c

「軍事板常見問題&良レス回収機構」本館・准トップ・ページへ   サイト・マップへ

軍事板常見問題
眠い人&ゆうか&落合博満記念館

&「総記」別館
「常見問題」とは「FAQ」の意味です

サイト内検索
Google
WWW を検索 このサイトの中を検索


画像引用元:朝目新聞,「ふたば」他画像掲示板複数

この別館の目次

総記 目次
軍事組織 目次
メディア 目次

このサイトの総合案内

主題歌
Kojii.net本社

本館
第1別館(WW2)
第2別館(欧州・ロシア)
第3別館(北アイルランド)
第4別館(ベーコン)
第5別館(日本経済常見問題wiki)
第6別館(兵器)
第7別館(未分類草稿wiki)
mixi別館
第8別館(テロリズム)
第9別館(戦史)
第10別館(総記)
第11別館(mixi館)
第12別館(アジア館)
第13別館(アフリカ・アメリカ)

はてな分室
twitter(機能停止中)
 →臨時アカウントはこちら



Tweet

faq12

 【質問】 「黒髭」って誰?

 【質問】 捕虜には脱走の義務があるの?

 【質問】 「ガッチリハワイ太郎」って何?

Clausewitz FAQ|軍事板常見問題 総記別館
に,以下リンク

『クラウゼヴィッツの「正しい読み方」  『戦争論』入門』(ベアトリス・ホイザー著,芙蓉書房出版,2017/1/20)

 クラウゼヴィッツは二人いた!
 この衝撃の事実を確認したい人は,ぜひ手に入れてください.

 種明かしをしますと,軍事戦略の古典として「孫子」と双璧をなすクラウゼヴィッツ「戦争論」は未完の著として知られます.
 ただこの「戦争論」.
 内容が矛盾だらけで何が何だかわからない難解な内容なんです.
 なぜそんなことになってしまったのか?という問いに答えたのがこの本です.

 実は,時の経過とともにクラウゼヴィッツは考え方を変えているのです.
 その過程が「戦争論」という一冊のなかに収まっているので,ややこしいんです.
 その結果,古来から世界各地で誤読や誤解を通じて,様々な悲劇を招いたのでは?と著者は問題提起します.

 でも,
・どこがどのように変わったのか?
・どういうところが未完なのか?
を知る術はありませんでした.
 この本は,クラウゼヴィッツの「戦争論」のどこがどのように未完なのか?を詳細丁寧に解説した初めての書で,どういう誤読,誤解がこれまで行われてきたか?を歴史的に抽出,検討を加え,綿密に紹介しています.

 あとがきで訳者の奥山さんがおっしゃっていますが,西洋ではいまも「戦争論」は活きています.
 わが国における「過去の遺物」ではなく,「今も使われる,触れれば血の出る」古典なんですね.

 ですから,西洋型の作戦用兵を把握する時に,「戦略論」の把握は欠かすことはできないわけで,わが周辺で起きつつある軍事的危機を西洋諸国に理解させるには,「戦略論」というを辞書を欠かすことはできないのです.
 あえていえば,
「クラウゼヴィッツのキモを後世はいかに取り入れたか?  ─2人のクラウゼヴィッツを読み解く─」
というべき内容で,「戦争論」という古典を歴史の縦軸を通じて解明し,正鵠を射た本質を抉り出そう,とする試みであり,実にチャレンジングで面白い内容です.

 クレフェルトやコリン,モルトケ,ビスマルク,ドレイク卿,コーベット,トハチェフスキー・・・,マニアならよだれを垂らして喜ぶだろう人もたくさん登場します.
 はっきり申し上げて,「入門」という名前には相当しない深いレベルの内容で,読む人を選びます.
 戦略・戦史オタクの方や専門研究者,学生さん,専門家,国政にかかわる人ならば,非常に重要で,一歩飛び出た戦略思想レベルを得ることができる内容です.
 個人的には,著者が,クラウゼヴィッツを正確に読み解いた人物として,コ─ベットと毛沢東を挙げている点が非常に興味深かったです.

 興味ある方には超おススメです.

------------おきらく軍事研究会,2017.2.3
Strategy Books FAQ|軍事板常見問題 総記別館
に,以下リンク

『現代の軍事戦略入門』(E・スローン著,芙蓉書房出版, 2015.3.16)

 冷戦後の軍事戦略理論の全貌を,簡潔かつコンパクトに概観できる手引書で,戦略研究や戦争研究の世界的権威が大絶賛する内容です.

 ワイリーの「戦略論の原点」と同じ系譜の内容ですが,「戦略論の原点」が実践を前提にしたメモ,備忘録に近いのに対し,読み物としてはこちらの方が内容豊富で面白いです.

 著者のスローンさんは元カナダ陸軍士官.現在はカナダの大学教授で,軍事・安全保障を教えています.
 訳者によれば戦略研究の世界では世界的に有名な人で,著書や論文が邦訳されるのは今回が初めてということです.

