はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 煮川の湯
草津温泉 煮川の湯

吾妻郡草津町
24時間/無料
備考:地域の生活湯です。
入浴の際は、「もらい湯」感謝の心で・・・。
共同浴場利用要件の掲示

訪問:02年6月〜04年8月十数回利用、05年3月、10月、06年2月、4月、07年3月、7月、09年5月、9月、10年10月、12年2月、14年3月

煮川源泉/酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/45.0℃ pH=2.1 溶存物質計=1.43g Na=47.7mg K=22.9 Mg=30.5 Ca=62.8 Fe2=18.4 Mn=1.5 Al=38.9(20.36mv%) H=7.9(37.15) F=8.5 Cl=263(34.57) SO4=576(55.85) HSO4=154 Br=1.6 H2SiO3=190 HBO2=6.4 H2SO4=3.1 CO2=110 H2S=10.0 As=0.1 (H25.4.24)/※温泉利用状況=全ての項目において該当なし


湯畑から3分、大滝乃湯から1分のとこにある煮川の湯は18ヶ所ある共同浴場のなかでも湯質がすんばらしいです。草津共同浴場の中では珍しくタマゴ臭プンプン、湯口にはコテッと白黄色の湯花が付着しています。ほんのり白濁りする湯はマイルドな酸味。しかし激熱で肩まで浸かるには気合いが必要(46〜48℃)。この熱さがたまらん!というファンも多い。(たまに加水うんぬんでなく、湯温が低下する時もある、不思議だ)浴槽は3-4人程度のこじんまりとしたもの。この小ささも嬉しい。大滝乃湯や旅館街に近いという事もあって、夜間の利用客がひっきりなしに訪れます。無料の共同浴場で煮川源泉を楽しめるのはココだけです。
(04年8月)

…………………

暫くぶりに訪問してみました煮川の湯。道路角に建つ三角屋根の木造り湯小屋の外観です。浴場のすぐ近くに煮川源泉が湧出しており、付近はタマゴ臭が漂います。当日は誰もおらず終始貸切状態。浴室にはいつもの木造り浴槽があり、湯が湯口から全量そのまんまが投入されていました。その割には45℃ほどの湯温で、想像していた温度ほどではなかった。しかしながら45℃は熱いのだ。湯はきれいに透き通り新鮮そのもので、タマゴ臭がプンプンする。ちょっとばかり熱い湯ですが、いつも満足させてくれる煮川の湯です。
(06年2月)

…………………

同浴だった年配のおじいさん、浴槽から上がったと思えばフラフラ状態で危ない状態だ。どうやら激熱の湯に浸かり、上がったところで立ちくらみしたよう。なんとか手すりにつかまりセーフ。無理の無いように湯浴みしてほしい。
(07年7月)

…………………

再訪した。草津にくるとどうしても煮川の湯は寄ってしまう浴場の一つだ。すると浴舎外観がそのままだが、内部がリニュアルされていた。浴室内においては床が木造から耐酸仕様のコンクリにリニュアル。浴槽も木造だったのがやはり同様にリニュアル、浴槽縁のみに木材を用いている。今までの木の浴槽が気に入っていたので、少しばかり残念であった。木造の源泉枡も新規に入れ替え、更に浴室壁も一部に耐酸塗装が施されている。

かなりの変貌を遂げてしまったが、お湯は本物だ。源泉枡48℃、浴槽内46.5℃の状態。湯に浸かるとビリビリと身体に刺激をしてくる煮川源泉、明礬臭にタマゴ臭をプンプンと放っている。また、身体に付着して次の日まで臭いが楽しめるお湯でもある。
(09年5月)

…………………

H25年分析の新しい分析書が掲示されていました。泉温が前回分析時と比較しておよそ5℃ほど低下したせいか、今回の訪問では以前より幾分浸かり易い湯となっていました。湯温は湯口にて47.2℃、浴槽では45.6℃でした。
(14年3月)

