あずなの独白

〜 Sans souci 〜



あずなの近況です。見た舞台やテレビの話題、あずなの家の事情などいろいろ。
上には舞台での村井さんのセリフ、歌などをそのつど表示します。

ブラウザのボタンでお戻り下さい

2017年

2018年1〜3月
2018年4〜6月

 
2018年


9月22日

8月頭にばっさり剪定した百日紅が、今頃見頃になりました。もう今年は咲かないかと思いました。レースみたいな花びらが集まっていてとても可憐な花です。


9月20日

村井さんへのお誕生日のお祝いに、どら焼きをお贈りしました、ハート形可愛いでしょう?諸事情あって今までの焼き印饅頭が贈れなくなり、今年はいろいろさがして、こちらのどら焼きが可愛かったのでこれに決めました。久々にホームラン来ました。
村井國夫さん、お誕生日おめでとうございます。


9月2日

6歳〜 成田三樹夫

??歳〜 村井國夫

??歳〜 吉田鋼太郎

??歳〜 成河

小学生の時のクラスメートに言われた一言「●●(私のあだ名)の好きな人って、●●のお父さんに似てるね」

ファザコン確定。

#あなたがいまの推しに落ち着くまで

上段、左より村井國夫さん、吉田鋼太郎さん、成河(ソンハ)さん

下段左より成田三樹夫さん、私の父 にてるかなあ?


8月24日

最近夢に父が出てこない代わりに、よく祖母が出てきていたので、父はどうしているのか聞くと、なにかぼそぼそと言っていました。
多分、あの世でいうところの昇級試験みたいなのを受けるので忙しいのだろうと思っていたら、久々に父が夢に出ました。

昨日から体調を崩して、会社を休んで寝ていたら、夢に父の気配(姿は見えません)。
あたり一帯が緑色で、果樹園のように木が植えてあります。自分で何と言ったのかよく覚えていませんが父に「果物を分けてほしい」と言ったように思います。
父は「いいよ」というようなことを言って、そのあと口の中にジューシーな果物が入っていました!

父が口に入れてくれたと思いました。みずみずしくて、巨峰のような味、噛むと桃のような桃より少し繊維の多いような舌触り。
今まで食べたことのないおいしさで、しっかり噛んで、飲み下すところも覚えています。本当においしかったです。
毎日父はこんなおいしいものを食べているのかと思ったくらい。

父に、この果物の色はどんな色かと聞いたら、よくわからないようでした。どんな色にも見えるということかしら。
このことを日記に書いてもいいかと聞いたら、私が見聞きしたこととして書いていいと言われたので、書きました。

ネットで調べると、天界に蟠桃園(ばんとうえん)という桃の木が3600本植えられたところがあって、手前の1200本の桃は3000年に一度熟し、食べると仙人になれると言われ、中ほどの1200本の桃は6000年に一度熟し、食べると長上不老になり、奥の1200本の桃は9000年に一度熟し、食べると天地のあらんかぎり生きながらえるとされています。

私が食べたのはこの桃だったのでしょうか。蟠桃園の桃は中国の女仙の最高位にあられる西王母様のお誕生日に食されるといいます。西遊記では孫悟空が蟠桃園の管理を任され、西王母様のお誕生日に招かれなかったことを恨んで、桃を盗み食いしたと書かれているそうです。
蟠桃で検索すると平べったい古い品種の桃がたくさん出てきます。

そして、姿を現さなかった父が桃らしき果物をくれたということは、父は天界にいるのでしょうか。「天」も仏教や日本神話や中国で考え方が違うし、私も不勉強なのでよくわからないのですが、緑色の果樹園を夢で見たり、父から桃らしき果物を食べさせてもらったり、何かと暗示のある出来事だったので、ここに記します。


8月17日

仕事の帰りに六本木の和菓子屋に行って、ついでにテレ朝ショップで「おっさんずラブ」のポストカードを買いました。おさラブでヒロインを演じた吉田さんを象徴するような吃驚するような乙女なポストカード。他の出演者のポストカードも意味深な言葉と共にとても印象的。おさラブ人気でグッズは品揃えが悪く、天空不動産のクリアファイルが欲しかったのになかったのでした。

渋谷へ出るのにヒルズの地下のバス停に行きたかったのですが、バス停から離れたところの地下に出てしまい、向こう側にバス停のあるところが見えるのに、地上に出るとどうやってそこへ行ったらよいかわからないダンジョン状態。でもなんとかたどりつきバスに乗れました。

渋谷の本屋で予約していた「テアトロ」9月号を買いました。4月の中目黒での「I Do!」の戯曲が載っているのですが、勝田安彦さんは翻訳なのに、まるで勝田さんが書かれた戯曲のようです。カモミール社、これはちょっと・・・

帰りにまた渋谷の美々卯で、今度はきつねセット。かやくご飯や香の物がついています。おあげがおいしくて、それはつまりお汁がおいしいということ。だしが効いていて、お汁全部飲みたいくらいでした。早く冬の鍋焼うどんが食べたい!!


