はしご湯のすすめ山形県の温泉


松山温泉 観音湯
松山温泉 観音湯

山形県飽海郡松山町成興野須郷1-8
9時〜21時
400円

訪問:02年7月



飽海郡松山町にある温泉宿。宿泊主体の御宿のようですが、日帰り客も結構多く、立ち寄り施設のような雰囲気もあります。とにかく地元お年寄りの日帰り客がメチャメチャ多かった。(特にお婆ちゃん)浴場にもロビーにもお婆ちゃんが一杯。どこかに休憩室があるらしく、私が風呂場から出るのと入れ違いに10人位お婆ちゃんが列になって浴場へ入って行く光景は圧巻だった。後でこっそり男湯を覗いてみたら(スマヌ^^;)、こちらは誰もいませんでした。お湯は観音源泉という、御宿から約1キロメートル山の中で自然湧出している14度の鉱泉を加熱したもの。色は無色透明。クセの無い柔らかな浴感です。飲泉も出来、パンフレットには「万病の家庭薬として住民に利用されていた」と書かれています。ここは浴室からの眺めが大変素晴らしく、庄内平野と最上川の雄大な流れが見渡せ、5基の風車も良く見えます。海原や渓谷を見渡せる所は時々ありますが、平野をここまで広々と見渡せる温泉に出会ったのは初めてだったので、最初浴室に入った時は、思わず「おおっーっ」と声をあげてしまいました。

御宿の中には屋内ゲートボール場、御宿の外には松山長寿観音(「水島ぁぁーっ」という声が聞こえてきそうなミャンマー出身のエキゾチックな観音様)があり、とにかくお年寄り心をくすぐる御宿なのであります。
(02年7月)

(まぐぞー)





蛇行して見えるのが最上川
こちらの露天風呂からの眺めは
さらに素晴らしかった



はしご湯のすすめ山形県の温泉