PCCM 3rd Ed.
管子
韓非子
釈迦
老子
聊斎志異
諸子百家
孫子兵法  ►
LINK
管理:kton
Since:2005/1/1

孫子兵法 |


T 始計篇


戦争とは国家にとっての重大事であり、人々の生死や国家の存亡がかかっているから、十分な配慮が必要である。

だから、これに五事を用いて作戦策定し、七計により比較・検討を加えて情勢の判断を行う。

五事とは、道、天、地、将、法の五つの事である。第一の道とは、民衆が君主と同じ目標を持ち、危険も恐れずに、君主と生死を共にできるような政治を行っているか否かである。第二の天とは気候が陽気か陰気か、季節は暑い時か寒い時か、行動に移すべき時期であるかなどの天の時に合っているかである。第三の地とは、距離が遠いか近いか、地形が険阻か平易か、広いか狭いかなどの地の理は得られているかである。第四の将とは、状況を把握・判断する知性、君主や兵士の信頼に値すか、兵士に慈悲を持って接することができるか、困難な事項に決断をできる勇気、断固たる処置を施す威厳、の5点である。第五の法とは、軍隊の編成、官職の統治、軍需物資の管理に関わる軍法が正しく定められ、かつ、守られているかである。だいたい、この五事は将軍たる者は誰でも知ってはいるのだが、これを真に理解している者は成功し、理解できていない者は成功できないのである。

だから、これに七計により比較・検討して、情勢の判断を行う。

七計とは、第一に君主はどちらが道に基づいた政治を行っているか、第二に将軍はどちらが有能か、第三に天の時と地の利はどちらが得ているか、第四に法はどちらがよく守られているか、第五に軍隊はどちらが強大であるか、第六に兵士はどちらがよく訓練されているか、第七に賞罰はどちらが公平に行われているか、という比較・検討項目である。

以上を踏まえて情勢を判断すれば、事の正否が解るのである。


算多ければ勝ち、算少なければ勝たず。而るを況や算なきに於いてをや。
(勝算の多い方が勝ち、少ない方が負ける。勝算がなければどうなるかは言うまでもない。)


もし、このように策定された我が献策を採用すれば、この策を用いて成功を収める事ができる。よって私はここに留まる事になる。しかし、この献策が採用されなければ、誰が事にあたってもまず確実に失敗に終わる。そうであれば、私はここを見限る事になる。献策に利点を見出し採用すれば、それが勢を作って策の実行を助ける。勢とは、状況に応じて臨機応変に対処する事である。

戦争とは所詮はだましあいである。

だから、力はあっても相手には無力に見せかけ、必要な物でも相手には無用と見せかけ、近くにいても相手の遠くにいる様に見せかけ、遠くにいても相手の近くにいる様に見せかけ、有利と見せては相手を誘い出し、混乱させて撃破し、攻勢な相手には防備を備え、強大な相手とは争いを避け、相手が怒り易くば怒らせて消耗させ、卑しければおごり高ぶらせ、鋭気があれば疲れさせ、団結していれば離間させるのである。

相手の無備を突いて攻撃し、相手の意表を突く。これが兵法家の言う勢であり、あらかじめ固定してしまってはならない。

戦い前の作戦策定時に成功の見通しが立つのは、勝算が多いからである。戦い前の作戦策定時に成功の見通しが立たないのは、勝算が少ないからである。勝算が多ければ成功し、勝算が少なければ成功しないものである。では、勝算が全く無い時にはどうなるであろうか。このように作戦策定時に考えれば、戦う以前に正否の結果が判るのである。

(戦というものは、よく調べれば事前に勝敗がわかるものだ。ジャンケンなどと違って、徴候があちこちに現れるからである。相手より一つでも多く徴候を掴み、整理して、五分五分なら避けよ。作戦が不足しているか、相手を間違っているからである。)


U 作戦篇


実際に戦争を行えば、戦車千台、輸送車千台、武装兵十万人を集め、さらに、はるか千里の彼方まで兵糧を送らなければならない。つまり、国内外の経費、外国使節の接待費、兵器の補修材、車両や甲冑の費用など一日に千金を費やして、初めて十万の軍勢が挙がるのである。そして、戦いに望み、勝利までに多くの月日を費やせば、軍隊は疲労し鋭気を失う。その上攻城戦になれば、戦力は底を尽く。いたずらに軍隊を戦場に止めておけば、維持費はかさみ国家に余力は無くなる。このように軍隊は疲労し鋭気を失い、戦力は底を尽き経済的な余力も無くなれば、そのまま疲弊の極みに乗じて、諸侯の来襲を受けることとなる。この状態では、如何なる知者でも、この後はどうにもならない。

だから、戦いには、拙くても速い場合に成功例はあるが、巧みでも長引いた場合の成功例は未だにない。これは、戦いが長引いて国家の利益が上がる事は絶対にありえないからである。だから、戦争の弊害を知り尽す事ができなければ、戦争による利益も全く判らないのである。

戦いを上手く行う者は、兵隊の増援を要請することなく、兵糧も出陣時と凱旋時以外に要請することはない。軍需物資は自国で用意しても、兵糧は敵から奪い取るのである。

だから、軍隊の兵糧は十分に足りるべきである。戦争によって国家の財力が厳しくなるのは、軍隊を自国から遠くへ派遣し、そこまで兵糧を運搬しているからである。遠くにいる軍隊まで遠く輸送を行えば、国家だけでなく、民衆もその負担で貧しくなる。軍隊を近くに派遣しても、その近辺で物資の欠乏を招き、物価は上昇する。物価の上昇は、国家の財力も民衆の財力も厳しくする原因となる。国内の財力が厳しくなると、増税や兵役により国家はますます貧しい方向に向かってしまう。

戦乱のまっただ中で戦力が衰え財力も尽きてしまえば、民衆の家の中には物も十分に無い有り様となり、民衆の持つ貯えの10分の6は失われてしまう。当然、国家財政も戦車の破損や軍馬の疲弊、兵士の武装品や輸送車の牛と車両の用意・手配によって10分の7は失ってしまう。だから、知者は兵糧を敵から調達する事を心掛けるのである。敵の兵糧1升は、自国で用意運搬する20升分の価値に相当し、敵の飼い葉1石は、自国で用意運搬する20石分の価値に相当するのである。

従って、兵士が敵兵を殺すのは怒りの感情であり、敵の財を奪うのは利益がもたらされるからである。だからこそ、戦車戦で敵戦車を十台以上捕獲できた場合には、まずは戦車を捕獲した人間に報償を与え、然る後に、捕獲した戦車の旗を自国の旗に変え、捕虜も自国の兵と同様に扱い養って、自軍に編入をするのである。これが敵を撃破して、さらに軍隊を強力にするという事である。

つまり、軍隊は勝利を目指すのであり、いたずらに軍隊を戦場に止めてはならないのである。

従って、戦争の本質を理解している将軍のみが、民衆の生死、国家の安危に係わる事ができるのである。

( 勝利するための軍というものは、用意するだけで国が傾く。こんなものをいつまでも持っていたのでは国が滅びる。だからひとたび軍を起こせば、迅速に事を運ばねばならない。占領地で略奪が行われるのは、将軍が兵士に与えるべき恩賞が他に何もないからである。せっかく勝って国益を得ても、軍事費用がそれ以上になってしまっては元も子もない。勝てなければさらに悲惨だ。だから、いざ軍事を起こすというなら迅速必勝を目指さねばならない。こういった戦争というものの理解なくして、国益と安保は語れない。)


V 謀攻篇


実戦に向かえば、自国の国力を消耗させないことが上策であり、敵国を戦って撃破する事は次善の策となる。自国の軍団の兵力を消耗させないことが上策であり、敵の軍団を戦って撃破する事は次善の策となる。自国の旅団の兵力を消耗させないことが上策であり、敵の旅団を戦って撃破する事は次善の策となる。自国の大隊の兵力を消耗させないことが上策であり、敵の大隊を戦って撃破する事は次善の策となる。自国の小隊の兵力を消耗させないことが上策であり、敵の小隊を戦って撃破する事は次善の策となる。だからこそ、戦闘に持ち込んでしまえばたとえ百戦百勝しても、最上であるとは言えない。

戦闘に持ち込まずに敵を屈服させるのが最上となるのである。


百戦百勝は善の善なるものに非ず。戦わずして降すは善の善なるものなり。
(外交交渉や謀略によって負かしてしまうのが上手い方法というものだ。百勝したといっても戦っていたのでは自国の損害も大きい。)

だから、最も良い作戦というのは、敵の謀略を打ち破って付け入る隙を与えない事である。次善の策は敵の外交戦略を打ち破り、孤立させて動きを封じる事である。その下の策が、敵兵を戦闘で打ち破って屈服させる事となる。さらに、その下の策が、城攻めとなる。城攻めとは、他に有効な手段が全く取れないために、やむ終えずに行う作戦である。攻城戦ともなれば、大盾や攻城用装甲車を用意し、攻城用の機械類を準備するのに三ヶ月は必要となる。さらに、土塁を作る土木工事にも三ヶ月を必要とする。もしも、将軍が堪え切れずに、敵の城に突撃をかけて力攻めにはいれば、兵力の3分の1を失った挙げ句に、城も落ちない。これが城攻めによる災いである。だから、戦争を上手く行う者は、敵国の兵力を屈服させても戦闘を行う事はなく、敵の城を落としても城攻めは行う事はなく、敵国を破るも長期戦にもつれこむ事はない。必ず国力も兵力も全く消耗させずに保全したままで、天下の覇権を争うのである。だから、戦争に敗れることもなく、成功を治める事ができるのである。これが知恵によって謀り戦うという事である。

