ホームへ戻る山形県リストへ戻る


野口温泉
【戸沢村いきいきランド
ぽんぽ館】

最上郡戸沢村大字松坂字野口155
TEL(0233)72-3600
ぽんぽ館HP

立寄り時間
9時〜21時(20時30分まで受付)
350円/第2、4水曜日休館
その他別料金で砂風呂、プールゾーン、休憩室など有り
野口温泉
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
69.7℃ pH=8.3
溶存物質計=6227mg
Li=0.2mg
Na=1975(99.16mv%) K=11.8
Mg=1.1 Ca=6.3 F=3.7
Cl=1770(55.37) Br=7.3
I=1.2 HCO3=2365(42.99)
CO3=35.7 H2SiO3=27.0
HBO2=22.6 CO2=19.9




こんな豪華な日帰り温泉施設がこんな所にどうしてあるの?というのが第一印象の正直な感想です。とにかく施設規模やら館内やら、当然お風呂も全て立派な造りとなっています。こういった豪華施設はやはり公営でした。

お風呂は大浴場・薬湯・砂湯があります。浴室もパッと見は都心のこじゃれたホテルの浴室にも見えなくもないほど。大浴場のぽんぽ湯は変形型浴槽で25人は入れる大きいもの。中央の湯口から源泉らしき湯が溢れ出ています。浴槽内で湯に浸かっていると体が右に左にゆらゆらと揺れてしまいます。あまりにも強力な流れが浴槽内に出来ていて、極弱い流れるプール状態でした。湯は無色透明、塩味、とろみ感。循環で利用。ぽんぽ湯から薬湯へ移動する廊下通路はコンクリ打ち放しで独特な臭いが漂う。薬湯・砂湯は興味ないので入湯せず。また二階には水着で楽しめるプールなどがあり子供連れ、家族連れ客には楽しめそうな施設が揃っている。
(04年11月)

(三昧)



国道47号線から羽根沢温泉へと向う58号線沿い、田畑の広がる景色の中、突如暗闇に浮かび上がる立派な温泉施設「いきいきランドぽんぽ館」です。以前拝見した温泉評論家郡司勇氏のレポで「セメント臭のする湯」と書かれていたのが記憶に残り訪問してみる事にしました。

ぽんぽ館は大変立派な建物で、受付ホールも広々。男女別の浴場には脱衣所(ロッカー無料)の他、独立したパウダールーム(ドライヤー付)もあります。浴室には個々に仕切られたカランスペース(シャンプー、ボディソープ有り)、20人位入られる大きなメイン浴槽、八角形の薬湯があり、別料金で砂風呂、水着ゾーンのプール等も揃う充実ぶり。

まずはメインの浴槽です。20人位入られそうな浴槽は三角形風の斬新なデザイン。無色透明の湯は循環使用で、一部ジャグジーとなっています。青臭いアブラの残骸のような臭いのするもので、羽根沢の親戚のようなヌルヌル感があります。浴槽の真ん中には黒いオブジェがあり、さらにヌルヌル感の増した熱めの湯が溢れ出ていました。薬湯は底が木造の八角形で、こちらは温め。「クコの湯」という事です。訪問時は土曜日の夜19時頃だったのですが館内はほぼ貸切状態。料金も安いのにあまり利用者が少ないので、なんとも勿体無い気もしました。館内に飾られていた、ひょうきんな親子狸の置き物がかわいかった。
(04年11月)

(まぐぞー)




男性浴室



薬湯浴槽(男性)



ぽんぽ館 受付


ホームへ戻る山形県リストへ戻る