟が出来上がりました。私の父の弟も同時期に南方で戦死していますが、詳しい場所は分かっていません。
こんな事でこの飛虎将軍が特別気になるので、彼の写真の防寒頭巾、ゴーグルなどを取り除き、海軍の礼装姿の絵に挑戦。
まずまずの出来栄えで、この廟に奉納する事にしました。

日本語ボランティアの人が、この廟の管理組合の理事長さんや、この廟に60年お参りし、小さな鉄工所を台湾の財閥クラスに
成長させたという人、そしてもう1人、近所の小学校で生徒に日本兵の事を教えている先生を紹介してくれました。
理事長にはその夜10人位の仲間たちとの食事に招待してくださり、次の日は300人位のパーティーに招待してくださいました。

先生は生徒達とスケッチ大会を企画してくれましたが、私の絵について先生が説明している最中に女の子が二人、
自分の顔を描いてとスケッチブックを突き出してきたので、ササッと描くと、他の生徒たちも先生の説明はそっちのけで、
私の前にスケッチブックを差し出し、牛、馬、ゼロ戦、戦艦、飛行機、家、魚など、思いつくものをどんどん通訳の人に
訳してもらいながら描きました。しまいには父兄までもが絵を描いてと依頼してきました。
こんな事で50枚位描いて、約1時間が過ぎてしまい、スケッチ大会は中止になったが、私を幸せにしてくれた子供達とはお別れ。

今回の旅の第一の目的、旅館の壁画にとりかかることに。オーナーはまだどんな景色か決めかねている様子。
そんな時4kmほど離れた安平のドライフルーツ店の主人が興味を示し、言葉は通じないが目で、OKと言っているように感じたので、
12月31日の朝、家の人が寝ている間に製作開始。それでも近所人達の情報で多くの人が駆けつけてくれました。
これを見にスクーターで駆けつけた旅館のオーナーはこれと同じ物と即決しました。

元旦はノンビリ田舎を体験。2日は駅前に移動。3日は台南から50km北部へウナギの養殖場の社長に会いに行きました。
言葉の通じない中の初めての汽車の旅。4日は早朝より、壁画スタート。ココは路地裏の壁だが、さすがは駅前。
いろんな人が何処からともなく情報を聞き、見に来てくれました。スクーターで30分おきにやってくる人、
台湾語でどんどんしゃべってくるが、日本語なのか、台湾語なのか「キレー」だけキャッチ出来た。
それでも皆笑顔で、上手いといっているような感じがして、時間を忘れて4時間位で仕上げました。

その後は、雑貨屋の社長、額縁屋の社長などから、イベントを企画するので一緒にやろうと言う誘いを受けました。
又、近所の人より私の描いた絵が欲しいと頼まれ、これまでに書き溜めたもの20枚位はなくなった。
6日に帰国した後、壁画を見に駆けつけてくれた人がいると連絡をうけました。


帰国して次の日の朝、台湾のイメージで第1作目に挑戦。台南のイメージは竹で、家の裏の倉庫のシャッターに描いてみました1.5mX2m。
この次の日、近所の店の階段の壁両面とフロアの壁5mX3mの三角形2枚、5mX2m1枚の依頼があり、土日で描きあげました。

2017/01/28

帰国翌日の朝一番、台南のイメージ スリランカの茶畑


2015年12月 津田天満神社 大絵馬 奉納

12月27日(日)、先月依頼を受けて描いた大絵馬が奉納されるので、氏子の厄年会「甲寅会」の皆さんより
参列するようにとの報告を頂き、
姫路市飾磨の津田神社宮司さん、氏子らの手によって絵馬には白木の枠が取り付けられ、拝殿脇に無事設置されました。
集まった皆さんに絵馬に描き込んだ風景の解説をさせていただき、
初詣に参拝に来られる皆さんに福が訪れますようにと宮司さんはじめ皆で祈念してきました。

津田の杜に住みついた申が妻鹿と男鹿島の間より
昇る朝日を見つめ、氏子の諸願成就を願う
様子を解説
甲寅会の皆さん、宮司の野口さんと
記念撮影
12月28日神戸新聞朝刊に記事がでました

2015年11月 津田天満神社 大絵馬

11月中頃に姫路市飾磨区、津田地区の甲寅会の役員さんが私のホームページや
姫路のレストランの壁画を見て、大きな絵馬を新年に奉納するので、
描いてもらいたいとの依頼があり、私自身も挑戦したい課題だったので
二つ返事で引き受けました。