だから、戦闘を行う時には、敵の十倍の兵力があれば包囲し、五倍ならば攻撃し、二倍であれば分断作戦に出て、互角ならば全力を尽くして戦い、敵よりも少ない兵力しか持たなければ退却し、かなわないと思えば事を構えない。だから、力も無い者が現実を無視して強がれば、強大な敵の捕虜になるのがおちである。

将軍とは国家を治める君主の補佐役である。補佐役が君主と強固な信頼関係で結ばれていれば国家は必ず強く、信頼関係に隙間があれば国家は弱くなる。だから、君主が軍隊に及ぼす弊害を3つ挙げる事ができる。一つ目は、軍隊は今進軍してはいけない状況にある事を判らずに進軍しろと君令を出したり、退却してはいけない時期である事を判らずに退却しろと君令を出す事である。これでは軍の自由を損ない、結果として臨機応変さを奪う事になる。二つ目は、軍隊の現在の事情を将軍よりも理解していないのに、将軍の行うべき軍の統治運営に口を挟む事である。こんな事をされると兵士達は戸惑ってしまう。三つ目は、戦場で戦況も臨機応変の用兵も将軍に比べて理解できていないのにもかかわらず、将軍の行うべき軍隊の指揮に口出しをする事である。こんな事をされると兵士達が混乱するだけである。兵士が軍の統治には戸惑い、軍の指揮には混乱するようでは、諸侯はこれに乗じて事を起こすはずである。これを君主が軍隊をかき乱して、得られる勝利を敢えて逃すというのである。

だから、勝利を得るには五つの条件が挙げられる。一つ目は、戦うべき時と戦うべきでない時の判別ができている事である。二つ目は、兵力に応じた戦い方を判っている事である。三つ目は、君主将軍から一兵卒までが目標を一つに団結している事である。四つ目は、万全の体勢で、敵の不備を見逃さない事である。五つ目は、将軍が有能で、君主が口出しする事無く、自由に裁量を振るえられている事である。この五条件は、勝利を得られるか否かの判断基準となる。

だから、相手を把握して味方の実情が判れば、たとえ百回戦っても危険な目に遭う事は全く無く、しかし、相手を把握できてなければいくら味方の実情が判っていても、勝つか負けるかは判らないし、もしも、相手も見方の実情も全く把握できないでいたら、戦うたびに常に危険極まりない目に遭遇すると言われているのである。


彼を知り己を知れば、百戦しても殆うからず。
(とにかく相手の弱点だけを説く者や、自分の強点だけを説く者が多いが、大事なのは両者を比較検討することなのだ。)


(戦争の目的は勝利することである。手段と目的を取り違えてはいけない。勝利するための手段は、外交と策略によって事前処理・封殺できれば文句はないのである。この謀攻篇は名言名句のオンパレードである。孫子を始めて読んだ人でも、この句は聞いたことがあるという人も多いでしょう。それだけに人々を納得させた基本的重点を述べた篇であると言えましょう。)


W 軍形篇


古来から戦闘の采配に巧みな者は、まず敵に破られない体勢を確保してから、敵を打ち破る事のできる隙ができるを待つのである。体勢を整えて敵が付け入る隙を作らない事は自軍でできる事であるが、敵が隙を見せるかはどうかは敵次第である。だから、戦闘の采配が巧みな者でも、不敗の体勢を敷く事はできるが、必ず敵の隙を作り出せる訳ではない。だから、いくら勝算が立とうとも、勝敗は敵の出方次第であるから、勝算通りに勝利を実現できるとは言えないのである。

敵に負けない体勢が防御であり、敵を打ち破る体勢が攻撃である。防御に徹すれば戦力に余力を生み、攻撃に徹すれば戦力不足になる。古来から防御に巧みな者は、自軍の実情を隠して敵に付け入る隙を与えず、敵情を完全に把握して敵の隙を一気に突いた。だから、自軍の戦力を良く保って、勝利を確実に収めたのである。

誰が見ても解る勝利などは、決して良い事だとは言えない。戦闘に勝って皆が誉めるとしても、それは良い事だとは言えない。髪の毛を持ち上げても怪力とは言えず、太陽や月が見えても鋭い洞察力とは言えず、雷の轟音が聞こえても聴覚が優れているとは言えない。本当に戦闘に巧みな者は、楽勝で勝てる時に、確実に勝利を挙げるのである。

善く戦う者は勝ち易きに勝つ者なり。
(一万人に挑んで敗戦するよりも、二千人を五回撃破せよ。これが急所を突くということである。)


だから、戦闘に巧みな者が戦っても、わざわざ世間にその知謀を知られる事も無く、天下に勇猛さを示す事も無い。だから、勝利を収める事は間違い無いのである。確実に勝利を収める事ができるのは、戦闘に臨んだ時点で、すでに戦いに負けている敵を叩くだけで良いからである。戦闘の采配に巧みな者は、不敗の体勢を確立し、敵の隙を逃さずに撃破するのである。
以上の事から、勝つべき軍団とは、始めに勝てる条件を十分に整えてから戦闘に臨むのであって、負けるべき軍団とは、まずは戦ってみてから何とか勝とうと足掻くのである。

戦闘の采配に巧みな者は、道に基づいた政治を行い上下の心を一つにして、法を万民に明らかにし施行も徹底しているから、勝敗に関する主導権を握る事ができるのである。

戦争を行うにあたっては、第一に、対象の事象から物理的距離や空間的広狭を推し測る、度という手順を踏まければならない。第二に、そこに投入可能な物量を推し測る、量いう手順を踏まければならない。第三に、兵力の編成を推し測る、数という手順を踏まければならない。第四に、双方の力量を比べ量る、称という手順を踏まければならない。第五に、勝算を立てて勝敗の帰趨を推し測る、勝という手順を踏まければならない。

つまり、戦場となる地形から戦場の空間を考え、その戦場に投入できる兵力や物資の量を決定し、用意できた戦力をうまく編成して強固な軍団を作り、自軍の戦力と敵軍の戦力を比較して戦力を校正し、最終的に勝利は確実に挙げられるかを目算するのである。
だから、勝てる軍団とは、金属の塊でもって小銭と重さを比べるようなものであり、負ける軍団とは、小銭でもって金属の塊と重さを比べるようなものである。勝つべき者とは、その士卒をまるで積み重ねた水を谷底に突き落とすように戦わせる、必勝不敗の体勢を築く事ができる者である。

(誰でも、あからさまな難題に向かって何とかしてみせようと藻掻くのだが、実は簡単なことを数多く片づけるほうが利が大きいのである。難題解決の糸口は、小さな利のなかに見いだすのが基本だからである。)


X 兵勢篇


大部隊の兵をまるで少数部隊の如く隅々まで整然と統率するためには、確立された組織編成とその運営が必要となる。大部隊の兵をまるで少数部隊の如く機敏にかつ自在に戦わせるためには、明確で確実な指揮系統が必要となる。全軍が敵に応じて的確に動き、決して負けないためには、正攻法と奇策をうまく組み合わた采配が必要となる。攻撃をすれば石を卵に投げつけるように容易に打ち破るためには、虚と実の見極めができており、味方の実でもって敵の虚を衝く戦法が必要となる。

実戦においては、先ずは正攻法である正をもって敵と相対し、その状況応じた奇策である奇をもって敵を崩し、勝利を得るのである。だから、奇を巧みに扱う者は、まるで天地のように果てる事が無く、海川のように枯れ尽きる事が無い。終わってまた新たに始まるさまは、まるで昇って沈む日や月のようである。過ぎ去ってもまた新たに生じるさまは、まるで四季の移り変わりのようである。音の基本となる音階の種類は有限であっても、その組み合わせによる音楽の音色は無限に存在する。味の味覚の種類は有限であっても、その組み合わせによる料理の味わいは無限に存在する。戦いにおいても戦法は正奇の二つしかなくても、その組み合わせによる戦法は無限に存在する。正から奇に移り、奇から一転正に移っても、その循環に切れ目を見付けられる事は無い。その変化のさまは無限であり、限定される事はない。

激流の水が疾風の如く石を押し流すのが、勢である。鷹が一撃で獲物の首の骨を折るのが、一瞬の攻撃である。だからこそ、戦闘の采配に巧みな者は、険しく鋭い勢を持ち、極めて短い一瞬の間にすべての攻撃を行うのである。勢は引き絞った弓のように、一瞬の攻撃はその弓が矢を放つようである。

