はしご湯のすすめ岩手県の温泉


夏油温泉 夏油観光ホテル 夏油温泉 夏油観光ホテル

北上市和賀町岩崎新田
090-5834-5139(営業期間のみ)
9時〜17時→10時〜18時
冬期閉鎖
500円

訪問:04年8月



夏油温泉にあるお宿の一つです。夏油といえば「元湯夏油」ばかりではありません。源泉を4つも所有していて夏油川沿いの混浴露天風呂は風情があって素晴らしいものです。しかし訪問時は先日の大雨で屋根が流されてしまっていて露天風呂は修復修理中、屋根がないままの湯浴みとなりました。ココの露天風呂は「新太郎の湯」源泉を利用している長方形の8人ほどが入れる混浴の石浴槽。注目の点は源泉が浴槽底の岩の割れ目から湧いている事です。湯が透明なので目で確認する事もでき、手を湧出箇所にもっていくと温かい湯が湧き出ているのがわかります。気に入ってしまってしばらくの間、観察してしまった。露天風呂の前はすぐそこに川が流れています、緑もたくさんでブナの原生林が生い茂っています。マイナスイオンしこたま有り、という感じ。湯は無色透明、ギシギシ浴感の41℃。「元湯夏油」の賑わい振りからすればココは空いていてゆっくりできました。気に行った一湯。

内湯は男女別ですが以前は混浴だった様子。今では浴槽中央に仕切りを新設してしまったようだ。浴室は浴槽から床まで桧造りで出来ている。手前の浴槽は「蛇の湯」で10人は入れる広さです、木造り風呂はやはりいいです。無色透明、塩味、とろみ感がある湯で浴槽温度は42℃。湯口から源泉を15L/minほど浴槽へ投入。また奥の浴槽は「新太郎の湯」。こちらも無色透明、茶色の湯華が少々。39-40℃と少しぬるめ。「元湯夏油」の賑やかな雰囲気も良いが、こちらは静かに湯浴みでき満足のいくものであった。
(04年8月)

(三昧)



「せっかく夏油温泉まで来たのだから」と、元湯夏油をチェックアウトした後に立ち寄りしてみました。こちらは元湯夏油の賑わいが嘘のように静かで、昼の11時半頃訪問したのですが、館内にはお客さんがまったくいません。受付けにて料金を支払い、まずは川沿いの露天風呂へ。お宿から少しばかり山道を下りた先にある露天風呂は、先日の大雨により建物が流されてしまったようで、とりあえずの修理中です。「気をつけてお入り下さい」との注意書きがありました。緑深い深山の川沿いに造られた露天風呂は、目の前の清流を眺めながらの湯浴みが最高です。湯はまったくの曇りのない美しい程の無色透明。脱衣所寄りの浴槽底に四角く切られた湧出口があり、そこから湯が沸き出しています。脱衣所も浴槽も完全な混浴ですが、他に湯浴み客がいなかったため、心底リラックスして楽しむ事ができました。

続いて館内にある内湯へ。男女別に二つづつ浴槽があり、湯も造りも違うので、多分入替え制でしょうか??パンフレットの写真を見ると、以前は大きなひとつの混浴浴室だった様子。現在は、いかにも後付けしたような壁により完全な男女別となっています。今回女性用だったのは、「白猿の湯」と「亀の湯」浴槽がある方でした。「白猿の湯」浴槽は広々とした桧造り、ほんのりと白濁りのある無色透明、藻屑のような茶色い湯花漂うもので、湯口で熱め、浴槽内で適温となっていました。「亀の湯」の方も風情ある桧浴槽で、大きさは「白猿の湯」より小振り。とはいえ、これひとつでも充分な位の大きさです。湯口より「熱め」と「やや熱め」の2本が投入され、浴槽で適温となっています。こちらの方は浴槽全体が「つい立て」により、やや暗くなっていて、いまひとつ湯の様子が確認できません。染入るような浴感が気持ちの良い湯です。洗い場も浴槽も桧という風情ある造りも気に入りました。
(04年8月)

(まぐぞー)




川沿いにある露天風呂
(新太郎の湯)



シンプルな露天風呂




ここからお湯が湧き出ている




目の前は澄んだ渓流





今回男性用だった浴室
奥が蛇の湯
手前が新太郎の湯



お湯は無色透明





今回女性用だった浴室
奥が白猿の湯、手前が亀の湯


亀の湯



白猿の湯



■蛇の湯 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 38.3℃ pH=6.3 溶存物質計=4308mg Na=821.4mg K=134.8 Mg=61.0 Ca=397.9 Mn=3.7 F=0.6 Cl=1626 SO4=504.8 HCO3=555.8 H2SiO3=104.2 HBO2=89.3 CO2=192.7 H2S=0.2 (H13.6.29)

■新太郎の湯 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 67.8℃ pH=6.8 溶存物質計=2428mg Na=209.9mg K=14.1 Mg=12.1 Ca=470.5 Fe2+Fe3=0.1 Mn=0.5 F=0.9 Cl=160.0 HS=0.3 SO4=1332 HCO3=90.3 H2SiO3=94.1 HBO2=42.6 CO2=22.1 H2S=0.6 (H13.6.29)

■白猿の湯 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉 67.8℃ pH=6.9 溶存物質計=2603mg Na=201.1mg K=14.7 Mg=5.3 Ca=527.3 Fe2+Fe3=1.8 Mn=0.5 F=0.6 Cl=260.1 HS=0.3 SO4=1283 HCO3=184.2 CO3=0.1 H2SiO3=107.6 HBO2=7.2 CO2=68.3 H2S=0.4 (H14.11.29)

■亀の湯 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 54℃ pH=6.6 Na=760.0mg K=125.0 Mg=49.0 Ca=360.0 Fe2+Fe3=0.2 Mn=4.7 Al=1.1 F=0.5 Cl=1526 HS=0.4 SO4=515 HCO3=243.1 H2SiO3=220.8 HBO2=95.8 CO2=146.1 H2S=1.0 (S53.8.18)


はしご湯のすすめ岩手県の温泉