 本著最大の特徴は,陸海空,軍事テクノロジーの進化と統合,ゲリラ,サイバー,核,宇宙,テロという軍事戦略の全分野を取り上げ,その歴史と現状を簡潔に整理して提示している点にあります.

 なかでもオススメは「統合理論」です.
 RMAの進化とともに,軍種を横断した統合作戦が主流になっていますが,統合戦理論はいまだ構築に至っておらず,一日も早い構築が求められています.
 本著は,一般人でもわかる形で統合戦理論の背景を解説しており,非常に興味深いです.

 冒頭3章は陸海空軍理論です.
 基礎中の基礎ですから,誰もが把握しておかねばならぬところで,再チェックし,熟読玩味する必要があります.

 とはいえ,やはり多くの読者の目を引くのは,それ以降の「RMAと統合」「ゲリラ戦」「サイバー戦」「核戦力」「スペースパワー」という,現在の軍事を考え語る上で目に付くところでしょう.
 これらの冷戦崩壊以後の歴史を簡潔かつコンパクトに概観できる点で,他に類書がありません.

 一般向けとはいえ,ど素人が読みこなせる内容ではありません.
 元将校さんや戦略・戦争・国際事情研究者,大学の専門課程の学生さん,代議士,メディア関係者,戦略・軍事オタクの方におススメできる内容です.
 国際事情の現状・将来分析の必要に迫られている人や,そういったことが好きな人には超おススメの軍事戦略手引き書といえます.

 それともう一つの特徴というか,お約束というか,私にとって快楽に等しいのが,訳者・奥山さんのボリュームある「解説」です.
 いつも奥山さんの訳書を紹介するときは書いてるのですが,
「あとがきを読むだけでも手に入れる価値があります」
 本著も例外ではありません.
 今回の解説は,奥山さんと関根さんの連名ですが,いつもと同じく,内容は誠に充実したものです.

 最後になりましたが,この文面を書いているなかで,「現代軍事戦略の概略」という講義名で,毎週授業する教科書として使うのがこの本にピッタリ,ということに思い至りました.
 戦略家をゼロから育成する教育の場で使ってほしいテキストですね.

------------おきらく軍事研究会,2017.1.29
Security FAQ|軍事板常見問題&良レス回収機構
に以下リンク

安全保障学を学ぶ

Anti-war Movement 反戰 Háborúellenes Mozgalom|軍事板常見問題 総記別館
に以下リンク

「楽しいことないかな速報」◆ (2015/03/31)部落出身の嫁「日本は第一次対戦で、多くの国の人をころした犯罪国だ」俺『!?』嫁が受けてきた教育に衝撃を受けたんだが・・・・・

「鬼嫁日記」◆(2004/12/22) 息子「お父さんは人とコロす訓練をしてるって学校の先生に言われた」自衛官俺「…(何も言えない)」→嫁が息子に何かを言ったらしく、息子が…

「渡る世間はキチばかり」◆ (2014/08/30)教師「教科書にいらないページがあります。糊で封してください」

「生活ウォーズ」◆ (2011/11/26)教師『体育大会は韓国軍の行進曲にしろ!』 私は代案として,ある曲を提出!!→復讐が完了すると教師は激怒してwww

「じゃぱそく!」◆(2016/6/15) 卒業生訪れ反安保ビラ配布,大阪のサヨク教師を口頭注意 保護者「行き過ぎでは」

2ch. FAQ|軍事板常見問題 総記別館
に以下リンク

「カラパイア」◆(2016/05/28) 人は一度でも人をだますとその味をしめてしまう.自分に都合の悪いことは忘れる「非倫理的健忘症」とは?

「不思議.net」◆(2016/04/18) 2ちゃんねるで起こった大事件で打線組んだwww(事件詳細あり)

2ch. Military BBS|軍事板常見問題 総記別館
に以下リンク

「NEWSまとめもりー」◆(2015.9.15) 本物のアスペ女を表現した漫画がガチで凄い

IWAMI, The Worst Troll of "2 Channel"|軍事板常見問題 総記別館
●●岩見君と同じように,自己正当化型人格障害が疑われる事例
に以下を追加

「鬼女まとめログ」◆ (2012/11/17)【報告者キチ】30代の私「子供が欲しいからしよ」夫「疲れてるから無理」私「私は家政婦じゃない!同居してるだけで夫婦でもなんでもないじゃん!」→とんでもないことに【1話目】



(テーマ曲: https://www.youtube.com/watch?v=XM-zZ7xOeUc
♪モンちゃかモンちゃかモンちゃかほい.文谷さんちの数重さん,言いがかりはやめましょう♪
more ⇒ http://www.geocities.jp/p_tokorozawa/faq12e02j13.html



◆御意見・御要望はこちらまで


「軍事板常見問題&良レス回収機構」本館・准トップ・ページへ   サイト・マップへ

http://e.ggtimer.com/
http://c.cocacola.co.jp/