今年はなぜか私の苦手とする、花や動物の依頼が続いています。
不安いっぱいだが、気持ちは今までで一番、嬉しい気持ちで挑戦しました。

11月21日に絵馬の板部が届きましたが、私は龍野のオータムフェステバルで、21,22,23日は
絵を描く実演が決まっているので出来ない。
この後、11月25,26日は雨で、気持ちはワクワクしているのにスタートできない。
27日やっと天気は良くなったが、寒くて風が強い、それに物が大きいので室内では出来ない。
会員達が反対する中、自分の気持ちを抑えられずにジムの駐車場で、強行しました。

「飾磨津を臨む申」 1.8m x 1.8m

その昔、津田神社の杜に住みついた申が、
男鹿島と妻鹿の遥か先まで広がる
瀬戸内海の雄大な景色を眺めながら、
その水平線に今昇らんとする万物の源である暁光に
氏子の諸願成就を願う様を絵馬に描きました。


ココまでは、風景画 課題の中心がスタート 課題の申の外見が完成 一番の難点 目を入れるところ
津田神社入り口の橋の欄干 氏子の皆さん「こんにちは」 ひとまず絵が完成 梅鉢の紋、文字を入れて完成

2015年10月 自宅倉庫壁画

家の物置に壁画 「富士山」 1.5m x 3m
横に走るローラーを開発したので、テスト的に描いてみました。

2015年10月 姫路市二階町 West Coast Cafe ひまわり

階段の横の三角形の壁 「ロス南部ハーミットのひまわり畑」 3m x 3m
2階おどり場 壁面 サンタモニカの南「ベニスビーチ」 3m x 4m

お店のシンボル「ひまわり」 壁一面ひまわり
1000個以上?
5時間ひまわりを描き続けた ハーミットの山と空で完成
ローラーで空を 水平線。大きいので難しい 水平線に浮かぶ入道雲は指で 階段で足場なし
苦労したが完成

2015年9月 グアム、イナラハンガーデンハウス

イナラハンガーデンハウス テラス壁面  「イナラハン湾に教会」 3m x 7m
イナラハン ベニーの家 「グアム国旗イラストを元の景色に」 1.5m x 1.1m 



1時間でここまで描けた イナラハン湾と教会 完成
グアムの旗 旗のデザインを景色に戻してみた

2014年9月 グアム、イナラハンコミュニティセンター

グアム イナラハンコミュニティセンター ホール正面の壁面 「ベアロック」 1.5m x 2.2m
グアム南部 イナラハン村で一番美しい景色



2013年12月 フィールザブリーズギャラリー

姫路市飾磨区アメリカンヘルスクラブ横、フィールザブリーズギャラリー壁面
「Mt.レーニアとモニュメントバレー」 3m x 10m
アメリカの北部の山と川、南部のグランドキャニオンの東の砂漠



2013年10月 姫路シーマンズクラブ

姫路市飾磨港 姫路シーマンズクラブ クラブハウス
「富士山と駿河湾」 3m x 5m
50年前学生時代に良く通った、沼津の大瀬海岸より




1日目 約30分でここまで出来た 2日目 空の仕上げ 富士山を描き込む
駿河湾を走るヨットを表現 朝焼けの空に鳥が舞う マリーナの目の前での作業

2012年9月 ジム2階シャワー外壁

アメリカンヘルスクラブ2階のシャワールームの壁
ハワイ マカプウビーチのサーファー娘
グアム アフォジョンベイから見るベアロック
1.2X2m両方とも
マカプウビーチで
シャワーを浴びるサーファー
夕焼けのイナラハン ベアロック

1999年11月 カリフォルニア ハーミット

カリフォルニア ハーミット 板金屋の壁 「マッスルビーチの夕焼け」3mX4m
ロスの西部、ボディビルダーが集まるので、筋肉の浜と呼ばれている
自動車の塗装屋の叔父さんに頼んで、工場の壁に描かせてもらいました。


1972年9月 グアム バス停

歴史画家のグレーグ氏と一緒にバス停にグアムの旗をボランティアの手伝いで
描かせてもらいました
※当時の写真はないので下の写真は参考に最近写したものです。
しかしバス停の形、図柄(グアム国旗)は当時と同じ、デザインで描かれています。
このマークは1X2m



Copyright (C) Minoru Nishikawa. All rights reserved