はしご湯のすすめ青森県の温泉


むつ矢立温泉 むつ矢立温泉

むつ市田名部矢立山50
TEL(0175)22-8211
6時〜22時/360円

訪問:03年9月、05年7月

むつ矢立温泉
ナトリウム-塩化物強塩泉
51.5℃ pH=7.2 300L/min 成分総計=18330mg
Na=5638mg(80.31mv%) K=308.9 NH4=0.2 Mg=238.1 Ca=648.0 Al=0.1 Mn=3.5
Fe2+Fe3=2.6 F=0.2 Cl=9702(89.64) SO4=1394 HCO3=158.9 H2SiO3=190.6
HBO2=29.49 CO2=8.7
(S53.4.7)


ゴルフ打ち放し練習場・雀荘・宿泊コテージなどが集合している敷地内にある温泉施設です。日帰り入湯だけではなく、宿泊も出来るので温泉宿泊施設になります。ほのかにB級ムードも漂います。営業時間は、青森では基本お約束の6−22時。

浴室は男女別の内湯のみで、浴室は熱気でムンムン状態となっています。レンズが曇ってしまうので画像撮影に手こずります。10人ほどが入れそうな5×3m長方形内湯ですが、浴槽中央には円柱型の柱があるので妙な印象です。きれいな緑笹濁り色の湯は強め塩味、土類系の味に金気味。また土類臭に金気臭が漂うギチギチ湯。浴槽縁や床のレンガ調のタイルは、見事に赤茶色へと変色。中央の柱が湯口になっていて、熱い源泉と少量の水で温度調整して浴槽へ流れ込む仕組みである。それでも浴槽内は44℃と熱く、充分に体を慣らしてからでないと入湯はつらい。加水はあるものの、浴感たっぷり、オーバーフローたっぷりの強塩泉で楽しめる。
(05年7月)

(三昧)



恐山に宿泊した翌日、むつの繁華街に出る途中に立ち寄りました。むつ矢立温泉は比較的山中にあるけれど、看板が出ているので迷う事はないと思います(多分)。ゴルフ練習場やバンガローが併設され、雀卓も有り。むつのお父さんが気軽に立ち寄る憩いの場という感じでした。浴室は男女別でやや古びた雰囲気。青森県内の他所の浴場同様、脱衣所には演歌が響いています。浴室を開けると、中にも演歌が鳴っていてちょっとビックリでしたが。ビックリといえば、ここにはトド専用の枕が用意され、浴槽の回りには何人もの御夫人が好みのポーズで横たわっています。

10人程入られる四角い浴槽の中央には円柱の柱があり、そこから湯と水が溢れ出ています。湯はかなり熱めで、加水は仕方ないかな。加水されるも、それでも浴槽の湯は熱めで、アっという間にホテホテとなります。シジミのすまし汁のような濁りの湯は掛け流し。口に含むと海水に鉄を混ぜたかのような不味さ。かなりの打撃湯で長湯は危険。湯上がりは相当な発汗有り。駐車場にはムクッとしたかわいい老犬がいてウロウロ歩いていました。地元のおじさんが声をかけたりして、ここではお馴染みのワンちゃんのようです。
(03年9月)

…………………

再訪しました。またも暑い日に訪問してしまい、塩辛い熱湯にガツンとやられてしまいました。訪問時のむつ市は地元の人も「こう暑いと動きたく無い」という程で、その所為か、誰ひとり浴槽に体を沈める人はいません。トドになるか、せいぜい足を浸ける位です。外気温度の所為か前にも増して湯温が高く感じました。相変わらずの重く疲れる湯です。この湯はこういう真夏日和よりも、少し寒い位の日の方が楽しめるのかもしれません。そういえば何時の間にか10円値上げされていました。今回は駐車場のワンコも見あたりません。どこに行ったのかな?
(05年7月)

(まぐぞー)




男性浴槽
女性側もほぼ同じ造り


女性浴室図説



駐車場の老犬(03年)



はしご湯のすすめ青森県の温泉