はしご湯のすすめ山形県の温泉


蔵王温泉 大露天風呂 蔵王温泉 大露天風呂

山形市蔵王温泉
023-694-9417
6時〜18時/冬期休業(4月下旬〜11初旬営業)
450円(お宿で割引券購入の場合は250円)

訪問:03年11月

※浴場内撮影禁止の為、浴槽の画像なし。


温泉ファンが蔵王温泉に来たら取りあえず入湯するという事なので行ってみました。駐車場から大露天風呂入口の門を通過したと同時に男湯が突然目に入ります。裸の男性客が大勢いてある意味たまげます。ココの施設は蔵王温泉の宿に宿泊した方の特典としてか、割引き入湯券をお宿で購入できるのでそれを利用するといいでしょう。お風呂は開放感は抜群すぎる程です。岩が組まれており岩風呂なのかな?大小2つあってそれぞれの温度が41℃、42℃くらいでしょうか。湯は薄白濁り、味は確かめていないので不明。入湯客が大勢いて観光名所的な存在。個人的にですが蔵王はやはりお宿の湯の方が好みな自分です。
(03年11月)

(三昧)



蔵王の有名観光施設のひとつ。入口をくぐると殿方の裸体の群れが目に飛び込んで来て「なんじゃ?こりゃっ!?」となってしまう。この時点でオープンな混浴と勘違いして湯浴みを止める女性もいた(実際には男女別で、女性用は男性用の奥にあり、外から見えなくなっています)。女性用の露天風呂は男性用を小さくした感じで、脱衣所の向いにメインの浴槽があり、少し下がった所にも温めの小さな浴槽があります。白濁した湯は、ややぬめり有り。川沿いに造られた岩造りの露天風呂で、眺めはまぁまぁいい感じなのですが、何しろ訪問客が多く、よくよく見ると温泉成分にコーティングされた髪の毛も多数浮遊。しかも、来る人来る人その殆どが、掛け湯もせず湯に入るので気持ち悪くなってしまった。静かにじっくりと温泉を楽しむ雰囲気ではない。因に女性用の浴槽、川沿い付近は男性側から見えるらしいので要注意。
(03年11月)

(まぐぞー)


男湯=馬滝源泉/女湯=オツン源泉 酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 53.8℃/46.4℃ pH=1.4/1.45 蒸発残留物=2062mg/1991 H=40.2mg/36.2 Na=34.9/33.4 K=25.9/25.4 Mg=38.3/35.1 Ca=78.2/70.2 Al=149.4/149.5 Mn=1.6/1.5 Fe2=45.8/43.8 F=19.3/18.7 Cl=608.0/530.4 Br=0.9/1.0 I=0.7/0.7 HSO4=1903/1714 SO4=1441/1414 CO2=498.2/498.2 H2S=13.5/10.2


はしご湯のすすめ山形県の温泉