はしご湯のすすめ青森県の温泉


桜ヶ丘温泉
桜ヶ丘温泉

弘前市大字桜ケ丘4丁目2-3
TEL(0172)88-0500
10時〜22時/350円/定休日要問合せ

訪問:04年7月、09年5月

桜ヶ丘源泉/ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉/41.2℃ pH=8.4 110L/min 成分総計=1577mg Na=497.0mg(96.73v%) K=9.9 NH4=0.9 Mg=2.4 Ca=4.7 F=0.2 Cl=560.0(69.43) Br=1.2 I=0.1 SO4=56.0 HPO4=0.4 HCO3=350.0(25.29) H2SiO3=81.6 HBO2=12.1 (S58.8.31)


住宅街にある温泉公衆浴場です。数年前の訪問では迷いに迷ってようやく到着しましたが、今回は迷いもせずに着く事ができました。住宅街のなかの三角屋根の建物が目印で、すぐ隣には幼稚園がある立地です。

浴室に入ると洗い場がドーンと広がっています。その奥に公衆浴場にしては、少し小さく思えてしまう浴槽があります。6-7人サイズと言ったところでしょうか。青タイル張り浴槽の内湯が一つのみあります。縁からの溢れ出しがすぐに目の入るので楽しくなってしまいます。お湯は灰白色の半濁、甘みのあるダシ塩味。タマゴ臭がプーンと香り、それを口に含むと独特のエグ味があります。湯温は42℃に調整、つるつる浴感も重なって浸かりやすく心地良い浴感のお湯です。
(04年7月、09年5月

(三昧)


弘前の住宅地にある温泉浴場です。青森県によくあるドーンと大きな公衆浴場ものではなく、こぢんまりとした銭湯タイプ。約5年ぶりの再訪ですが、外観、館内ともに特に変わった印象はありませんでした。

脱衣所を抜けると先ずはカランの並ぶ洗い場があり、浴室の一番奥に6人程入られるホームベースのような変形浴槽がひとつ、その隣には打たせ湯もあります。浴槽の角からジャボジャボ投入される湯は、浴槽内で薄い灰白濁り、黒いときタマゴ状の湯花も少しばかり舞います。また、浴槽内にも数本の水流があり、これがジェット浴のかわりなのか、浴槽内投入湯なのかは謎。湯口より一口含むとダシ甘塩焦げタマゴ味、そしてプーンと焦げ硫黄臭。やや熱めで塩分があり、短時間の入浴でもグッタリするほどの温まり度。久し振りの訪問でしたが、前回同様、焦げ硫黄の心地よい香りが印象に残りました。

浴後には冷えたリンゴジュースをいただき、これがとても嬉しかったー。
(04年7月、09年5月

(まぐぞー)



女性浴室


男性浴槽


頂戴したリンゴジュース


はしご湯のすすめ青森県の温泉