はしご湯のすすめ群馬県の温泉


尻焼温泉 白根ハイム 尻焼温泉 白根ハイム

※現在「白根の見える丘」という名称になっています。

吾妻郡六合村入山624
0279-95-5055
10時〜15時/500円

訪問:04年10月

尻焼温泉/カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉/56℃ pH=7.9(S62.1.7、脱衣所に手書きにて掲示)


尻焼温泉の源泉を引き湯しているお宿の一つ「白根ハイム」です。群馬県の温泉ガイド本「群馬の温泉」に掲載されていて、立ち寄りも可能なので行ってみました。尻焼温泉からはココのお宿だけポツンと離れた所にありちょっとばかり探すのに苦労しました。「日本エコノミ観光旅館連盟」という社団法人に加盟の宿で、聞くからにお安く宿泊できるのかも。

立ち寄りをお願いするとすんなりOk。通されたお風呂は4-5人がのんびり入れるほどのタイル造り。浴室からは六合村の山々が良く見えて眺望が良し。湯浴みしながら眺めていると時間が経つのが早い早い。湯は無色透明、ほぼ無味無臭。引き湯している分、尻焼温泉のマイルドな湯を更にマイルドに仕上げた感じ。41-42℃ほどで適温で入湯できた。しかし湯の投入量が少なめで3L/min程、いったん湯に浸かりオーバーフローすると次に溜まるまでに時間を要すのが痛いとこ。尻焼の源泉を引いている穴場的存在のお宿なのかも。
(04年10月)

(三昧)


尻焼温泉の大人気野湯ゾーン横の道を、山の上に向ってどんどん車を走らせ辿り着く温泉宿です。途中、民家も看板もなく、木々と渓谷ばかりが続き「この先に本当にお宿があるんだろうか?」と不安になったところで、案内版が現れます。少しばかりの民家と田畑がある地区にひっそりと佇む小さなお宿です。

訪問時女将さんは掃除の最中で、普段はあまり立ち寄り客は来ないのか少し驚いたような顔をされていました。立ち寄り可能の浴室は男女別に内湯が各々1つづつあるようでしたが、一方は湯払いの清掃中との事で、男性用女性用どちらかわかりませんが一方を貸しきり利用させていただきました。

浴室は長方形のシンプルなタイル浴槽がひとつ。高台の角に位置し、大きくガラス窓がとられ遥か遠くの山々まで見渡せます。尻焼温泉からの引き湯との事で湯はパワーダウンしていますが、湯口よりやや熱めの投入、浴槽内で適温の優しい浴感、無色透明、湯量は少ないながら掛け流し利用です。湯口手前には玉砂利のような石が敷かれ、お地蔵さんの顔の掘られた大きな平たい石も沈められています。この顔が湯面でいろいろな表情に見えておもしろい。備品はシャンプー、ボディソープ、メイク落とし、洗顔料、シーブリーズ、女性用整髪料、ドライヤー、櫛、綿棒と、必要なものはほとんど揃っている感じ。女将さんの気遣いが感じられます。兎に角外の景色は素晴らしく、下手な露天風呂より心地よい。この他に貸切り露天風呂もあるとの事ですが、そちらは宿泊者専用?
(04年10月)

(まぐぞー)



利用した浴室


眺めが良いです


浴槽



湯口


溢れ出し


浴槽底の石


はしご湯のすすめ群馬県の温泉