はしご湯のすすめ宮城県の温泉


早稲田桟敷湯
鳴子温泉 早稲田桟敷湯

大崎市鳴子温泉
0229-83-4751
8時30分〜22時
530円

訪問:02年9月、03年3月



早大の学生が掘りあてた温泉で有名の共同浴場です。館内は斬新な造りとなっていて、知ってる限りでは今までにない施設。と思う。結構な人気でお客さんもたくさんで混雑気味。湯は無色透明、白っぽい溶き卵状の大小様々な湯華が浮遊しています。温度は42-43℃で熱めの湯。別料金で貸しきり露天風呂もあります。料金は500円台と高めなので毎日浸かる地元の方より観光客向けか?
(03年3月)

(三昧)



温泉街の中にあって、黄色い建物が目立つ共同浴場です。夜8時以降は300円になると聞いて、いそいそと出かけて来ました。閉鎖的な通路、階段を経て入り口に辿り着きます。まるで雑居ビルにある居酒屋にでも行くようなアプローチ。券売機で入湯券を購入し、下足箱へ靴を入れて一歩足を踏み入れると‥「ん?」何やら床が暖かいのです。これは床暖房かな??

それはさておき、さて浴場。ガラーンと広い浴場は天井が高く、いくつかに仕切られた大きな浴槽がありました。お湯は無色透明で、底にシルクの切れ端のような湯の花が沈澱しています。手ですくってみると、これがまた、ふんわり柔らかくて気持ちいい。こういう溶き卵のようなお湯が、私は大好きです。

お客さんは5〜6人いたでしょうか?けれど、浴場が広いので、あまり人が居ないような錯覚に陥ります。今回は閉館間際の訪問だったのであまりゆっくり湯浴みが出来ず残念でした。今度はもっと早い時間にゆっくりと来たいなー。別料金で貸しきり露天風呂もあるようで、こちらも気になるところです。

因に早稲田大学の学生さんが掘削の研修で掘り当てたお湯なので、この名前が付いたみたいです。建物の中では期間限定で私の崇拝する画家「谷内六郎」の絵画展もしておりました。時間が合わず見られなかったのが非常に残念!
(02年9月)

(まぐぞー)



はしご湯のすすめ宮城県の温泉