はしご湯のすすめ福島県の温泉


早稲沢温泉 森川 早稲沢温泉 森川

耶麻郡北塩原村大字桧原字早稲沢552
TEL(0241)34-2258
時間要問合せ/300円

訪問:04年5月

裏磐梯早稲沢温泉/カルシウム-硫酸塩泉/45.5℃(使用43℃) 溶存物質計=2032mg Li=0.1mg Na=9.0 K=4.2 Mg=1.3 Ca=566.0(97.77mv%) Al=0.1 Mn=0.1 Fe2=0.2 Fe3=0.1 F=3.3 Cl=49.4 Br=0.6 SO4=1328.7(93.17) HCO3=28.0 H2SiO3=39.3 HBO2=1.6 CO2=0.1


檜原湖畔にある温泉民宿の「森川荘」です。パッと見た感じは賃貸アパートの様にも見えます。通りから民宿の敷地内に入ると、いかにも手造りと思われる露天風呂が目につきます。しかし湯が張っておらずこちらは入湯不可能。受付すると露天風呂は掃除直後で湯の入替え中との事。なので内湯のみに浸かる事になる。

男女別内湯がそれぞれ一つずつ。タイル張り3-4人が浸かれる広さの浴槽。隅の湯口から源泉が15L/min程、浴槽に投入されている、充分な量だ。湯は無色透明、口に含むととろみを感じるほぼ純粋な石膏泉だ。弱いキシむ浴感。適温の41℃でのんびり浸かっていたい湯だ。好みの一湯です。また浴室の外にはお宿の飼い犬がいる。温泉が好きなようで源泉をあげると美味しそうに飲む、おかわりをせがむほど温泉が好きな温泉犬だった。
(04年5月)

(三昧)


湖畔にポツンと佇む温泉宿です。玄関には「民宿森川荘」と書かれていますが一般向けには「和風ペンション」と名乗っているようです。見た目はペンションというよりも民宿的温もりがあって、「民宿森川荘」の方がいい感じも、、(余計なお世話か^^;)。さて、そんな「森川」ですが、玄関先には竹囲いのポリバス露天風呂がひとつ。なかなかの広さでランプもぶら下がり、温泉マニアにウケそうな感じ。訪問時は残念ながら清掃直後の「湯ため中」でした。そんなワケで今回はお宿内の内風呂へ。男女別の浴室にはシンプルな長方形のタイル浴槽がひとつ。無色透明の湯が掛け流され、キシキシとした浴感。飲むとトロミ感があります。なかなかの良い湯でした。

お宿には白い犬がいるのですが、窓を開けるとトコトコと寄って来てお湯を欲しがります。男湯の方で窓からお湯を飲ませていたのですが「もっと、もっと」とおねだり。湯上がり後に撫でると喜んでいました。この犬のクセなのか「グゥーッ」と唸ったような声を出すのですが、これは威嚇でなく「遊んで」と言ってるみたいです。とても人懐っこくかわいい犬です。お宿の御主人もいい感じの方でした。
(04年5月)

(まぐぞー)



男性用内湯


女性内湯


「もっとお湯ちょうだい」



露天風呂外観


清掃直後で入られず残念


はしご湯のすすめ福島県の温泉