はしご湯のすすめ青森県の温泉


平舘不老不死温泉
平舘不老不死温泉

東津軽郡外ヶ浜町字平舘根岸湯ノ沢132-1
TEL(0174)25-2611
9時〜15時/300円

訪問:04年7月

根岸温泉
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
48.9℃ pH=8.76 56.8L/min(動力) 溶存物質計=1254mg
Na=256.8mg(64.53mv%) K=2.5 NH4=0.1 Mg=0.3 Ca=121.2(34.95) F=0.7 Cl=28.1
SO4=780.0(92.91) HCO3=12.2 CO3=6.0 OH=0.1 H2SiO3=38.7 HBO2=7.3


東津軽郡の平舘不老不死温泉に行きました。いつもなら「立寄りしました」などとコメントしますが、さすがにココは津軽半島の北東部に位置していて、「立寄りました」つうのではなくココの湯に浸かりたく出向いたので、「行きました」という表現にしました。そんなんはどうでも良い事なので本題の温泉へ。

海沿いを走っていると案内看板が見えてきます。外観は「不老不死温泉」の看板が無ければただの民家?風。立寄りをお願いするとなんなくOk。ガイド誌「北東北日帰り温泉」のクーポン利用で入湯は無料。やったー。お風呂は男女別に内湯が一つ、露天風呂はなし。浴室に入ると2×4mのタイル張り浴槽がポツンとありシンプルそのもの。しかし、浴槽縁からは湯が溢れ見ていて気持ちが良い。湯は無色透明、弱石膏臭、弱キシの浴感。源泉は浴槽内へ直に注入されていて新鮮この上ないです。CO3=6.0が効いているのか泡付きも良しの41℃。きれいにすき通った湯、この手の硫酸塩泉は大好きな湯でありまして非常に心地よく大満足。いつか泊まってじっくりと湯を楽しみたい。
(04年7月)

(三昧)



以前から地図で名前は知っていたものの、平舘方面へは行く機会もなく、今回はじめて立寄ってみました。「平舘不老不死温泉」はこじんまりとした温泉旅館です。前情報を何も持たずに訪問したのですが、ここの湯は大変気に入りました。男女別の浴室にはシンプルなタイル浴槽がひとつ。そこに無色透明の湯が浴槽内より静かに流し込まれています。石膏味の実に心地よい浴感で、泡付きも良好。すぐ近所の「湯の沢」はとても疲れる重い湯なのですが、こちらは澄んだ癒しの湯。近くでこれ程タイプの違う湯に浸かれるなんて、本当に温泉って面白いな、と思いました。浴室では地元の御夫人と御一緒だったのですが、ニコやかに話される内容は方言により殆ど聞き取れず、、私もまだまだ修行が足りない。備品はシャンプー、ボディソープ、石鹸。脱衣所の外には湯上がりにひと休みできる椅子もあります。
(04年7月)

(まぐぞー)




外観


男性浴室


女性浴室


はしご湯のすすめ青森県の温泉