いかなる乱戦においても、自軍は統率を乱してはいけない。いかに敵に応じて忙しく陣形を変えたとしても、隙を作って敵に撃破されてはいけない。混乱した軍は、整然たる軍から一瞬にして生み出す事ができ、臆病さとは、勇敢さから一瞬にして生み出す事ができ、弱小な軍とは、強大な軍から一瞬にして生み出す事ができるのである。整然と混乱はその時の部隊編成によって決まり、勇敢さと臆病さはその時の勢によって決まり、強兵と弱兵はその時の体勢によって決まるのである。

だから、巧みに敵兵を操る事ができる者は、敵の判断を誤らせる体勢をとって釣り出し、敵は奪えるものはすべて奪いに来るである。餌で敵を釣り出し、そこを叩くのである。

だから、戦闘の采配に巧みな者は、軍全体の勢を重視して、兵士一人一人に結果を強要する事はない。だから、適所適材の配置の後は、勢を作り出してそれに任せてしまえば良いのである。勢に任せる采配が士卒を奮戦させるのは、まるで木や石を転がすようである。木や石とは、平地であれば留まり、斜面であれば動くのであり、木や石が角張っていれば止まり、丸ければ転がるものである。だから、巧みな采配による勢とは、丸石を山上から千尋の谷まで転がり落とすようであり、これが、本当の勢というものである。


善く戦う者はこれを勢にもとめて人に求めず。
(追い立てられるから仕方なく早く走るのは勢ではない。千万人といえども我行かんという者が集まっていれば、それこそ勢である。采配は、兵士の心に対して揮うものなのである。)


(ボクシングにおいても、パンチがヒットする瞬間に筋肉を締めれば、その破壊力は三倍になるのだという。剣道においても、刀を振るときは全身を脱力させておいて、刃先が相手に当たった瞬間に全身のエネルギーをその接点に集中させるというのが奥義である。(手の内の締まり))


Y 虚実篇


戦闘において、あらかじめ戦場で遅れてくる敵に備えておけば、自軍は鋭気盛んで疲労する事ないが、すでに敵が待ち受けている戦場に向い、そのまま戦闘に入ったのでは、自軍はすでに疲弊し鋭気は鈍っているのである。

だから、戦闘の采配に巧みな者は、主導権を取り、敵を思うのままに引きずって戦うが、敵に主導権を取られて、敵に引き回されるような事はない。敵が自らの意志で、こちらの意図通りに動くようにするには、そうすれば有利になると思わせれば良いのである。


善く戦う者は人を致して人に致されず。
(人を致すとは、主導権を握ることである。誰かと手をつないで引き回し合いをすればわかるが、振り回されるより振り回す方が楽なのである。)

敵がやむを得ず、こちらの意図通りに動くようにするには、そうしないと不利になると思わせれば良いのである。だから、敵が鋭気盛んで疲労していなければ、疲労させて鋭気を挫き、敵が兵糧を十分持って敵兵が満足に食事していれば、敵の兵糧を不十分にして敵兵を飢えさせ、一所に安定して陣をはっていれば、敵兵を揺さぶり動かす事ができるのである。

敵の出現する場所に先制して進軍しておいて、敵の不意を突いて出現するのである。例え、千里の遠き道のりを進軍しても兵が疲労しないのは、敵が絶対にいない安全な道を通るからである。敵を攻撃したら必ず撃破して勝利するのは、敵が守っていない所を攻撃するからである。敵の攻撃を防ごうと守りに入り絶対に打ち破られないのは、敵が攻めてこない所を守っているからである。だから、攻撃の巧みな者は、敵はどこをどう守って良いのか解らなくさせる事ができるのであり、防御の巧みな者は、敵をどこをどう攻撃したら良いのか解らなくさせる事ができるのである。敵にこちらの作戦を解らせないように、意図の痕跡すら見せず、敵にこちらの作戦開始を解らせないように、作戦開始の兆候を悟られないのである。だから、主導権を確保して敵を引きずり回せる事ができるのである。

自軍が進軍しても敵が迎え撃つ事ができないのは、敵の虚を撃つからである。自軍は退却しても敵が追撃して戦闘状態に引きずり込めないのは、こちらの退却が早くてすでに遠くに地にいるからである。だから、自軍が戦闘を開始をしようと思ったら、いくら敵が鉄壁の防御を敷いて守りに入ったとしても、やむなく戦闘を開始させるのは、敵が捨てて置けない急所を突くからである。自軍が戦いたくなければ、例え防御は地面に線を引いただけで済ませたとしても、敵が攻めて来れないのは、そこは敵の進行方向と違うからである。

だから、将軍たる人物とは、敵の体勢を固定化させて敵の意図を読み取り、こちらは意図を探られないようにする。そうすると、自分は作戦通りに一個所に集まれるが、敵はこちらに備えて守りを分散させる事になるのである。自分は兵力を一つに集中して、敵は十に分散すれば、これは、十倍の兵力で敵を迎え撃つ事になるのである。少数の兵力で大多数の敵兵を打ち破る采配とは、実際の戦闘においては、自軍が戦う敵兵は常に少なく、すでに勝利が確定しているものである。

敵が自軍との戦闘となる戦場が解らなければ、それは、敵の防御拠点の数が多い事を示しているのである。防御拠点の数が多ければ、一拠点の兵力は小さなものとなるのである。だから、前衛の防御を充実させれば、後衛の防御は手薄となる。逆に後衛の防御を充実させれば、今度は前衛の防御は手薄となる。左翼の防御を充実させれば、右翼の防御は手薄となる。逆に右翼の防御を充実させれば、今度は左翼の防御は手薄となる。思い切ってすべての方向の防御を充実させようとしたら、それはすでに全軍すべての防御が手薄となっているのでる。兵力が少ないのは、相手に対する防御拠点を多く持つからであり、兵力が多いのは、相手が防御拠点を多く持つからである。

だから、戦闘の日時と戦場の場所が判っていれば、千里の遠くから遠征してきても大丈夫である。戦いの日時も戦場の場所も判らなければ、前衛が後衛の危機を救う事はできず、後衛が前衛の危機を救う事はできず、左翼が右翼の危機を救う事はできず、右翼が左翼の危機を救う事はできない。これが、遠くは数十里、近くても数里も距離が離れていたら、すでにどうにもならないのである。

以上の事より、敵兵がいくら多くても、それだけでは戦闘の勝敗には関係はないと言える。だから、勝利は作り出すものなのである。敵は多くても、戦場で戦えなくさせれば良いのである。

だから、現状の時点の有利不利を分析し、敵に誘いをかけてどのような誘いに動くかを判断し、敵の体勢から意図を読み取り戦場となる場所の急所を掴み、小競り合いを持ち掛けて兵力配置の重点と不備を把握するのである。

だから、兵力の配置においては、特定の体勢を取らずにおいて敵にこちらの意図を悟られない事である。自軍の体勢が解らなければ、それは、間者にもこちらの意図を探られる事もなく、知謀の士も計略を仕掛ける事ができないのである。有利な体勢を取って戦闘に勝利しても、普通、人々はそれに気付かない。勝った時の体勢は知ってはいれも、勝利に結び付いた体勢を理解してはいない。だから、戦闘に勝利を収めても、同じ戦法を取る事はなく、その時点の敵の体勢に応じた体勢を取るのである。

軍団の体勢は水と同じでなければならない。水は高い所を避けて低い所に流れ移るのである。軍団は敵の虚を避けて敵の実を撃つのである。だから、水は地形に応じて流れ、兵力は敵の体勢に応じて勝利を決定するのである。兵力には決まった勢がなく、決まった形もない。敵の体勢に応じて臨機応変に自軍の体勢を変化させて勝てる事が最上である。陰陽五行にもすべてに打ち勝つものは無く、四季にも常に決まっている季節は無く、日の長さにも長短があり、月にも満ち欠けがある。

(まさに計略が成功するか失敗するかの瀬戸際の知謀である。「敵兵がいくら多くても、それだけでは戦闘の勝敗には関係はない」これこそ、兵法の最大の醍醐味であると思う。敵もそれなりに準備をしてくるのであるが、それをいざという時に発動させられなくすればいいのだ。その上策が人の心を責めることであり、その次策が出足を止めることであり、その次策が急所を突いて麻痺させることである。そのためには臨機応変に情報に沿って即時即時に対応を変更せねばならず、対応に後れを取った方が負ける。)


Z 軍争篇


戦争において戦闘に至るまでには、先ず君主より軍団の大将の勅命を受けて、続いて兵士を集めて軍団を編成して、ようやく敵と対峙して陣を張るのだが、軍を挙げての利益の争奪戦である軍争こそが最も難しいのである。軍争の難しい所は、迂と呼ばれる本来遠回りの方法で以って、直と呼ばれる最短経路に変える事であり、害をなす状況で以って、有利な状況に変える事である。だから、迂回路を採っても相手を利益で誘って進軍を遅らせておいて、結果として後から出発した自軍がより早く出発したはずの敵よりも、先に目的地に到着するのである。これが、迂直の計を知っている者の采配である。だから、軍争とは大変な利益をもたらすが、逆に極めて高い危険性を持っているのである。

