はしご湯のすすめ秋田県の温泉


岩城温泉 港の湯 岩城温泉 港の湯

由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192-43
TEL(0184)73-3789
岩城アイランドパークHP
9時〜22時/400円(3時間)

訪問:04年8月

岩城1号
ナトリウム-塩化物強塩泉
泉温=? pH=7.2 120L/min(動力) 溶存物質計=35614mg
Li=1.1mg Na=13190 K=332.2 NH4=80.1 Mg=35.6 Ca=186.6 Sr=4.3 Ba=0.4
Al=0.4 Mn=0.4 Fe2=2.9 F=0.2 Cl=21100 Br=43.0 I=70.3 SO4=5.9
HCO3=381.0 H2SiO3=96.5 HBO2=83.1 CO2=94.8


国道7号沿いにある道の駅「岩城」に併設の日帰り温泉施設です。道の駅「岩城」は日本海に面した所にあり海水浴客やらキャンプ客やらでざわざわと賑わっていました。ちょうどお盆休みに訪問したので道の駅は大混雑。温泉はそうでもなかったのがラッキー。自販機で入湯券を購入し受付けする仕組みです。男女別でそれぞれに内湯・露天風呂があります。

内湯は20人ほど入れる広さの変形型浴槽。大きな窓で明るい浴室からは日本海が眺められお客さんはみな海を眺めていました。湯は極薄い白っぽい黄色濁り、強塩味、臭素臭、鼻をつく薬品臭がします。湯温は42℃ほど。湯口からは循環された湯が大量に浴槽へ注がれる。吸い込み口ありの循環利用。循環ながらとても浴感たっぷりのほてほて湯である。臭いもかなり印象的。

また内湯続きの露天風呂は目の前が海の開放感は抜群。10人ほど入れる浴槽には内湯より薄い色のゆが満たされる。温度は露天のためか39℃と温め。露天風呂の湯口で臭いを嗅いでみるとうがい薬のイソジン臭が強い。おそらくこちらの湯口からは源泉そのまんまと予測。決して投入量は多く無いが臭いが気に入った。夏の暑いなかでの湯浴みに加え印象に残る一湯だった。
(04年8月)

(三昧)



「源泉100パーセント」「源泉掛流し」という言葉がややヒステリックに唱えられる昨今、循環であっても、なかなかおもしろい湯に出会える事があります。ここもそのひとつ。場所は秋田市の程近く、日本海に面して建つ「道の駅岩城」、この敷地内に「岩城温泉港の湯」はあります。この日はお盆休みとあって駐車場は順番待ち。人出も多く大変な賑わいでした。人の溢れかえる土産物屋やら食堂やらの中、何故かなかなか温泉施設を見つけられず、気の短い私は嫌気がさし、早々に立ち去ろうとしてしまった。

外の混雑と比べ以外にも空いていた「港の湯」ですが、浴室は結構広々とし、海に面して大きな横長の浴槽がひとつ。やや白みがかった黄色の湯が満たされています。塩分の強い重い湯で、プーンと薬品臭の漂う独特なもの。油臭や臭素臭が好きな人にはいいかもしれません。この他にサウナも有り。

続く露天風呂は名前に反して何故か室内にあり、窓の開いた内風呂と言った方が良い気も・・。岩造りの浴槽には薄貝汁濁りの湯が満たされ、やや温め。投入湯は高温でチョロチョロ程度。湯量を絞って温度調節をしているようですが、投入量が少ない為ずいぶんとなまり気味となっていました。窓の外には海が見えるのですが、防波なのか桟橋なのか、人工物のやたらと目立つ海岸で、おまけにキャンピングカーが並んでいたりと、あまり綺麗な眺めではありません。海岸にいる人が露天風呂浴槽からよく見えていたので、もしかすると、あちらからも見えていたかも??
(04年8月)

(まぐぞー)




男性内湯浴室



内湯湯口



内湯の湯は黄色濁り



男性露天風呂からの眺め


男性露天風呂の湯


港の湯外観


はしご湯のすすめ秋田県の温泉