はしご湯のすすめ宮城県の温泉


中山平温泉 旅館三之亟湯 中山平温泉 旅館三之亟湯

大崎市鳴子温泉字星沼77-53
TEL(0229)87-2120
旅館三之亟湯HP
10時〜20時/500円

訪問:05年5月

今野源泉
ナトリウム-炭酸水素塩泉
63.0℃ pH=6.9 溶存物質計=2031.0mg
Li=0.2mg Na=509.2(95.64mv%) K=4.7 NH4=0.3 Mg=0.4 Ca=16.3 Sr=0.1 Fe2=0.2 F=0.7
Cl=8.4 HS=0.1 SO4=19.7 HCO3=1383(97.05) H2SiO3=85.1HBO2=2.6 CO2=158.7
(S63.5.11)


JR中山平温泉駅の線路を跨いだ反対側にあるお宿です。湯めぐりシールを利用しての訪問です。立ち寄り開始時間の直後に寄らせていただきました。食事つきの入湯休憩も営業しているらしく、メニューも豊富。

男女別の浴室はタイル張りのシンプルな内湯が一つあり。ガラス張りの浴室は明るく、こじんまりした庭園?を見ながらの湯浴みです。5人ほどが浸かれる広さの変形五角形浴槽は清掃が行き届いて清潔なもの。隅っこにある木箱風の湯口からは10L/minほどの源泉が浴槽へ投入の掛け流し。源泉が熱いのでドバドバと投入できないのがつらい。無色透明、とろみのある湯は肌触りがやさしいスベスベ感。なにかの甘ったるい変わった臭いもする。分析書によるとかなり純粋な重曹泉である。
(05年5月)

(三昧)



こざっぱりとした小さなお宿「三之亟」です。館内はキチッと整頓され、そして明るい雰囲気。館内の窓からは中山平温泉駅に置かれたSLも眺められます。

女性浴室はこじんまりとしたもので、2〜3人入られる御影石で縁取りされたタイル浴槽がひとつあります。木箱のような湯口から流し込まれる湯は無色透明。投入時点で熱め、浴槽内で適温。ツルスベとした湯は、特に味や臭いは無し。露天風呂こそありませんが、窓が大きくとられ、庭木の石楠花や桜を眺めながら湯浴みができます。備品はシャンプー、ボディソープ、ドライヤー。浴室は清潔で、気持ち良く利用できました。

湯上り後は玄関近くに置かれていた水槽を見学。沢山のディスカスが飼育され、繁殖にも成功しているみたい。
(05年5月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


湯口(女性)


はしご湯のすすめ宮城県の温泉