はしご湯のすすめ大分県の温泉


別府温泉 錦栄温泉 別府温泉 錦栄温泉

別府市光町20
6時30分〜10時、15時〜23時
100円

訪問:05年3月、08年1月

浜脇温泉(雲泉寺タンク)
アルカリ性単純温泉(Na-HCO3・Cl)
64.6℃(使用位置) pH=8.5 溶存物質計=749mg
Li=1.4mg Na=170.0(80.24mv%) K=17.6 Mg=5.0 Ca=15.1 Zn=0.2 F=0.6
Cl=140.0(41.23) Br=0.2 SO4=52.6 HCO3=0.3 HCO3=260.0(44.47)
CO3=6.2 NO3=1.1 OH=0.1 HBO2=10.2 H2SiO3=67.9 CO2=1.4
(H7.4.14)

※加水あり


錦栄温泉は地域公民館にある共同浴場です。夕方の入浴タイムに訪問だったので地元民で賑わっていました。観光客らしき方は見受けられずただ自分のひとりだけです。短時間のみちょっとだけお邪魔させていただきました。

脱衣所と浴室が一体型の別府では定番のスタイルの共同浴場です。四角形の青タイル張り浴槽は6-7人サイズです。賑わっていましたが投入量が多めなので湯汚れがありません。残念ながら写真も撮れませんでした。無色透明で弱キシ浴感、ほぼ無味無臭の湯。そのお湯がドンドン掛け流されていて満足できます。仕事終わりに毎日毎日このようなお湯に100円で浸かることができる別府市民が羨ましいです。
(08年1月)

(三昧)



温泉道加入の共同浴場。下町風情漂う住宅街にあり、まさに御近所の生活湯。訪問時は夕方だった為、結構混雑していたので「別の日にしよう」と帰ろうとした所を受付の御主人に目撃され、「入っていきな!入って行きな!全然混んでないから入って行きな」と強引にすすめられた。中へ入ってみると、やっぱり混んでいた。

女性浴室には軽く5-6人程入られそうな浴槽がひとつ。やや熱め、ほぼ無色透明無臭の湯が流し込まれている。と、同時にジャカジャカ加水。おかげで熱湯を気にする事なく湯浴みができた。楽しそうに賑わう御夫人達は皆気さくで、臨時入浴の私を「ここのお風呂、熱くてビックリしたでしょ?」「そこの水の所は丁度いいわよ」と、いろいろ気に掛けてくださる。それにしても「錦栄」とは、何て読むんだろう?気になって聞いてみたところ「にしき温泉」と言っていたけど・・本当?
(05年3月)

(まぐぞー)


※混んでいたので浴室の画像なし


はしご湯のすすめ大分県の温泉