はしご湯のすすめ福島県の温泉


飯坂温泉 鯖湖湯 飯坂温泉 鯖湖湯

福島市飯坂町
TEL(024)542-4241(飯坂温泉観光協会)
6時〜22時/200円
月曜日休み(祭日の場合は営業)
備考:06年訪問時、無断撮影禁止の掲示がありました。
掲載の浴槽画像は以前撮影したものを使用しています。

訪問:00年〜03年11月数回訪問、06年8月

湯沢分湯槽/アルカリ性単純温泉/51.0℃ pH=8.6 222L/min(H5年時点・動力) 成分総計=615.5mg Na=161.0mg K=3.3 Mg=0.1 Ca=19.5 F=4.3 Cl=71.5 OH=0.1 SO4=224.3 HCO3=62.8 CO3=6.0 S2O3=0.1 H2SiO3=60.1 HBO2=2.4 (H17.2.3) /※清掃時のみ消毒利用


奥州3名泉の一つ、飯坂温泉共同浴場「鯖湖湯」に再訪しました。早朝6時から入湯できるので朝風呂にはもってこい。朝早くから地元民で賑わっていました。御影石作りの立派な浴槽には湯口から無色透明な湯がたっぷりと注がれています。湯は熱く、体感で44-45℃はあります。ゆっくりと湯に浸かりますが浴槽の中ではピクリとも動けないです。動くと熱いのなんのって、、、。無色透明無味の単純温泉ですが、芒哨泉型のお湯でとてもよく温まります。

他のお客は、床にあぐらで座って浴槽のお湯を汲んで静かに体を洗ったりしています。以前から思い入れが強い飯坂温泉が大好きな自分であります。是非一度「鯖湖湯」に出かけてみて下さい。
(00年〜03年11月数回訪問)

…………………

21時過ぎに到着。客層は地元民が8、観光客が2という割合。御影石の浴槽縁、青石造りの浴槽。浴槽中央横の湯口より20L/minの源泉を浴槽へ落とし込んでいる。「飲泉不可」との表示もある。湯は無色透明、ほのかに芒硝薬臭の45℃。とても和気藹々とした楽しげな浴舎内となっている。サッと浸かってサッサと出る。風呂上り後はとても火照りが強く汗がなかなか引かない。

駐車場まで歩いて向かう途中、八幡湯の前を通りかかった。既に営業終了したらしく清掃に入っている。デッキブラシで力強く浴室を擦る音が、飯坂の温泉街に響いていた。
(06年8月)

(三昧)


風情あるドッシリとした建物は飯坂温泉のシンボル的存在。観光客も沢山訪問しますが地元の人も生活湯として利用しています。周囲に点在する共同浴場の中では唯一観光的要素を兼ね備えた所。浴室と脱衣所の間には扉が無くオープンな造りで木造の内装は実に風情あります。

お湯は熱めの無色透明。湯面からはフワッと心地よい芒硝臭漂う、毎日通うにはもってこいの飽きの来ないシャキッとした湯です。 他所の共同浴場に比べ観光客が多いので加水されている事も多いようですが、私の訪問時はいつも衰えのない熱湯。夜の訪問時も湯はヨレる事なく綺麗だったのが嬉しい。

熱湯文化の飯坂温泉、小さい子供を連れた地元の方が大きめのタライに湯を入れ、子供を湯浴みさせていたのが印象的でした。
(02年、03年11月、06年8月)

(まぐぞー)



男性浴室


お湯かけ薬師如来


足湯もできました


はしご湯のすすめ福島県の温泉