全軍でもって敵と利益を争えば後れを取り、機動部隊のみを先行させておいて敵と利益を争えば、当然輸送部隊は追い付けずに自然に補給は断たれてしまう。以上の事より、武具を外して抱え持って、日夜兼行して倍の距離を進み、百里も先の敵と利益を争うようでは、将軍達は全員捕虜にされるのがおちである。体力の強靭な者が先に進み、疲弊した者は遅れて、全軍の十分の一程度の兵しか戦場まで間に合わないからである。五十里先の敵と利益を争えば、先鋒軍の将軍を戦死させる事になり、全軍の二分の一程度の兵しか戦場には間に合わないのである。三十里先の敵と利益を争えば、戦場に間に合う兵は、全軍の三分の二程度となってしまう。以上の事より、軍団に輸送部隊が無ければ敵に破れて滅びる事になり、兵糧がなければ敵に破れて滅びる事になり、軍資金が無ければ敵に破れて滅びる事になる。

だからこそ、諸侯の謀略活動を把握していなければ、諸侯との対等な外交活動を行えないのであり、山林や地形の険易さや湿地や河川等の地理を把握していなければ、臨機応変な進軍はできないのであり、地元の地理案内人を雇わなければ、地の利を得る事はできないのである。

だから、軍団とは敵をだます事によって成り立ち、利益を得るために動き、分散と集中によって臨機応変の采配をなすのである。だから、風のように素早く進軍し、林のように緩慢に進軍し、火のように怒涛に侵略し、山のようにどっしりと構え、陰のように相手に少しも悟られず、雷鳴のように激しく動き、兵を分散させて進軍し、要地を占拠守備して領土を広め、臨機応変に動かなければならない。迂直の計を理解して先に実践できた者が勝利を収める。これが軍争の要点である。


疾きこと風の如く、潜かなること林の如く、侵略すること火の如く、動かざること山の如く、隠密たること夜陰の如く、激動すること雷鳴の如し。
(よく「静かなること林の如く」といわれるが、林は完全に静かではないから、ここでは「林のように気配を自然に溶け込ませる」と解釈して「」の字を使用した。また、昼間の陰は結構気になるので、夜間の陰と解釈した。)

古来から、口で言っても聞こえないから金鼓を使用し、手で指し示しても見えないから軍旗を使用すると言われている。だからこそ、昼間の戦闘では多くの軍旗で指し示し、夜間の戦闘では多くの金鼓を鳴らすのである。金鼓も軍旗も、兵の耳目を一つに統率するための物なのである。兵が一つに統率されていれば、勇敢な者のみが一人勝手に戦いに走る事も無く、臆病な者が一人勝手に逃げ出す事も無いのである。これが、大軍の采配の要点である。

敵軍との戦いにおいては、敵兵に対しては気力を奪う事を第一とし、敵将に対しては平常心を奪う事を第一としなければならない。人間とは元来、朝は気力は充実しており、昼になるとだらけ始め、夕方には帰る事しか考えなくなるものである。だから、戦闘の采配に巧みな者は、敵の鋭気は避け、気力の鈍った所を叩くのである。これが、士気による采配の要点である。

自軍は整然と体勢を整えておいて、敵の体勢が乱れるのを待つのであり、自軍の士卒達は落ち着かせておき、敵兵の騒然とするのを待つのである。これが、心による采配の要点である。

自軍の近くまで敵軍が遠くから遠征して来た所を撃つのであり、自軍の士卒達は鋭気盛んで疲労させずにおいて敵兵の疲労し気力の鈍い所を撃つのであり、自軍は兵糧を十分持って兵に満足な食事をさせておいて敵の兵糧が不十分で敵兵の飢えた所を撃つのである。これが兵士の力による采配の要点である。

軍旗の整然と並ぶ充実した敵兵とは戦闘状態には入る事はなく、強固に溝築された敵の陣に攻撃をしかけたりはしない。これが、臨機応変の采配の要点である。

だから、戦闘時の采配の要点は、自軍より高い所にいる敵と戦わず、丘を背にした敵とは戦わず、偽って逃げる敵兵を追撃はせず、敵を囲んでも敵の逃げ道を作っておき、帰ろうとしている敵軍は無理に戦場に止めておかない事である。これが、戦闘時の采配の要点である。

(行軍の正々堂々たる正攻法を説いている。正攻法とは相手を騙して利に変えることである。騎士道や武士道のような生やさしいものではない。前の篇で奇計謀略を説いていて、こちらが後ということは、あくまでも基本でしかないということだろう。)


[ 九変篇


戦争において、君命により大将を任され、軍団の編成を行ったならば、行軍に不利な場所では宿営をする事はなく、諸侯と隣接した場所では外交により事を有利に運び、敵の領土の奥深い場所では一個所に留まる事はなく、四方が囲まれた場所では謀略を用いて脱出し、戦わざるを得ない場所では全力を以って戦わなければならない。これが臨機応変の采配によって得られる五種類の地の利、つまり、五利である。

道の中にも通ってはならない道があり、敵軍とはいえども戦闘してはいけない敵があり、敵城といえども攻撃してはいけない城があり、敵地といえども争奪してはいけない土地がある。これが四種類の臨機応変の采配の要点である四変である。

以上の事に背くのならば、いくら君命といえども受けてはならない命令があるのである。

だから、五利と四変をあわせた九変に基づいた采配の利点が解っている者は、戦場での采配も解っていると言えるのである。九変に基づいた采配による利点が解っていない者は、実際の地形をいくら把握しても、地の利を得る事はできないのである。九変に基づいた采配の技術が未熟であれば、五利を解っていても、軍団を采配した時にその本来の力を発揮させる事はできないのである。

以上の事から、知者の思慮には利害得失のすべてが含まれているといえる。利益を得られる策にも、悪い所を見付けて考えに交えれば、その点を改善してより完璧な策に近づける事ができるのである。損害を受けたとしても、そこから良い所を見付けて考えに交えれば、憂慮にくれる必要もないのである。

以上の事から、諸侯を屈服させるには、そうしないと損害を与えるようにすればよく、諸侯に労力を使わせるには、諸侯が自ら行うような事業を与えてやればよく、諸侯を抱き込むには、そうすれば利益を与えるようにすればよいのである。だから、戦争に当たっては、敵軍が来襲して来ない事を期待するのではなく、敵軍が来襲して来ても撃破できうる自軍の備えを頼りにしなければならない。戦場においても、敵が攻撃して来ない事を期待するのではなく、敵が攻めて来られないような自軍の備えを頼りにしなければならない。

だから、大将となる人物には五種類の弱点が考えられる。状況も考えずにひたすら勇敢に戦ってそのまま殺されてしまう事がありえるし、戦場の恐怖に負けて自分が生き延びる事に奔走してそのまま敵の捕虜になる事がありえるし、自制心が無くすぐに怒る人間が敵の侮辱で怒って冷静さを失い何も考えずに敵に猪突猛進する事がありえるし、清廉潔白な人間が名誉に振り回されて敵の思うままに引きずり出させる事がありえるし、兵士や民に愛情を持ちすぎて反ってそれに煩わされて何もできなくなる事がありえるのである。この五種類の弱点は、大将たる人物の性格的な欠点であって、彼に軍団を預ける事によって受けるであろう損害の理由となる。軍団を敗北させ、将軍を戦死させるのは、必ずこの五種類の弱点が原因となるのである。十分な熟慮が必要である。

(これまで軍の臨機応変な運用の重要性を説いてきたが、そもそも軍を動かすのは将軍だから、将軍に問題があっては元も子もない。そして将軍は往々にして豪放で細かいことに拘らない性質があるから、それが敗因とならぬように十分配慮せよ。)


\ 行軍篇


戦場に降り立って敵を観察する場合には、山を進む時には谷に沿って進み、視界の開けた高い場所で宿営を取り、戦闘時には自軍より低い所にいる敵と戦うのであり、より高い所にいる敵と戦うようではいけない。これが山での戦い方である。

川や湖を越えたら素早くそこから遠ざからねばならず、敵が川を渡り始めた場合には、川の中に迎え撃つのではなくて、敵の半数が渡り終えた所を叩くのである。戦う時にも水際で敵を迎え撃ってはいけないのである。視界の開けた高みに宿営して、上流から向って来る敵を迎え撃ってはならない。これが水際での戦い方である。

湿地を通過する場合には、ただ速やかに渡ってこの地に留まらないようにしなければならない。もしも湿地で戦闘に陥ってしまったら、水草の近くの林の前の所に布陣するのである。これが湿地での戦い方である。

平地では開けた場所で高みの左前方に位置し、不利な地形を自軍の前に有利な地形を自軍の後ろに布陣するのである。これが平地での戦い方である。

この四種類の戦い方は、天下に覇を唱えた古の皇帝の戦術である。

軍団とは、高い所にいる方が低い所にいるよりも有利に戦えるのであり、日当たりの良い所の方が日陰よりも兵士の衛生に良いから、兵士を養生させて水や牧草を確保できる場所に宿営するのである。これが必勝を期す軍の宿営法であり、兵士が病気になる事もないのである。

