はしご湯のすすめ秋田県の温泉


角間川温泉 旅館角水 角間川温泉 旅館角水

大仙市角間川町字四上88
TEL(0187)65-2156
7時〜20時(金曜日は10時より)
300円

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
39.0℃ pH=7.42 蒸発残留物=8767mg


訪問:04年1月



湯巡り途中、ふと道路地図に角間川温泉とあったので気になって寄ってみた。冬場は夜も七時になると辺りはもう暗くなていてお宿を探すのに一苦労。ようやく発見、フロントで受付、いざお風呂へ。浴槽は二つで片方はジャグジー風呂、もう片方はジャグジー無しの普通?風呂。浴槽隅に塩ビ管があり源泉がドバドバとでています。分析書には源泉39℃とあるが、でている湯はそれ以上なので多少加熱しているかな。掛け流し、循環かは判別出来ずでした。湯は薄黄色透明、塩味、苦味。ポカポカの41℃、結構な濃い湯。
(04年1月)

(三昧)



住宅街のような場所に位置する温泉宿です。夜暗くなってからの訪問で、まだ受付をしているかオソルオソル玄関に入ってみました。20時まで受付をしているとの事で早速浴室へ。男女別の浴室にはタイル浴槽がふたつ。真ん中に隙間があり、そこに浴槽から流れ落ちた湯が捨てられています。

湯は透明な極薄黄色でベタつく浴感。ちょっとドンと来る重たい感じ。大変温まる湯です。口に含むと薄塩苦味。薄暗い浴室で、ちょっぴりB級な雰囲気も漂います。

私がひとりで湯浴みをしていると、地元のお婆ちゃんと小さなお孫さんらしき二人の子供が入って来ました。「今日は空いてるねー」と言っています。どうやら御近所の共同浴場としても使用されている感じでした。浴室には使い勝手の良いカランにシャワー、シャンプー、ボディソープも完備です。
(04年1月)

(まぐぞー)




女性浴室




真ん中の穴に
浴槽から溢れた湯が
捨てられている


奥には打たせ湯




はしご湯のすすめ秋田県の温泉