はしご湯のすすめ青森県の温泉


ポパイ温泉
ポパイ温泉

青森市浪岡下十川扇田188-4
0172-62-7515
6時〜23時→6時30分〜22時
350円

訪問:98年9月、04年9月



浪岡町の日帰り施設「健康温泉ポパイ」。今までに何度か通過してはいたが今回ようやく行ってみた。外観は派手なピンク色が目立つ建物です。お風呂は打たせ湯、サウナ、小浴槽、歩行浴槽、内湯、ジャグジー浴槽、露天風呂と種類豊富。湯はどこも同じものでコーラ色の黒湯です。微モール臭があってつるスベの浴感を伴います、黒湯といえば何度となく入湯しましたがココは湯使い良く気持ちの良い湯であります。歩行浴槽があるのは「健康温泉ポパイ」の健康ならではではないかと、、、。気に入った一湯。
(04年9月)

(三昧)



道の駅なみおかアップルヒルで御飯を食べた際、店員さんに「この辺で、どこか手軽に立ち寄れるお風呂屋さんはないですかねぇー?」と聞いて教えてもらった温泉。郊外の長閑道を車で走る事数分。何やら「こじゃれた」怪しい建物が建っています。メルヘンチックな外観は、一昔前の洋菓子屋か、はたまた高原の土産物屋か。いえいえ、これこそが「なみおかアップルヒル」の店員さんが教えてくれた「ポパイ温泉」なのでした。

一歩中に入ると、関東域でもよく見かけるスーパー銭湯な感じ。地元では人気らしく、訪問時も結構な賑わいを見せていました。浴室へ入ると、こりゃまた横浜住民は妙に親近感を感じてしまうモールなお湯が掛け流しではありませんか。そっとお湯に浸かるとスルスルな浴感。お肌の調子が気になる女性には嬉しいお湯です。薄ら寒い青森の風で体が冷えきっていたのですが、出る頃には芯からポカポカ。とても良い湯を教えていただきました。

ここには、普通の銭湯風浴槽の他に、露天風呂、足ツボ湯(コロコロ石の上を歩く)、家族風呂もありました。湯浴みを終えて外へ出ると、もう辺りは真っ暗です。風の冷たさに冬の足音を感じる晩秋の夜でした。
(98年9月)

(まぐぞー)




男性歩行湯


男性露天風呂


男性内風呂


下十川温泉 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 53.3℃ 500L/min(動力) pH=8.8 (成分の詳細等は掲示無し) (S63.5.25)


はしご湯のすすめ青森県の温泉