丘や堤防では、日当たりが良くて高みが右後方に位置する場所に布陣するのである。そうすれば、軍団は有利になり、地形を味方にできるのである。

上流で雨が降って川の水かさが増した時には、その時点では渡らずに水かさが引くのを待つのである。

危険な地形とは、絶壁に囲まれた谷間、底に水をたたえる窪地、三方が高くてそびえた行き止まり、草が密生した行軍困難な茂み、沼が点在する湿地帯、巨大な大地の裂け目であり、この地に遭遇したならば急いで立ち去り、決して近づいてはならない。自軍はこの地から遠ざかり、敵軍をこの地に追い込むのである。自軍の前方にこの地を置いて、敵軍の後方にこの地を置くのである。

進軍する方向に、険しい地形、窪地に水場、あしの茂み、森林、草の茂みなど隠れやすい場所があるのならば、厳重に何度も調べなければならない。これらの地形は伏兵には絶好だからである。

近くの敵が落ち着いているのは、その地形の有利さを頼みとしているからである。遠くの敵がわざわざ挑発して来るのは、自軍をその地まで進軍させたいからである。敵軍が平地に布陣しているのは、そうする事によって敵は有利になると考えているからである。

木々がざわめき動くのは、敵兵がこちらに向って進軍しているからである。草原に障害を多く配置してあるのは、自軍を疑わせてその地で迷わせようとしているからである。

鳥が驚いて飛びあがるのは、そこに伏兵がいるからである。獣が驚いて逃げ出すのは、そこから敵が来襲してきているからである。

砂ぼこりが高く細くあがるのは、戦車が進軍しているからである。砂ぼこりが低く幅広くあがるのは、歩兵部隊が進軍しているからである。砂ぼこりが一個所から分散して細々とあがるのは、薪を調達しているからである。砂ぼこりが少量だが往来してあがるのは、宿営地を築いているからである。

使者は低姿勢ではあるが着々と防御を増強しているのは、こちらを攻撃しようとしているからである。使者が強気に攻勢の意図を指し示すのは、実は退却をしようとしているからである。機動部隊を両脇におくのは、その地に布陣しようとしているからである。さしたる理由も無しに和睦を持ち掛けて来るのは、何か裏に謀略があるからである。一気に進軍して布陣するのは、決戦しようとでてきたからである。

敵兵が杖をついて立っているのは、飢えているからである。水汲み部隊がまず自分が水を飲み始めるのは、水不足だからである。

有利になると判っていても進んで来ないのは、疲弊して気力を無くしているからである。

敵陣に鳥の群れが集まるのは、すでにそこには敵がいないからである。夜に仲間同士で叫び合うのは、敵兵が不安がっているからである。敵軍が落ち着きなく騒がしいのは、敵の総大将に威厳が無いからである。軍旗がざわめき動くのは、敵軍が混乱しているからである。

管理者が兵士たちに怒っているのは、兵士たちが疲れて気力が鈍っているからである。

軍馬に兵糧を与えて輸送部隊の牛を殺して兵士に食べさせて調理器具を捨てた上で宿営にも帰らないのは、兵士たちを追いつめて極限まで力を発揮させようとしているからである。淡々と兵士たちに話を聞かせて説得を試みているのは、すでに兵士たちの信頼を失っているからである。何度も人を表彰するのは、現状を打破できないからである。何度も人を罰するのは、兵士たちが疲労で命令を実行しなくなってきたからである。怒った後に兵士たちの反感を恐れるのは、その人物に思慮が欠乏しているからである。

使者を立てて貢ぎ物と共に謝りに来るのは、疲弊の極みで何よりも先ず休息したいからである。敵軍が堂々と進軍して来たのに何時までも戦闘開始せずに退却もしないのは、何か意図があるからであり、それをよく調べて推察しなければならない。

必ずしも兵力が敵よりも強大であれば良いという訳ではない。軽率に直進せずに、兵力を一つにまとめて敵の状況を読み切り、敵を撃破すのが良いのである。十分な熟慮無しに敵を侮ってしまえば、その敵に捕虜にされるだけである。

士卒たちと親密な関係を築いていないのに処罰を加えると、反感を食らって士卒たちは服従しなくなる。服従していない者を使おうとしても、使いにくいだけである。士卒たちと親密な関係を築いていても処罰できないでいると、士卒たちは皆使い物にはならない。だから、士卒たちに規則を教えて、刑罰を用いて執行するのである。これが統率を徹底させる方法である。規則を日頃から執行し兵士たちを教育すれば、兵士たちは服従するのである。規則が日頃から執行されていないのに兵士たちを教育しても、兵士たちは服従しない。日頃から規則執行が行われていれば、兵士たちを一つにまとめる事ができるのである。

(敵の謀略の徴候、見抜き方を教えている。原因、結果、傾向、対策と順を踏んでおり、大変わかりやすく面白い篇である。兵法書と聞いて誰もが想像するのは、このような内容ではないだろうか。)


] 地形篇


地形は、自由に交通できる「通」、崖などの障害地を持つ「挂」、多数の分かれ道を含む「支」、入り口の狭い「隘」、険しい山の中の「険」、両軍が離れて宿営をする「遠」の六種類がある。

自軍が自由に往来でき、敵も自由に往来できる地形を、通という。この地では、まずは高くて日当たりの良い場所に宿営して、兵糧の運搬路を確保して戦う事ができれば、有利である。

進軍する事は容易でも退却する事が困難な地形を、挂という。この地では、敵がこちらに対して軍備を備えていなければ進軍して勝利を収める事ができるが、敵の軍備に備えがある場合には進軍しても、勝利を収められずにしかも退却もできないという不利な状況に陥るのである。

自軍がその地に進軍した場合にはこちらが不利となり、敵がその地に進軍した場合には敵軍が不利になる地形を、支という。この地では、敵が利をかざしてこちらをおびき寄せようとしても、決してそれに乗ずる事なく逆にその地から遠ざかり、敵をおびき寄せて通過している途中を攻撃すれば有利となる。

隘という地形では、自軍が先に占拠して防備を固めて敵を待つべきである。もし敵に先に占拠された時には、防御が固めてあれば攻撃をしないで、防御に不備があれば攻撃して打ち破るべきである。

険という地形では、自軍が先に到達した場合には、高く日当たりの良い場所に宿営して、敵を待つべきである。もし、その地を先に敵に占拠されていた場合には、その地から遠ざかり、決して攻撃してはいけない。

遠という地形では、勢が等しい場合には戦いを挑んでも勝利を収められるとは限らず、このような状況で戦えば不利となる。

以上の六種類が地形とそれに対する対処法である。軍団を操る将軍はこの見極めを怠ってはならず、十分過ぎるほど熟慮しなければならない。

だから、軍団の状態には、走、弛、陥、崩、乱、北の六種類がある。この六種類の状態とは、天災によってもたらされるものではなく、軍団を操る将軍の失態によってもたらされるものである。両軍の勢が均しい時に、敵の十分の一の兵力で攻撃をしかける状態を走という。兵卒たちの方が管理者より立場が強く、兵卒たちに振り回されて十分にまとめる事ができない状態を弛という。管理者の方が兵卒たちよりも立場が強く、兵卒たちを理解しないでただ彼らの不満を押さえつけている状態を陥という。総大将と各軍の将軍の間に信頼感が成り立たずに、敵と遭遇すると将軍たちは文句を言いながら勝手に戦い、総大将も将軍たちの能力を理解していない状態を崩という。将軍の統率力が弱くしかも威厳が無く、軍の規律教育も行なわないで、士卒たちは決められた部署にはいないでふらふらと漂い動き、陣を構築しても縦横ばらばらで全く整然としない状態を乱という。将軍に状況判断力が無く、少ない兵力で大軍に向い、弱小な兵力で強大な敵に攻撃を行い、しかも、先鋒部隊も編成していない状態を北という。だいたい、この六種類の状態からそのまま敗北に結びつくものである。軍団を操る将軍はこの見極めを怠ってはならず、十分過ぎるほど熟慮をしなければならない。

そもそも、地形というものは、戦闘を有利に行なうための要素の一つである。敵を分析して主導権を握り、地形の険しさ平坦さ、遠さ近さを見極める事が、総大将がしなければいけない事である。この事を解って、実戦に応用できる者は必ず勝利を収める事ができるが、この事が理解できていない者が、いくら実戦に応用して戦ったとしても敗北を期するだけである。だから、戦闘に必ず勝利を収める事ができるのならば、例え君主が戦うなと命令しても戦って良いのである。逆に絶対に勝てるという状況でなければ、例え君主が戦えと命令しても戦わなくても良いのである。だから、君主の命令に背いて戦って勝利を収めても名声を欲する事なく、君主の命令に背いて戦わずに退却しても罰から逃げる事はなく、ただ国民の損害を避けて国力を保持して、しかも君主の求める利益と一致する事ができる者は、その国の一番の宝と言って良いのである。

兵卒をまるで赤ん坊のように丹精に面倒をみる。だから、兵卒たちは深い谷底まで将軍と行動を共にするのである。兵卒をまるで自分の子のように愛情を持って接する。だから、兵卒たちは死ぬまで将軍と行動を共にするのである。手厚く扱ってもきつい任務を与える事ができず、愛情を持って接しても厳しく命令する事ができず、だらだらとして規則を守らなくても統率力を発揮して整然とさせる事ができないようでは、兵卒たちは駄駄っ子のようなものであり、すでにものの役には立たないのである。

