はしご湯のすすめ山形県の温泉


銀山温泉 大湯共同浴場 銀山温泉 大湯共同浴場

尾花沢市大字銀山新畑字南515
8時〜21時
200円(宿泊客は無料)

訪問:00年1月、06年12月



銀山温泉の共同浴場の一つです。冬期のおかげで観光客が少なく温泉街や各施設、共同浴場のお客さんもスッキリしています。大湯は無人の共同浴場となっており、利用者各々が料金箱に支払う仕組みです。

湯気こもりの浴室、御影石の浴槽縁で4-5人サイズのタイル張り長方形浴槽が一つあります。共同浴場そのまんまの浴場内はシャワーなどは一切なく、湯桶と椅子が備品。先客は居らず浴場空間を一人で満喫。

無色透明、銀山温泉特有の焦げタマゴ臭のする46℃の熱めの湯が掛け流しされています。湯口では61℃もある源泉そのものであり、表示の「加水あり」とは利用者がホースにより加水する、と言うものなのでしょう。利用客が少ないせいか、湯の鮮度は良好、熱めでキリッと身が締まる感覚がします。飲んでみるとほんのりタマゴ風味感じる美味しい湯。
(06年12月)

(三昧)



銀山温泉の中ほどに建つ大湯共同浴場へ数年ぶりに再訪問しました。この共同浴場は、重厚な温泉街の景観に溶け込むような造りですが、妙に馴染み過ぎているので、ボーっと歩いていると見過ごしてしまうかもしれません。

浴場内には男女別に内湯がひとつづつ。宿泊客は無料ですが、そうでない場合は料金箱に湯浴み料を入れます。女性浴室には5人サイズの長方形浴槽がひとつ。湯口より熱い源泉が投入され、浴槽内でも47℃と、かなりの熱湯となっています。加水用のホースもありましたが頑張って湯揉みをし、なんとか浸かる事ができました。

浴室内には焦げタマゴ臭が漂い、一口含むと弱塩ダシタマゴ味。ツルツルよした浴感の湯はほぼ無色透明。浴槽温度から察すると、しばらく利用者がいなかった様子で湯の鮮度は良好、今回数軒巡った銀山温泉の中では、ここが一番湯の状態が良い印象でした。
(06年12月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


湯口


協組2号・3号・4号源泉 含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(硫化水素型) 60.6℃ pH=6.8 溶存物質計=2293mg Li=0.6mg Na=621.5 K=54.5 Ca=89.5 Mn=0.7 F=3.1 Cl=805.6 Br=2.1 I=0.5 HS=3.0 SO4=336.0 HPO4=2.9 HCO3=174.9 CO2=46.5 H2S=5.4 H2SiO3=111.5 HBO2=80.7 (H13.10.25) ※高温源泉のため加水あり


はしご湯のすすめ山形県の温泉