(三昧)



煮川共同浴場はトンガリ屋根のちょっと変わった外観がおもしろい。浴室へは玄関扉を開けて階段を下り辿り着きます。そのアプローチもまたおもしろい。

湯はごくごく仄かな白濁りに加え硫黄風味を強く感じるもので、激熱ではあるものの、嫌みのない優しさが嬉しい。何度か訪問すると投入される湯の湯温や微妙な濁りの変化も楽しめます。湯小屋の裏、大滝乃湯駐車場へ通じる道沿いには煮川源泉がゴボボボッと沸き上がる白い源泉ドーム(?)があり、これまたトンガリ帽子みたくおもしろい。
(04年8月)

…………………

煮川は熱湯ながら、どこか柔らかさのある湯がたまりません。本日もほんのり漂うタマゴ臭に包まれたく訪問。3〜4人サイズの木造浴槽も風情満点で素敵です。さて、本日の煮川は湯口より流し込まれる湯がいつになく「ぬるめ」、浴槽内に至っては、湯畑源泉利用の湯よりもぬるい位でした。ほぼ無色透明の湯が満たされ、浴槽の底には白い硫黄パウダーが沈殿。口に含むと雑味のない酸味が印象的です。湯、風情共に満点の煮川、難点は大滝乃湯駐車場や大型旅館に近い為か、湯浴み客がひっきりなしに訪れる事。
(05年10月)

…………………

柔らかなタマゴ臭が心地よい煮川共同浴場です。本日はスッキリ綺麗に澄んだ無色透明湯が大量に掛け流されていました。これ程の溢れ出しであれば、さぞかし熱いだろうと思いきや、意外にもそれ程熱くはありません。湯口47℃、浴槽内で43℃となっています。男性側はあいも変わらず熱かった様子。実は以前より度々男性側との温度差(女性側の方がぬるめ)を感じるのですが、これは湯小屋の構造に関係するもの??冬に行くと、女湯、さみぃ〜んだよね。
(06年2月)

…………………

久し振りに訪問してみたら、あらまビックリ、浴室が改装されていました。以前の風情ある木造浴槽と洗い場は無くなり、草津で御馴染みの耐酸コーティング仕様に変身です。浴槽の木枠と源泉投入箱だけが以前の面影を残していました。4人サイズの浴槽、相変わらずの掛け流し量で明礬タマゴ臭がプンプンしています。久々の草津一湯目だったので熱さがより一層身に染みたー。
(09年5月)

…………………

ここ数年、以前と比べ浸かりやすくなった印象のある煮川ですが、やっぱりというか新しい分析では温度が低下していました。ここは時間帯によっては、白旗同様に草津居住以外の常連さんが目立つ所ですね。
(14年3月)

(まぐぞー)


2002年〜07年



02年頃


06年


扉が新しくなりました



男性


男性


男性



男性


男性


男性



女性


女性


女性



掲示


源泉


源泉

09年〜



男性


男性


男性



女性


女性


女性



女性


女性


女性

煮川の湯温度 (個人的趣味の記録)
07年3月浴槽45.5℃/07年7月湯口48℃、浴槽47℃/09年5月湯口48℃、浴槽46.5℃/09年9月湯口47℃、浴槽47℃/湯口47.2℃、浴槽45.6℃

【以前の分析】煮川源泉/酸性-含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)/49.9℃ pH=2.1 湧出量測定せず(自然湧出) 溶存物質計=1530mg Na=53.8mg(10.37mv%) K=24.2 Mg=31.0(11.32) Ca=68.3(15.11) Fe2=18.7 Mn=1.1 Al=45.4(22.37) H=7.9(34.94) F=10.3 Cl=317(38.79) SO4=574(51.98) HSO4=154 H2SiO3=216 HBO2=8.0 H2SO4=3.1 H2S=15.8 (H15.4.15)


はしご湯のすすめ群馬県の温泉