はしご湯のすすめ栃木県の温泉


上塩原温泉 まじま荘 上塩原温泉 まじま荘

那須塩原市上塩原580
0287-32-4162
10時〜15時→20時
500円

訪問:05年6月



リニュアル後の「湯巡り手形」になって加盟したお宿です。湯巡り手形が発売当初は加盟していなかったお宿と記憶しています。新しめで奇麗な建物で一般受けしそうな外観。「立ち寄り入浴」などと案内を掲げた看板が目に付きます。

この奇麗な建物の隣には以前に宿として使われていたと思われるこじんまりした建物がありました。立ち寄り料金は手形利用だと250円也。男女別に内湯&露天風呂を完備しています。脱衣所入口横の壁に温泉分析書を掲示しています。どうやら、源泉はお宿独自で利用しているようです。内湯には大浴場・歩行浴槽・ジャグジーなどを揃えており、少しばかり落ち着きません。25人以上は入れる広さの大浴場はジェットバス2本が作動中。湯口付近にてしばし湯浴み。無色透明の湯ですが、若干に湯の表面が白っぽく見えます。源泉と思われる湯口の湯を口に含んでみると、僅かに塩味。内湯からガラス戸ひとつで露天風呂へ行けます。屋根つきの岩風呂といった造りです。

ガラス戸から露天浴槽までは敷石の上を歩いて行きます。浴槽温度は約44℃はあると思われ熱めです。源泉温度が高いので少量のみの投入です。浴槽縁からのオーバーフロー。こちらも湯面がやや白っぽく見えます。湯の鮮度は露天風呂の方が断然に良く気に入りました。
(05年6月)

(三昧)



「みかえりの郷」あたりを塩原温泉郷の入口とすると、結構奥の方に位置する「まじま荘」です。旅館が密集する温泉街からは少し離れ、周囲を田圃と緑に囲まれた長閑な立地。中規模の一般的な温泉旅館といった佇まいです。訪問時は宿泊客のチェックアウト後だった為か、館内には他にお客さんの姿は見あたりません。受付けにて元気の良い女将さん?に出迎えられました。

女性浴室は、いかにも温泉旅館の「大浴場」といった造りで、脱衣所からして広々。なんだか独りで利用するのが寂しく思える程です。脱衣所を抜けると、まずは内湯です。こちらも脱衣所同様広々で、15〜20人入られそうなメイン浴槽をはじめ、2人用のジャグジー寝湯、深さのある歩行湯と盛り沢山。湯口で熱めの湯が投入され、浴槽内で適温、ほんのり薄白濁りのほぼ無色透明、キシむ浴感の湯です。

続く露天風呂は4〜5人サイズの石造り。浴槽上と中より湯が投入され、内湯よりやや熱い湯温となっていました。こちらは内湯と比べ随分とスベスベ感がある心地よい湯です。周囲を木々に囲まれ、蝉時雨をBGMにのんびりと湯浴みができました。「まじま荘」では断然、露天風呂の方が好きです。
(05年6月)

(まぐぞー)




男性内湯


別の角度から


男性露天風呂



露天風呂槽


女性内湯


一部は歩行湯



女性露天風呂


露天風呂湯口


館内


真島源泉 ナトリウムー塩化物泉 60.5℃ pH=7.6 溶存物質計=1109mg Na=302.2mg K=4.0 Ca=31.3 Mg=2.9 Mn=0.1 Fe2=0.3 F=1.5 Cl=381.8 SO4=89.6 HCO3=164.8 HS=0.2 HAsO2=0.8 H2SiO3=96.3 HBO2=32.9 (H3.12.17)


はしご湯のすすめ栃木県の温泉