はしご湯のすすめ福島県の温泉


あさかの杜クア温泉館 あさかの杜クア温泉館

郡山市安積町成田字漆山50
TEL(024)937-3151
9時30分〜19時/400円/日祝休み

訪問:02年、09年4月

安積野温泉/ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉/50.0℃ pH=8.7 1002L/min 溶存物質計=1413mg
Na=434.0mg(92.91mv%) K=4.3 Ca=25.3 Li=0.3 NH4=0.5 F=5.5 Cl=257.4(35.94) Br=0.6 I=0.3 SO4=562.0(57.88) HCO3=58.0 H2SiO3=47.7 HBO2=170 (H7.12.25)


以前に一度訪問、今回で二度目となる。入口玄関前には、源泉に触れられるオブジェもある。お隣のクリニックは診療時間外。

浴室は通気良くなく、湯気こもりが発生で撮影には苦労する。内湯浴槽はL字型タイル張りのもの。二つに仕切られていて一つはノーマル、もう片方はジャグジーが作動。合わせて15人ほどのサイズがあります。50L/minオーバーの大量源泉を浴槽へ落とし込んでいる湯口。全量がオーバーフローしていて、溢れる光景は見ていても楽しい。無色透明、弱タマゴ臭に弱ボウショウ薬臭の湯。43℃の鮮度良好湯がドンドコ掛け流し。

屋根掛けされた露天風呂もあります。周囲は目隠しで全て囲われているので、眺望などはありません。木造の5人サイズ浴槽がそれです。ここも見るからにお湯がザーザーと溢れているのがわかります。相当量の湯が投入されています。内湯と同じお湯ですが、多少の体への泡付きがあります。源泉は1000L/minを超える湧出量、それを生かした湯使いです。
(02年、09年4月

(三昧)


前回、掛け流し量の多さが好印象だった「あさかの杜」に再訪してみました。ここは診療所に併設された温泉浴場で、患者さんのリハビリなどにも利用されているようです。といっても、内湯は広く、露天風呂もあり、立派な日帰り温泉施設と言っていいかも。今回訪問時は丁度診療所の休み時間という事で、館内には人は疎ら、客層はほぼ全員お婆ちゃんでした。

脱衣所を抜けると先ずは広々とした内湯です。昼間の訪問だったせいか電気が点いてなく、ちょっと薄暗い感じです。浴室には10人程が入られる長方形浴槽と四角い小さなジャグジー槽があります。湯口より、相変わらず凄い量の投入があり、大量溢れ出しとなっていました。無色透明の湯はやや熱め寄りの適温、なんとも言えぬ優しい温泉臭があり、細かな泡つきが見られます。そのためかスベスベとした肌触り。当然のことながら鮮度良好で大満足です。続く露天風呂は5人サイズの長方形木造りで、こちらも満足度は高いです。

また、玄関先には源泉に触れられるオブジェのような壷もあります。こちらでは石膏+弱いタマゴ臭が良く感じられ、より一層源泉本来の姿に触れられます。ちなみに前回訪問時この壷は真っ白でしたが、数年のうちに温泉成分により茶色く染まっていました。
(02年、09年4月

(まぐぞー)



玄関



男性内湯



内湯 湯口



男性露天風呂


露天風呂 湯口


玄関前の源泉オブジェ


はしご湯のすすめ福島県の温泉