はしご湯のすすめ秋田県の温泉


川原毛大湯滝
川原毛大湯滝

湯沢市高松
大湯滝入口のある駐車場から徒歩15〜20分程
7〜9月が入浴適温、シーズン中でも雨等によって水状態の事も

ゴミは持ち帰る、周囲を荒らさないなどマナー厳守

訪問:00年7月、05年9月



何度となく川原毛という言葉を聞いたことがあったが、今回の湯巡りでどんなものか観光がてら行ってみました。整備された国定公園内にお目当ての湯滝はあります。話では聞いていましたが温泉が滝になっていてその滝つぼで湯浴みができるというものです。休日のせいか湯沢市の係員まで動因している駐車場から歩いて15分ほどで到着。しかもきちんと脱衣所まである。湯沢市では水着着用を推奨しているようだが、当日はだれ一人として水着を着用している人はおらず。

休日ではかなり賑わうようですが、今回は混雑もなく湯浴みできました。滝つぼにて湯浴みしましたが、滝の飛沫が目に入ると酸性湯の為に目がしみて痛いほどです。湯に浸かるとこれがなかなか気持ちがよく心地良いです。やや白濁気味の湯でヌルッとした浴感もあります。お湯がどうこうと言う場所でもありませんが見事に適温で天然の露天風呂そのもの。分析を見るとかなり強力な源泉が想像でき興味が引きません。駐車場近くにもいくつかの湯浴み可能な露天風呂があります。周辺を散歩してみると、川のいたる所から熱湯状態の源泉がいくつも噴出しているのを見る事ができます。温泉好きには飽きる事がないでしょう。
(05年9月)

(三昧)



湯が滝となって流れ落ちる人気のスポット。滝つぼでは豪快な野湯が楽しめます。7月上旬から9月中旬までが丁度良い湯加減という事で、7月上旬に近くの泥湯温泉へ泊まりに来ていた私も早速出かけてみました。泥湯側から日本三大霊地の一つ川原毛地獄を抜けるコースを行くと結構歩く事になりそうだったので、大湯滝入口に近い駐車場まで車で行き、そこから山道を徒歩で向います。スグに辿り着くものかと思っていたら予想以上に距離があり(15〜20分位)、運動不足気味の身には少々こたえた(特に帰り^^;)

滝つぼへ辿り着くと既に5〜6人の先客が。皆さん地元の方のようです。その中に妙にパワフルなオジサンがひとり。一番下の滝つぼで湯浴みをしていた私に「あの崖の上の方が湯加減が丁度いいし、浴槽みたいになっているから入ってきな!」と教えてくれた。早速エッホエッホと崖をよじ登り、うまい具合に窪んで出来た天然露天風呂に入ると確かに良い湯加減。眺めもいいし「こりゃあいいわ」と、しばらく湯浴み。すると先程のオジサンが再び登場し「あっちもいい、あっちにも入ってみな!」ともうひとつの窪みを指差します。「ならば」とそちらにも行くと、湯加減は確かにいいのですが結構強力に滝が落ちていて、頚椎をやられそうな程ハイパワーな打たせ湯をお見舞いされた。(自然の滝なだけに、湯に混ざって上から流木やら岩やらは落ちて来ないんだろーか?と、後になって考え、ゾッとした)

ところでこの湯滝、見た目も凄いですが、湯もなかなか手強い酸性です。油断して突入すると目が「イテテッ!」となります。ぜひ、タオルを「ほっかむり」して入りましょう〜。
(00年7月)

…………………

数年ぶりに再訪しました。04年夏に親戚のヨボヨボ爺婆達が泥湯での湯治の合間に連れ立って遊びに行き「凄い人出だった!外国の人もいた!」と驚いていたので(こっちは高齢のジジババどもが、よくぞあんな急な山道を往復したもんだと、そっちの方が驚いた)どれどれ、人気の程を再確認してみようと、行ってみたワケです。

久々の川原毛大湯滝は、駐車場(無料)に管理人さんも登場する益々の人気ぶり。さぞや滝壷も混雑しているかと思いきや、朝早かった為か意外にも先客さんは男性ひとりのみ。気持ち良さそうに素っ裸で湯浴みをしています。それに続けと三昧もタオル一本片手に湯浴み。その後30分もしないうちに、数組の男性が来たのですが、全員素っ裸で湯浴み。まさに男性専用ヌーディスト湯滝と化してしまいました。水着なんぞ着用したら逆に浮いてしまいそう。この日はたまたま殿方天国でしたが、水遊びのファミリーや女性客の多い場合は、こうはいかないかもしれないですね。しっかりとした脱衣所もあり、水着やパレオ巻きで女性も気兼ねなく湯浴みが楽しめます。さて、そんな男天国の中、さすがに滝壷辺りで浸かる勇気はなく、私は下流の沢の方でひっそり楽しんだのでありました。
(05年9月)

(まぐぞー)




駐車場から徒歩



美しい湯の川を眺めながら



歩きやすい山道が続きます



滝壷近くには脱衣所も


かなり本格的な滝です



豪快に流れ落ちます


自然の湯壷




駐車場トイレには
分析表が掲示



ゴミは持ち帰りましょう




駐車場を挟んで
湯滝とは反対側
川のあちこちから
湯が沸いています


誰かがつくった露天風呂も





川原毛地獄





はしご湯のすすめ秋田県の温泉