自軍が充実して攻撃できる状態である事を判っていても、敵軍も充実していて撃破が困難な状態である事が判っていなければ、勝てるかどうかは判らない。敵軍が不十分で撃破できる状態である事が判っていても、しかし、自軍がまだ不十分で攻撃できる状態でない事を判っていなければ、勝てるかどうかは判らない。敵軍が不十分で撃破できる状態である事が判っていて、自軍も充実して攻撃できる状態である事が判っていても、その戦場となる地形が戦いに不利に働く事を判らなければ、勝てるかどうかは判らない。

だから、戦いを理解している者の采配は、行動を起こせば如何なる状況に置いても判断に迷う事はなく、戦闘になっても追い詰められる事はない。だから、相手を把握して味方の実情が判れば、勝利を収める事に失敗はなくなり、天の時と地の利を理解できれば、確実に勝利を収める事ができるのである。

(地の利と天の時の得方と、自軍が瓦解する徴候を述べている。昔の人は、天の時と地の利を得る、ということを盛んに語る。ではそれはどいうことかというと、死地を踏ませて、生地に座り、味方の士気が最も高ぶり、敵の士気が最も下がった瞬間を見極めて仕掛けるということである。将軍と兵士の信頼関係ができていなければ、困惑する将軍をみた兵士は敵のところへ逃げ出すが、信頼関係ができていれば、将軍が困惑するほどに協力を申し出る兵士が増えるのである。)


]T 九地篇


地形というものは、戦闘を有利に行なうための要素の一つである。だから、戦闘を行なう地形には、兵士の気が散ってしまう散地、兵士の心が浮付く軽地、戦闘での争奪戦が起こる争地、交通に便が良い交地、四方に諸侯が隣接している衢地、敵国奥深くの重地、足元が悪く軍が整然と動けない泛地、四方が険しい地形に囲まれている囲地、一瞬の躊躇が死につながる死地と九種類あげられる。

自国内で戦場となる地が、散地となる。敵国領内にあまり深く侵入していない地が、軽地となる。自軍が占拠すればこちらに有利に働き、敵軍が占拠すれば敵に有利に働く地が、争地となる。自軍が容易に進軍でき、敵軍も容易に進軍できる地が、交地となる。

道が諸侯に通じていて、先に占拠できれば諸侯の賛同が得られる地が、衢地となる。敵国内深く進入して、自軍の背後に敵の城や町が多い地が、重地となる。山林や湿地帯などを通過していて、行軍が困難な地が、泛地となる。入り口は狭くて、出口は遠回りとなってしまい、敵が少数部隊の兵でもこちらの大軍と十分戦う事ができる地が、囲地となる。迅速に行動を起こせば生き残る事が可能であるが、それができなければそのまま滅亡する地が、死地となる。

以上の事から、散地では戦闘を行なうような事は避け、軽地では留まらずに進軍して、争地では後から遅れて攻める事がないように主導権を確保し、交地では各部隊間の指揮系統および兵糧の運搬路を断たれないように確保し、衢地では諸侯との外交活動に重きを置き、重地では兵糧や軍資金などの軍需物資を付近から略奪して確保し、泛地ではその地から遠ざかるべく速やかに進軍し、囲地では策謀を練って脱出を図り、死地ではとにかく全力で戦うのみである。

古来の戦闘の采配に巧みな者は、敵軍を自分から、前後の部隊間の連絡を絶って分断し、大軍と少数部隊間の機動的な援護を不可能にし、身分の高い者と身分の低い者が憎み合って互いの窮地を放置し合い、軍の上部と兵卒たちの間での互いの助け合いを放棄し合い、兵卒は散り散りになって軍隊は兵力集中を行なえず、兵力を一個所に集めても全く整然としないように仕向けるのである。有利であると判断すれば行動を起こし、有利でなければ行動を開始しないのである。

敵が整然とした大軍で進行して来た場合の対処法とは、敵の最も重要とする所に進軍して、主導権を握る事である。戦闘において情勢の変化は速さを第一の要因として起こるのである。敵の不十分な部分に乗じて事を起こし、敵の注意の行き届いていない方法を取り、警戒の甘い所を一気に叩くのである。

だいたい敵国内に進行した場合には、深く進入すればそれだけで兵士たちは危機感から団結するので、この点において敵軍よりも有利となる。肥沃な土地から略奪すれば。全軍の兵糧は十分に確保できる。注意して兵士たちを養生させて疲労させず、目的を一つにまとめて鋭気を養い戦力を十分に貯え、軍を運営して敵情を把握して策謀をめぐらし、敵にはこちらの意図をうかがわせずにおいて、この状態で兵士たちを逃げ場の無い状態に追い込めば、戦死する事はあっても逃げ出す事はなくなるのである。兵士は死にもの狂いになって、持てる力のすべてを尽くして戦うのである。兵士たちは激しい恐怖に襲われると反って開き直って怖がらず、逃げ道が無ければ団結し、敵国領内深くに踏み込めば互いに戒め合って自然にまとまり、戦う以外に生き残るすべが無くなったら死にもの狂いに戦うのである。だからこそ、道義を教えなくても自分たちでまとまり、わざわざ要求しなくても自然と求める結果が得られ、約束しなくても信じ合う事ができ、規則を作らなくても誠実に従うのである。占いや予言を禁じてこちらに疑惑の念を持たれなければ、兵士たちは戦死するまで忠実に従うのである。自軍の兵士に余分な財産が無いのは、兵士たちが財産を嫌う訳ではないのである。死が近づいていても逃げ出さないのは、長生きしたくない訳ではないのである。出陣、決戦の命令が出された時には、座っている兵士の襟は涙で濡れるのであり、伏せている兵士の顎には涙が流れているのである。こうした決死の覚悟を決めた兵士を逃げ場の無い状況に追い込めば、まるで歴史上の勇者の如く戦うのである。

だから、戦闘の采配に巧みな者は、まるで率然のように軍隊を操るのである。率然とは、常山に住む蛇の事である。この蛇の頭を叩けば毒針を持つ尾が飛んで来るし、尾を叩けば頭が噛み付いて来るし、胴体を叩けば頭と尾で同時に反撃して来るのである。軍団を率然のように用いる事は可能である。宿敵の間柄である呉の国民と越の国民でも、同じ船に乗って暴風雨に遭って絶体絶命の危機に遭遇すれば、まるで一人の人間の左右の手のように互いの行動を補完し合うのである。以上の事より、軍馬を繋いで戦車の車輪を外しても、全軍を率然のように運営する事は不可能である。全員を勇者にして一つにまとめ上げるのは、将軍の普段からの軍団の指導によるものである。柔軟な戦術も剛直な戦術も十分な効果をあげるのは、地の利を生かした戦術を採っているからである。だから、巧みな采配を振るう者が、各部隊の綿密な連携を一人の人間が行なうように実現するのは、兵士全員をそうせざるを得ない状況に追い込んでいるからである。

将軍とは、冷静沈着で兵士たちには何を考えているのか悟られず、物事に公正に対処するので軍団をうまく治める事ができるのである。兵士たちに勘ぐられる事がないので、彼らは勝手に行動を起こせないのである。状況に応じて目標を変更して、策謀を図り直すので、だれにも軍団の意図を悟られないのである。わざと宿営地を変え、回り道を採るので、だれにも軍団の意図を推測されないのである。軍団を率いて決戦に臨む様は、高い所に昇らせて梯子を外すようなものであり、軍団を率いて敵国奥深く進入して、一気に戦力を投入する様は、羊の群れを追い立てるようなものである。羊の群れは追い立てられて向こうに行き、追い立てられてこちらに来るのだが、当の羊達はどこに向っているのか解っていないのである。全軍を一つにまとあげて、危険な状況に追い込むのが、総大将に求められる采配である。九種類の地形に基づく臨機応変の戦術、状況に応じて戦端を伸ばし縮める事により得られる利点、人間の心理状態の把握については、十分すぎる熟慮が必要なのである。

だいたい、敵国に進入した場合には、奥深くまで進軍すれば兵士たちの結束は固まり、国境付近では兵士の気持ちはまだばらばらである。軍団が自国を離れて国境を越えた地が、絶地である。絶地においては、四方が諸侯に通じている地が衢地であり、敵国領内深く進入した地が重地であり、進入が浅い地が軽地であり、後方は険しい地形に囲まれ前方の抜け道は狭い地が囲地であり、後ろには逃げ道はなく前方に敵を迎える事になる地が死地である。逃げ道が無い状況を作り出す地が、窮地である。だからこそ、散地では自軍の兵士の志を一つにまとめ上げるのである。軽地では敵に見付からないように密かに進軍するのである。争地では迂直の計を用いて敵よりも先に占拠しなければいけないのである。交地では部隊間の指揮系統を確保して軍全体の連携を強化するのである。衢地では諸侯を少しでも自軍に有利に動かす事に細心の注意を払うのである。重地には兵糧を調達して十分に確保しておくのである。泛地では進軍を急いで速やかにこの地を通過するのである。囲地ではわざと逃げ道をふさいで逃げ道を無くすのである。死地では兵士たちに決死の覚悟で勇戦力闘させるのである。

