はしご湯のすすめ山形県の温泉


肘折温泉 河原湯 肘折温泉 河原湯

(問い合わせ先)肘折共同浴場管理委員会
TEL(0233)34-6106
大蔵村HP
8時〜18時/200円

組合3号源泉
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
73.5℃ pH=6.7 溶存物質計=3612mg
Li=2.2mg Na=948.4 K=86.1 Mg=27.7 Ca=106.7 F=0.3 Cl=1178 Br=1.3 I=0.3 SO4=229.3
HPO4=1.5 HCO3=753.5 CO3=0.3 CO2=252.2 H2SiO3=228.9 HBO2=47.2 HAsO=0.8
(H15.10.31)


肘折にある共同浴場の一つです。地域住民だけではなく一般観光客にも開放しています。近所の方に入湯した旨を申し出て料金を支払うと共同浴場の鍵を開けてくれる仕組み。当日は近くのこけし屋さんに申し出て鍵を開けて頂きました。11月半ばともなると雪対策で浴場入口周辺は囲いがしてあり、もうじき本格的に降り出す雪に備えていた。

浴場は男女別、3人入ればいっぱいの大きさの浴槽が一つポツンとあるのみ。浴室底や浴槽縁には温泉成分の析出物で赤茶色に変色している、また所々には成分が堆積して層になっています。浴槽湯は無色で貝汁のような表面が微白っぽい。塩ビ管より源泉6L/minの投入。湯口では金気、薄塩甘味に炭酸味を感じる事ができます。ただ浴槽内温度は44℃と熱い。
(04年11月)

(三昧)



肘折温泉「いでゆ館」寄りにある小さな無人の共同浴場です。普段はオートロックで施錠され、入浴の際、近所の人に鍵を開けてもらいます(料金はこの時支払う)。浴室は男女別で、3人程入られるコンクリート浴槽がひとつ。パイプより熱めの湯が投入、同時に隣にある蛇口より少しばかりの水が流し込まれていました。湯はやや鉄味を帯びた薄濁り。スベッとした浴感と少しばかりのトロミ。口に含むとトロミのある薄甘塩鉄炭酸味。湯の成分で浴槽は鉄錆色に色付いています。湯温が熱いので長湯出来ないのが辛いとこ。
(04年11月)

(まぐぞー)




男性浴室



湯口



女性浴室


はしご湯のすすめ山形県の温泉