はしご湯のすすめ青森県の温泉


六ヶ所村老人福祉センター
平沼温泉 六ヶ所村老人福祉センター

上北郡六ヶ所村大字平沼字階坂92-7
TEL(0175)75-3001
9時〜21時/200円
月曜日、12月29〜1月3日休み

訪問:03年9月、06年7月

平沼温泉4号泉
ナトリウム−塩化物強塩泉
34.6℃ pH=? 溶存物質計=18790mg
Na=6125mg(84.71mv%) NH4=7.6 Mg=318.0 Ca=262.0 Al=1.5 Mn=0.2 Fe2=13.0
Li=0.3 F=0.2 Cl=10350(92.31) Br=30.2 I=1.7 SO4=759.9 HCO3=494.3
H2SiO3=102.3 HBO2=20.4 CO2=58.7
(H11.4.12)

※加温あり


六ヶ所村にも温泉を利用している老人福祉センターがあり、今回は立寄り利用する。受付後すぐさま浴室へ。かなりの熱気がこもった浴室で、湯に浸かる前にダウンしてしまいそうなので何か対策をして欲しい。

変形型の細長い浴槽は広く15人は行けると思います。浴室床は浴槽からの溢れ出し湯により濃赤茶鉄錆色に変色。浴槽湯は黄土色の混濁湯がドンドコと掛け流されています。湯口では無色透明、強塩味に苦味、土類っぽいガス臭があります。なかなかの特徴ある温泉で、ここに限らずこの手の温泉は強力なお湯が多い。浴室の熱気こもり&強力湯、少しのんびり浸かっていると非常に疲労感が襲ってくる。源泉は湯口より加熱したものを60L/minほどを投入。浴後は体にベトベト感が残り、ほてり感もなかなか引かないので夏場はきついお湯。利用者がお年寄りメインと思われる「老人福祉センター」で利用する湯としては、少々きついかもしれない。
(06年7月)

(三昧)



老人福祉センター内の温泉。道路を車で走っていたら温泉マークの看板を見つけ、気が付いたら引き込まれていた。施設は田面木沼の畔にあり、上の道から見るとその全景がよくわかる。訪問日は平日だった為か、職員の人以外には誰もいなく、館内はシンと静まり返っていた。浴室の扉が変わっていて、まるで牢屋の鉄格子みたい。

浴室には先客がなく、観音様の立つ浴槽には、黄土色の湯が静かに掛け流し。溢れ出た湯で床も黄土色に染まっている。湯口より一口ふくむと、鉄土類塩+ガス風味。浴室内の熱気のこもり具合も加わって、かなりシンドイ湯だった。
(03年9月)

(まぐぞー)




男性浴室



なかなかの溢れ出しです



女性浴室



湯口(女性)



鉄格子みたいな扉



強気な仕入れ数の
レイクファーム製品


はしご湯のすすめ青森県の温泉