だから、諸侯の行動状況は、敵が遠ければ自国領内に侵入されないように防衛線を張り、やむを得ないから全軍を持って総力戦の決戦に出るのであり、敵の攻撃を塞いで戦力を削げば敵に反撃し追撃に入るのである。以上の事から、諸侯の策謀を探り得なければ、前もって外交活動で諸侯を動かす事は不可能である。山林、要害の地、湿地帯の地形が把握できていなければ、作戦通りに目的地まで進軍する事は不可能である。地元の道案内を雇わなければ、地の利を得る事は不可能である。以上の事のたった一つでも理解し得ない事があれば、覇者たる軍団として存在できないのである。

この覇者の軍団は、大国を討伐すれば、敵国の兵士は恐れて招集を拒むので自然と敵の兵力は足りなくなり、敵国を威圧すれば、他国は恐れて自然と敵国は孤立するのである。だからこそ、諸侯と対等な外交交渉をする必要が無く、諸侯を抱込んで自国の権力を強固にする必要が無く、自国が思う所を述べれば、敵には自然に圧力がかかるのである。だから、容易に敵国を打ち破れるのであり、容易に敵城を攻略できるのである。

法令にもないような大きな褒賞を与えてやり、前例が無いような厳しい命令を与えてやれば、全軍を操っても、まるで一人の人間のように操る事が可能となるのである。兵士たちを操るのには、ただ仕事を与えて迅速に行動させるのであり、わざわざ詳細な説明をして兵士たちに余計な事を考えさせてはならない。兵士たちを操るのには、現状の不利さを強調するのであり、有利である事を諭して兵士の緊張を解いてはならない。軍団を滅亡の地に置いて、始めて軍団が生き長らえるのであり、兵士たちを死地に追い込んで、始めて兵士たちは生き残るのである。軍団とは後が無い状態に追い込まれて、始めて決死の覚悟で戦うのである。

戦闘状態に入るには、敵の意図に沿って行動すれば良いのである。敵の動静に合わせて戦場を決定し、遠く千里の地において敵将を倒す事を、巧みな戦術と言うのである。以上の事から、戦争が決定されれば、関所を閉じて通行符を無効にし、他国の使者を通す事も無く、厳格に軍議を開き、戦争における戦術を策定するのである。敵がおびき寄せれば、それに従って敵国に侵入して、敵の急所に先回りして、敵軍を補足し、こちらの状況を隠したまま敵の隙に乗じて、一気に決戦に出るのである。だからこそ、始めは処女のように装い、敵軍の油断に乗じて、後は兎が逃げるように一気に進攻するので、敵はすでに塞ぎようがないのである。

(人間は誰しも自分より愛しいものはないのに、逃げ出さずに戦場に向かうのはなぜか。それは逃げれば死刑となり、家族も罪に連座させられるからである。近年、軍事兵器雑誌やマニアは多いが、この篇を一度でも読んだことがあれば、どうして兵器など好きになることができよう。被害を受ける民間人も悲惨だが、兵士たちの心中も悲惨なのである。これが戦争の本質である。)


]U 火攻篇


火攻めの意図は五種類に分けられるのである。第一に敵兵を焼き殺す事であり、第二に軍需物資を焼き尽くす事であり、第三に輸送部隊を焼き払う事であり、第四に軍需物資の集積地を焼き尽くす事であり、第五に敵部隊の行動を妨害するために交通路を焼き払うのである。

火攻めを行なうには必要な条件があり、実行するには平時から道具を準備していなければならない。火攻めには適した状態があり、適した日時がある。火攻めに適した状態とは乾燥している事であり、適した日時とは月がある特定の場所に入る日時である。月がこの場所にある時が風が強い日時だからである。

火攻めには五種類の臨機応変の戦法がある。第一に敵内に火が上がればいち早くそれに答えて外から攻め込むのである。第二に敵内に火が上がっても敵兵が静かであれば、待機して攻め込まずに、火の威力を見極めてから、攻め込むのかどうか決めるのである。第三に敵の外から火攻めをできれば、敵内から上がるのを待つのではなく、乾燥した状態であれば外から火を放って、火攻めを行なうのである。第四に、火が風上から上がれば、風下から敵を攻撃してはならない。第五に昼間の風は持続していれば、その日の夜には風が止むのでこの点に留意して火攻めを行なう。戦闘においては五種類の臨機応変の火攻めの戦法を理解して、持てる技術を駆使して実践するのである。

だから、火攻めで攻撃を支援すれば効果は明らかにあがり、水攻めで攻撃を支援すれば効果は強力である。しかし、水攻めは敵を分断し孤立させる事が目的であり、敵戦力を直接奪う目的で行う訳ではない。

戦闘に勝利してその戦場一帯の地を占領できても、それによって得られるはずの本来の戦果を確保できなければ無意味な戦闘をしただけに過ぎないのである。これを費留という。

だから、名君はこの事に十分な熟慮を加え、将軍は費留に終わらないように戦闘後に戦果を確保するのである。有利でなければ敢えて動かず、戦果を得られない作戦は採用せず、状況が危険でなければ戦闘を行なわないのである。

君主は一時の怒りで戦争を起こしてはならず、将軍は一時の憤りで戦闘を開始してはいけない。有利であれば行動し、有利でなければ行動を止めるだけである。怒りの感情も時間が経てば喜びの感情に変わる事が可能であり、憤りの感情も時間が経てば気楽な感情に変わる事が可能であるが、一度国が滅びたらどれだけ時間が経ってもその国はもう存在していないし、一度人が死んだらどれだけ時間が経過してもその人は生き返っている事はない。だから、名君は軽々しく戦争を起こさないように慎重に事を行い、将軍は軽々しく戦闘を起こさないように自ら戒めるのである。これが国を安全に導き、軍団の兵力を保持する原則である。

(火計はオーソドックスだが、強力である。構造物を破壊し、人を焼き殺すだけでなく、敵の心理には恐怖を煽り、自軍の心理には有利を確信させるからである。しかし取り返しのつかない作戦だから、戦果が得られないような火計をしてはならず、怒りや憎悪にまかせて行動しないよう、慎重にならねばならない。)


]V 用間篇


十万の軍団を興して千里の彼方まで遠征すれば、百姓の貯え及び国家の資金は一日に千金という大金を費やす事が必要となり、その負担で家の内でも外でも騒がしく働かねばならず、荒れた道路の補修などで日常の労働に付く事ができない家族が七十万家にまで数えら上げられるのである。この有り様が数年続いた後に、たった一日の決戦で勝敗が決まるのである。それなのに、たかが百金の費用を惜しんで敵の情報の収集を怠る者は、民や国家の苦しみの全く解らない仁義の心が無い人間なのである。人民を治める将軍たりえる人間ではないのである。君主を補佐するだけの知力の無い浅はかな人間なのである。勝利を制する事ができない無能な人間なのである。

だから、明君や知将の、行動を起こせば必ず敵を破り、人には真似できない成功を治めるのは、すべて先見の明なのである。先見の明を持つ者は、神や仏に祈って得られるものではなく、見かけの現象と今までの経験から得られるものではなく、占いによって得られるものではなく、必ず人を使って情報を得ているのである。

だから、間者を使うのには五種類の使用法がある。第一に郷間がある。第二に内間がある。第三に反間がある。第四に死間がある。第五に生間がある。この五種類の間者を同時に使っていても、誰もその事に気付かない様にできるのが、間者を用いる達人なのである。この達人は国の宝と言っても良い。

郷間とは、その地に住む人間を使った間者である。内間とは、敵国の役人を買収して得る事のできる間者である。反間とは、敵の間者を寝返らせてできた間者である。死間とは、全く偽りの情報を外部に流しす間者で、他の味方の間者と共に敵国内でその情報を広めて、こちらの望む行動を敵自ら取らせようとするのである。生間とは、敵に潜伏しておいて生きて情報を持ち帰る間者である。

だから、全軍の中で総大将と最も親しい者とは、間者以外の人間ではないのであり、褒美も間者よりも重く褒賞される者はいなのであり、すべての物事に対して間者よりも隠さなければならない事はないのである。

洞察力に優れていなければ情報の真偽が判らないから間者を扱う事はできないのである。仁義がなければ情報の大切さも判らないから大金を叩いて間者を扱う事はできないのである。微妙な配慮ができなければ確実な情報収集ができずに敵に悟られてしまうから間者を扱う事はできないのである。間者は常に秘匿であり、その間者を使わない所などはないのである。

こちらの間者の情報が未然に流れれば、その任務に当たった間者とその情報をもたらせた者を全員殺すのである。

だいたい、軍勢を挙げて敵軍を撃破しようとしても、敵城を攻め落とそうとしても、ある特定の人間を取り除こうとしても、先ず始めにその左右の人間の姓名をすべて挙げ、間者を放ってそれらの人々の情報をこと細かに集めなければならない。

