はしご湯のすすめ青森県の温泉


谷地温泉

十和田市南八甲田谷地温泉
0176-74-1161
9時〜18時
500円

訪問:00年7月、03年8月、06年5月、09年5月

※最終訪問以降、経営が代わりリニュアルされ、混浴も廃止されたようです。このページの感想はリニュアル以前のものです。また現在は浴室撮影禁止となっているようです。このページの浴室画像はそれ以前(2006年)のものです。


谷地温泉に再訪してみました。記憶が遠のいている谷地温泉のお湯を再確認してみたく突撃する。朝も早うから立寄りを受け入れており良心的。正直なトコ、やはりこうお宿はありがたい。

男女別の浴室ですが、男性浴室には女性の出入りは自由になっており、男性浴室と思っていた浴室はどうやら混浴でした。総ヒバ造りの浴室は風情があり湯治場そのものである。浴槽は二つ、浴室入口側にある浴槽は大人ゆったりして6人程が入れる広さのもの。こちらは「霊泉」と呼ばれており、源泉は浴槽下よりの直湧きで大変貴重なものである。ほぼ無色透明、弱タマゴ臭、口に含んでみるとほんのりエグ味あり。肌にまとわりつくようなとろみ感があるのが特徴。先客は皆、こちらの「霊泉」にじっと浸かり続けて不思議なほどにピクリとも動かない。やはり直湧き源泉の魅力ということでしょうか。湯温はぬるめの37-38℃で長湯向き。

変わってもう一つの浴槽は「熱湯」と呼ばれ、「霊泉」とは仕切り一つの隣にあります。こちらではポンプアップの2号泉を利用。近くの高台より引き湯しているとの事である。浴槽は5人ほどの広さのヒバ造りのものですが、浴槽は「霊泉」と比ると全くに新しめのものです。「熱湯」は完全な白濁湯状態で40℃ほど、タマゴ臭は極少量のみとなっている。「熱湯」というが、39.5℃の源泉なので特別に熱い訳ではない。加温はしていないとの事で、源泉そのまんまである。二つの浴槽の間には「飲み湯」と掲げられた湯坪があり、備え付けの柄杓で飲泉可能となっている。
(06年5月)

(三昧)



谷地温泉は冬期に現われる黄テンが有名な超人気の秘湯。過去2回訪問していますが、常に満員御礼大盛況です。今回3度目の訪問も「ゴールデンウィーク中だし、さぞや混んでいるだろう・・」と思いきや、何故か館内にはお客さんの姿は殆どありません。朝だったので、もしや宿泊客の朝食時間だった??おかげで女性浴室にいたっては終始貸切で楽しむ事ができました。

さて谷地温泉、館内には女性用、混浴用の風情ある木造浴室があり、それぞれ「ぬる湯槽」と「熱湯槽」があります。ここの名物はなんといっても「霊泉」と呼ばれる「ぬる湯」。ぬる湯槽は木造板張りの底からプクプクと小さな気泡と共に湯が沸きあがり、その鮮度の良い湯をジッと静かに楽しめるです。がっっ!!女性側の「ぬる湯」では、その恩恵がほとんど得られない。なぜかというと、混浴浴室の「ぬる湯」こそが湯元であり、女性側にはその湯を引いているのだから。その為、女性側は混浴と比べ白濁が強く、鮮度が落ちる。ジャカジャカ投入タイプでない湯に、ジャンジャン人が押し寄せて長湯するもんだから湯汚れも目立つ。これなら、もうひとつの浴槽、「熱湯(ポンプアップ)」の方が余程心地よい。

・・という事で、やはり良いのは混浴の「ぬる湯」。女湯の「ぬる湯」は比較的濃く白濁しているのに比べ、コチラはごく薄ーく白濁を帯びたほぼ無色透明。湯面より優しい温泉臭が漂い、ジジーンと染み入る浴感がある。皆、黙って静かに湯に身を沈めているのもまた良い。混浴浴室へは女性浴室から直接行かれる。そんな事もあってか、湯がほぼ透明な上に、それ程広くない浴槽という女性にとってはハードルの高い条件であるにもかかわらず、多くの御夫人方は混浴へと流れて行きます。やっぱりココまで来たんだから、良い湯に浸かりたいものねぇ。

女性、混浴共に浴室内には飲泉場があり、私も一口いただく。エグミタマゴ味の湯は「マッズイーー」( ^ ^ ;)その他、男女共用の打たせ湯もあり。ぶっちゃけ、女性浴室では「あがり湯」が一番良かった。
(06年5月)

(まぐぞー)




館内(03年)


テン商品(03年)


混浴 飲み湯



混浴 適温湯


女性 あがり湯


女性浴室



女性 霊泉


打たせ湯


打たせ湯用帽子


(霊泉浴槽)谷地温泉1号泉 単純硫黄泉(硫化水素型)※Ca-SO4型 37.4℃ pH=4.5 (自噴) 溶存物質計=634mg Na=35.0mg(17.49mv%) K=4.9 Mg=17.9(16.92) Ca=111.5(63.98) Al=0.1 Mn=0.1 Cl=9.3 Br=0.1 S2O3=0.4 HSO4=0.4 SO4=412.3(95.97) H2PO4=0.1 HCO3=6.4 H2SiO3=34.6 HBO2=1.0 CO2=152.9 H2S=13.6 (H17.4.5)

(適温浴槽)谷地温泉2号泉 単純硫黄泉(硫化水素型) ※Ca-SO4型 39.5℃ pH=5.2 (動力) 溶存物質計=603mg Na=45.9mg(24.17mv%) K=4.7 Mg=16.6(16.49) Ca96.0(57.64) Al=0.2 Mn=0.1 Fe2=0.4 F=0.2 Cl=24.1 Br=0.1 HS=0.1 S2O3=3.1 SO4=359.3(88.84) H2PO4=0.2 HCO3=11.6 H2SiO3=37.6 HBO2=3.2 CO2=119.3 H2S=10.0 (H17.4.5)


はしご湯のすすめ青森県の温泉