8月13日

今日はバースデーケーキを食べました。トップスのチョコケーキです。

4年前、父が危篤の時、父の命を救う代わりに私の人生のトップスのチョコケーキを神様に捧げたのですが、emiさんが去年、神様との約束を引き受けて私にチョコケーキを食べる権利をプレゼントしてくださったのでした。

ありがとうございます(ォ;ω;`)おいしかったです!!


8月11日

コミックマーケット94にサークル参加してきました。

思ったほど暑くなくほしかった本も買え(おさラブはあまり買いませんでした)、作った成河さんと吉田鋼太郎さんのペーパーはおさラブ人気でほぼなくなり、友人に配る分を帰りにキンコーズで刷り足しました。

友人とかにピラフで打ち上げして帰宅しました。

今日は16万人の人出があったそうです。コミケは6時間しかやってないのですごいと思います。
一番最後の写真はコミケ土産の煎餅カレー味です。


8月10日

渋谷マークシティの美々卯で鱧ちりうどんを食べました。鱧は梅味噌をつけて。関西のだしでしっかりしたお味でおつゆに生姜を溶き入れて食べました。美味しかった(^_^)

明日は夏コミ。

8/11東ホールパ53b「俺は24653+大文字R」でお待ちしています!!

頒布物は私は成河さんと吉田鋼太郎さんのペーパー、村井さん便箋、友人はおさラブ新刊(春牧ぽいのと主任と部長)、委託で髑髏城新刊、レミ既刊本など。皆で心血注いで作りました。

ご参加される方はぜひ寄っていってください(^O^)


7月31日

 

フラワーズの懸賞でポーの一族の図書カードが当たりました!
めでたく当選者31名に入りました。
やったね(>O<)!!!

ポーの一族で懸賞に当たったのが嬉しくて言葉にならない・・・
このシーンとても好きでね。萩尾先生の絵で一番好きだった頃ですね・・・
ポーはもちろん、他のマンガについてもきちんと感想を書いたので、フラワーズの編集部はアンケートハガキをちゃんと読んで選んでいますね!


7月27日

約半年ぶりに会う友人と新宿でお粥を食べ、名曲喫茶でお茶しました。昨日山形からメロンが5玉届いて友人に一つ渡しました。
帰宅して小腹が空いて、はるさめスープとネクタリンと0キロカロリーゼリーを食べました。

メロンは会社に一つ持っていって欲しい人にじゃんけんをしてもらいました。一人暮らしの独身男性に当たりました。
山形のメロンのおいしさが広がって伝わるといいですね(^_^)


7月21日

今晩美女と野獣をやっていたようですが、村井國夫さんがモーリス(ベルのお父さん)の声を吹き替えています。
ステージナタリーの記事で村井さんをほめているものがあったので貼ります。

ステージナタリー 藤田俊太郎が語る「美女と野獣」

村井(國夫)さん演じるベルの父親が、ある女性の思い出話を語り、ベルの「その魅惑的な女性のことを教えてくれる?」と言うセリフに村井さんが答えて「君の母さんは」ってただひと言話した瞬間に、その女性がベルの母親で、もう亡くなっている人なんだって情報が全部わかる。村井さん、すごいなって思いました。吹替えだから姿が出ない、声だけの表現にすごみを感じます。

https://natalie.mu/stage/pp/beautyandbeast03/page/2

なかなかこういうほめ方してくださる方はいないのでうれしいです。地に足のついた芝居ってこういうことかと思います。


7月16日

送り火を焚こうとしたら玄関先に6センチくらいのカマキリがいました。
なので買い物に行ってから送り火を焚きました。お盆が終わるのは早いですね。おさがりのメロンをいただきました。美味しかったです。
また来年お待ちしています。

コミケ「俺は24653+大文字R」
8/11(土)パ53b 芸能スペース

私は成河さんペーパー(フリーコミティッド、黒蜥蜴、人間風車)、吉田鋼太郎さんペーパー(おっさんずラブ、シラノ・ド・ベルジュラック)配布予定。
友人はおっさんずラブ本新刊、既刊はレミ、髑髏城本委託あり。
よろしくお願いいたします。


7月14日

会社の同僚と「フリー・コミティッド」見てきました。楽しかった。人生の苦味を感じる演技に進化を感じました。
あの舞台を1日2公演やるなんて成河さんパワフル。人間じゃなくて妖精なのもしれない。

昨日迎え火を焚きました。お盆セットはおがらが3本しか入ってなくて、それじゃ見えないよねと思って買い足ししました。うちのあたりは7月がお盆です。
桃をお供えしました。

いらっしゃーい!


7月10日

1日と5日にDDD青山クロスシアターで成河さんの「フリー・コミティッド」見てきました。

レストランの予約受付係が地下の一部屋で、ひたすら電話に出て電話の相手を演じまくりの38役、2時間があっという間!こんなお芝居があったのかと目からうろこ。

クリスマスに帰省しないのか気にする父や、リンカーンセンターでのオーディションを受ける売れない俳優のサムの未来などしっかり話の骨子も見えて、単なるサクセスストーリーに終わらない都会的な苦さも感じさせます。22日まで。



ページトップへ