はしご湯のすすめ山形県の温泉


蔵王温泉 下湯共同浴場
蔵王温泉 下湯共同浴場

0236-94-9328(蔵王温泉観光協会)
6時〜22時
200円

訪問:03年5月、06年12月



蔵王の下湯共同浴場へ久しく再訪する。蔵王に来るといつも浴場前まで行くのだが、タイミングが悪く混雑しているので毎回パス続き。今回、22時に寄ってみると誰もおらずここぞとばかりに入湯。湯巡りコケシを購入し、それを持参すると無料で利用可能。

天井高い浴室は換気良好でよいです。木造り長方形浴槽は使い込まれており、なんともいえない良い雰囲気が漂っています。湯は薄っすらと白濁り、弱タマゴ臭に明礬臭。肌を溶かすようなヌルッとする浴感があります。44℃の湯は熱すぎず温すぎずで、このような泉質の湯にはドンピシャの適温かと。分析数値を眺めるとそうそうたる数値が並んでいて見ているだけで楽しくなってしまいます。湯のコンディションも今回は良好で満足。湯口では46℃の源泉を相当量投入、木枠の浴槽縁より溢れ出しての掛け流し。たまりません。
(06年12月)

(三昧)



蔵王温泉街に三軒ある共同浴場のうち、旅館や土産物店が並ぶ賑やかな通りの中ほどに面し、源泉オブジェや足湯もあるログハウス風の「下湯」です。ここはいつも多くの観光客で賑わっていたので、ちょっと訪問を躊躇っていました。今回、実に3年振りに利用してみたのですが、タイミング良く終始貸切状態でたっぷり湯を楽しむ事ができました。

素朴な湯小屋には男女別に内湯がひとつづつ。女性側には5〜6人サイズの長方形浴槽があり、浴槽は勿論、洗い場もすべて木造りでいい雰囲気です。柱の下の部分をくり貫いた湯口より、やや熱めの湯をドドッと投入、溢れ出しもなかなかの量です。浴槽内でやや熱め〜適温となり、ごく薄白濁を帯びたほぼ無色透明、強烈な明礬臭と明礬味の湯ですが、ツルツル浴感に加え、ちょっと「こなれた」感じがあり、入りやすい印象。浴槽底には粉状白湯花が沈殿。掻き混ぜるとモワッと湧き上がります。

実は前回訪問時はやや湯汚れが生じ、あまり良い印象ではなかったのですが、今回は湯の鮮度も良く満足のゆく一浴となりました。
(06年12月)

(まぐぞー)




男性浴室


女性浴室


女性浴槽



湯口(女性)


湯小屋横の源泉オブジェ


近江屋3号源泉 酸性-含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 49.7℃ pH=1.3 蒸発残留物=3487mg H=44.4mg Na=67.9 K=60.0 Mg=63.7 Ca=102.0 Al=279.9 Mn=2.3 Fe2=68.5 F=27.3 Cl=808.8 Br=0.8 I=0.5 HSO4=2833 SO4=1886 H2SiO3=221.2 HBO2=8.6 CO2=634.0 H2S=10.3 (H元.12.28) ※加水あり


はしご湯のすすめ山形県の温泉