はしご湯のすすめ栃木県の温泉


膳棚の湯 膳棚の湯

那須の山中

訪問:03年8月

現地の現状や安全ルートなど、必ず最新情報を入手後訪問されてください。ゴミは必ず持ち帰る、立入り禁止などの指示に従うなどマナー厳守で。周囲は危険を伴うガレ場です。訪問は自己責任で。


那須の山中に温泉が湧出していると聞いて行ってみました。道中、きつい山道を通過しようやく現地に到着。そこには一人も入ればいっぱいの岩で組まれた野湯がポツンとひとつある。浴槽には青いホースから無色透明、タマゴ臭の湯が注がれている。浴槽の底には白い析出が堆積、掻き回すと白濁。こんなところで硫黄泉に出会えて嬉しい限り。ここに到着するには体力に自信があるのは当然、更に危険を伴うので登山経験者同行で願います。
(03年8月)

(三昧)



那須の山の中にある野湯。野湯というわりには「こんな所に誰が造ったんだ」と思わず感心してしまう立派な石造りの露天風呂がある。大きさこそ大人一人が入ると一杯になってしまう小さなものではありましたが。そこに綺麗な無色の湯が垂れ流し。しかも底には黄色い湯花がたっぷりだ。湯浴みをすると、アッという間に湯花が舞い上がり、御覧の通りの真っ白な白濁湯になってしまった。独り用の露天風呂に浸かり、青々と広がる山々を眺めながらの湯浴みは格別でした。

膳棚の湯付近のガレ場は崩れやすく大変危険。もし崖崩れで足を滑らせたら怪我だけでなく命を落とす危険もあるかもしれません。今回は2人の山の達人にくっついて訪問した次第。
(03年8月)

(まぐぞー)




人が入るとこんな感じ


ここからもお湯が出ている


下の方に白く見えるのが膳棚の湯


はしご湯のすすめ栃木県の温泉