常に敵の間者を探し続け、もしも間者がこちらの情報を探りに来たのならば、こちらから近づいて求める物を与えて、寝返らせるのである。だから反間はこちらから求め得て、使うのである。

反間によって敵情が解る。だから、郷間も内間も求め得て使う事ができるのである。反間によって敵の反応が分かる。だから、死間も偽りの情報を流し、敵に効果的に伝える事ができるのである。反間によって敵情を流す事ができる。だから、生間も計画通りに情報を得て自国に帰れるのである。五種類の間者の運用により、敵情を収集できるのであるが、一番の要は反間である。だから、反間は厚く持て成さなければならない。

殷王朝が夏王朝を滅ぼして天下を取った時には、知者伊尹が夏王朝の内情を知っていた。周王朝が殷王朝を滅ぼして天下を取った時には、知者太公望が殷王朝の内情を知っていた。唯一明君や知将のみが、知者を間者として使って、大成功を収めたのである。これが戦争の最重要点であって、軍隊はこの情報を基に作戦を立てて戦闘を行なうのである。

(情報戦は、武力戦に優先する。武力は、情報操作によって封じることができるからである。軍事を起こすとき、まず必要なのが情報であり、最も重要なのも情報である。情報は人間を通じて収集伝達されるから、スパイが最重要項目となる。最重要項目を最終篇に持ってくるということは、十三編中、無駄なものは一つもないという意思の表れだろうか。)


(現代では空海軍にミサイルや核という、設備があれば人間不要の大量破壊兵器が戦争の命運を握っています。それも決着は一瞬でつくでしょう。ですから現代の戦争にこの孫子兵法を適用する場合は、核と速攻と条約と国連とを前提にして修正する必要があります。また二度の大戦の教訓から、世界各国が「自国からは攻めないが、攻撃されたら反撃する」という内容の憲法を設定しているという流れも読むべきでしょう。)

孫臏 そんぴん

中国戦国時代の斉の武将で、兵家の代表的人物の一人。彼の生まれる百数十年前に没した孫武の子孫であると言われ、孫武と同じく孫子と呼ばれる。孫臏は孫武と同じく兵法書を著したが、1972年に山東省で孫臏の著した兵法書の竹簡が発掘されたことにより、『孫子』は孫武が著した事が証明され、この新出土の兵法書は『孫臏兵法』を名づけられた。
魏の龐涓(ほうけん)と斉の孫臏(そんぴん)。彼らは同門で兵法を学んだ仲で、成績は常に孫臏が優れていた。龐涓は自分より優れている孫臏の存在を恐れ、魏に孫臏を呼び寄せて罪をかぶせて、両足切断の刑に処し、顔に罪人の入れ墨をさせた。孫臏を咎者とすることで登用に際して自分と競合しないように謀ったのである。臏とは「足切り」のことで、孫臏は「足切りの孫」という呼び名だという。孫臏は魏で捕らえられ、あわやそのまま一生を終えるかというところを、偶然にも斉の使者の目にとまり、助力を得て脱出して斉に仕える。龐涓の思惑は外れて、孫臏は軍師に登用されて世に現れることになり、しかも両者は敵対関係となる。孫臏の心の中には龐涓への復讐の炎が燃えていた。

魏の龐涓が趙を攻めたとき、趙は斉に援軍を求めた。斉の孫臏はこれについて進言して言うに「趙・魏の兵がまだ疲弊してもいないときに、趙を援けるのはよくありません。たとえば糸のもつれを解くにも、無闇に引っ張ったりはしないものです。ケンカの仲裁も、やみくもに殴り合いに加わっては、上手くおさめることが出来ません。相手の虚を突いてこそ、自然に形勢が有利になるのです。いま、魏は趙との戦いに精鋭部隊を全て投入し、国もとには老弱な軍しか残っていません。このさい、手薄になっている魏のみやこ大梁を一挙に突くことです。さすれば魏は、かならずや趙の包囲を解いて、大梁に軍を返しましょう。魏に趙の包囲を解かせるとともに、魏を奔走させて疲弊させる一石二鳥の策であります。そこで疲れた魏軍を討てば、よりいっそうの大利と尊名を得ることができましょう」、かくして採用される。魏の龐涓は趙を攻め、五戦五勝する(桂陵の戦い)が、満を持して斉が趙ではなく魏へ攻めてくるだろうと読んでいたので、斉の動向を見ながら慎重に兵を進めていた。斉は趙の軍行逼迫するを見て、孫臏の「魏を囲んで趙を救う」策通り、趙ではなく魏へと兵を進める。魏の龐涓は趙攻撃を中断し、転じて斉軍にあたる。あらかじめ用心していたので、撤退はスムーズだった。しかしすでに軍を到着させて鋭気を養っていた斉軍には勝てず、魏は趙を攻め落とすこともできずに大敗した。

その13年後、魏は今度は大軍で韓の国に攻め込んだ。やはり韓から救援の要請を受けた斉は、ふたたび魏の大梁へと進攻。魏の龐涓は、同じ手は二度と食わぬとばかり軍を返すと、こんどは斉の後方に回って追撃態勢にはいった。これはまずいと思った時、孫臏は進言して言うに「魏の兵士は、元より命知らずで、わが斉軍を腰抜けと見くびっています。まことのいくさ上手は、的の勢いを逆用するものです。兵法にも、利につられて深追いすること100里ならば将を失い、50里ならば兵の半ばを失うとあります。わが軍の宿営地につくるカマドの数を、今日は10万、明日は5万、その翌日は3万と、次第に減らして、脱走兵が相次いでいるかのように見せかけてみましょう」
その後、孫臏は、全力で魏軍から逃走したときに龐涓の騎兵に追いつかれる場所と時間を計算し、そこに「龐涓この樹の下で死せん」と書いた札を立てさせて、そこに弩兵を伏せて「灯がともったらそこへ矢を射るように」と命じた。孫臏は斉軍の陣営のかまどの数を次第に減らしながら兵を動かして脱走兵が相次いだかのように偽装し(増兵減竈の計)、兵法に通じた龐涓の自尊心を利用して油断させた。策にはまった龐涓は「斉軍が腰抜けだとは聞いていたが、我が領内に入ってまだ三日そこそこだというのに、もう半数以上者兵士が逃走するとはひどものだ」と言って、歩兵部隊を後に残し、軽兵のみをもって、夜闇に紛れて逃げ出そうとする孫臏軍に追撃を図って深追いし、伏兵に適した馬陵の険阻地に誘い込まれ、ここで例の立て札を見つけたので灯を点したところ、弩兵が明かりめがけて弩を打ち込んだので、その矢に当たって戦死。将軍を失った龐涓軍は混乱し、そこへ飛び出した孫臏の伏兵に撃たれて惨敗した(馬陵の戦い B.C.341)。龐涓は死の間際に、「ついにあやつに名遂げさせてしまったか」と言ったそうだ。この勝利により、兵家孫臏の名は天下に響いた。


(怨恨ありといえども、恐ろしいまでの読みと感情操作である。普通の人ならば、龐涓が兵法に長けているという情報からして、釜戸の数を減らしながら兵を逃がせば「あれは妖しい、なにかたくらんでいるな」と見破られるのではないかと畏れて行わないであろう。ところが孫臏はさらに見抜いて龐涓の心を操作していたのだ。六韜には「善く戦う者は、利を見て失わず、時に遇いて疑わず」とあるから、龐涓にすればこの機を逃すべきではないから疑わずに攻めるべきなのであるが、相手が自分より優れた恐るべき兵法家であるのだから、それでもやはり疑っただろう。孫臏の計略ではないか、と。だが龐涓は攻めた。おそらくそれが計略ではないという確信を持たせるために、孫臏がもう一計案じていたはずだ。孫臏の指揮が厳しすぎて兵が死の恐怖におびえているとか、後方の険阻地に伏兵は居なかったという情報を間者を買収して前もって流させるなどである。ただの自然発生的状況以上に自然に見えなければ、龐涓といえどもどうして攻めてしかも深追いしたりするだろうか。前もって明かりがついたら矢を射るよう指示しておいて札を設置するなど、日時や心理までも読み抜いた恐ろしい復讐方法である。龐涓はなぜ孫臏と供に仕官せずに、孫臏を裏切ったのか。裏切られて獄中にある孫臏に、なぜとどめを刺さなかったのか。孫臏の才が計算尽くで抜け目を微塵も感じさせないのに対して、龐涓の才はどうも詰めが甘いのである。龐涓が勝つには、大軍と偽って孫臏と対峙を続け、本隊で以てがら空きの斉の本国を攻めると見せかけて、孫臏の攻撃を誘い出すなどの策略が必要だったのであろう。もしこれを孫臏が見破ったとすれば、龐涓はすでに情報戦で負けていたのだ。またこの話が史実ならば、孫臏は人間としてもう一つ教訓を与えてくれている。隙の無さ過ぎる人間は、周囲にむやみに恐怖感を与える、ということだ。もし孫臏にも簡雍のような”敢えてする放漫さ”があったなら、歴史はどう変化しただろうか。)




以上以下-鋭意執筆/簡単明快化中 引用-参考文献 −諸子百家 浅野裕一−