はしご湯のすすめ山梨県の温泉


信玄温泉 HOTEL1-2-3甲府

甲府市国母8-1-1
055-221-7000
7時〜10時・15時〜23時
日曜・連休最終日7時〜23時
500円
宿泊しました:ツイン朝食付き2名で一部屋7800円利用

訪問:15年2月(泊)




甲府市内にある一泊B&B方式の格安ビジネスホテルです。甲府のビジホですから温泉付きなのは言うまでもありません。立ち寄りにも積極的で7-23時(途中、清掃による中断時間あり)で外来入浴可能です。地域の公衆浴場的な存在でもあるようでした。

部屋は洋室ツインでビジホでは一般的な客室です。全部屋にて有線ながらネット接続も利用可です。サービスの朝食は手がかからないそれなりのバイキング方式ですがあくまでもサービス朝食なので文句は言えません。

浴室は二か所にあり男女入れ替え制です。宿泊当日の24時半まで入浴可能、翌朝6時の開始時間には入れ替わっているので両方の浴室に浸かることができます。深夜帯は清掃につき浴室の利用はできません。宿泊当日の男湯は二階にある浴室でした。内湯と露天風呂という造りですが、この浴室の特徴は左右に対照的な浴槽があることです。おそらく以前は男女別であっただろう造りで、仕切りを外しひとつの浴室にしたと想像できます。内湯は6人サイズのタイル造りが二つあり、一方は普通浴でもう一方がジャグジーが作動してある造り。普通浴側には地元民と推測される方々が長湯して楽しんでおられました。湯口から塩ビ管が直に浴槽内抽入されており鮮度面もまずまずで、見るからに湯船縁からオーバーフローが確認できます。薄らと緑がかった透明湯で弱いつるスベ浴感があります。露天風呂は4-5人のタイル造り。源泉は底面より注入されており空気に触れることはありません。40℃ちょいの適温湯が掛け流しです。

翌朝の男湯は一階浴室へと入れ替わっていました。15人サイズのタイル造り内湯があり、湯温は43℃ほどに調整されています。塩ビ湯口より80L/minの大量注入があるのが凄いです。湯は黄色づいた透明湯、湯口では金気臭にモール臭がします。打たせ湯も別コーナーにありますが、こちらは見学のみ。扉向うの露天風呂には一人用のつぼ湯が三つほどあります。五右衛門露天風呂というネーミングだそうで、全て適温の掛け流しです。

他に有料ながら家族湯もあったので、せっかくなのでネタの為もあり利用してみました。おそらく以前利用していた内湯と推測できるのを、現在では家族風呂として使っているのでしょう。タイル造りの10人サイズの広さのものです。窓もなく閉鎖された空間ですがお湯は一番の高鮮度です。見る場所によって緑がかったような、黄色づいたようにも見えなくもないです。 ツルツル感あって重曹泉の特徴が良く出ています。湯温は湯口43.7℃、浴槽においては42.3℃となっています。結果としてココの家族湯の湯が一番良かったですね。

湯めぐり拠点に格安なので利用価値はある温泉付きビジホですが、難点を言えば宿泊した休前日の土曜日の夕方以降は立ち寄り客で浴室は賑わうことですかね。
(15年2月宿泊)

(三昧)



車がバンバン行き交う交差点に位置する縦じまのポップな外観が印象的なビジネスホテルです。最寄の国母駅からは5〜600メートル程離れていて、周囲は交通量も多く環境的にはいまひとつな印象ですが、良質な掛け流し温泉が楽しめ、そしてなにより料金設定がかなりお得なんです。その安さが人気なのか訪問時はほぼ満室、ビジネス客に加えファミリーやカップルなど様々な客層で賑わっていました。

宿泊した部屋は平均的なビジネスホテルのツインルームで、茶とグレーを基調とした落ち着いた色合いの室内です。清掃はバッチリ綺麗にされ、気持ち良く利用できました。窓からの外光もよく入り閉塞感もほとんどありません。料金は安いですが、簡単な朝食も付いていて一階フロント横のラウンジにてバイキング形式となります。このラウンジにはコーヒーサーバーも置かれていて、朝食以外の時間にも自由に利用する事ができました。夕食は館内の食堂も利用できますが、周辺の提携飲食店にてルームキーを見せると特典が付くサービスを行っていたので、「元祖鳥もつ煮の奥村本店」にて甲府鳥もつセットをいただきました。宿泊者へのサービスには白玉とバニラのアイスをいただけました。

温泉は造りの違う浴場が一階と二階にあり男女入れ替え制で、それぞれに掛け流し利用の内湯と露天風呂があります。その他に別料金で貸し切り風呂があります。初日の女湯は一階で内湯に10数人サイズ浴槽+打たせ湯(のような箇所)、露天風呂には三つの一人用壷風呂がありました。翌朝は二階の浴場が女性用となり、内湯には6人サイズの普通浴槽+6人サイズのジャグジー槽、露天風呂には4〜5人サイズ+4〜5人サイズのセパレート型長方形浴槽がありました。湯はいずれも適温のやや黄色がかった透明、モワッとした重曹臭と金気、甘い重曹味のあるもので、細かな泡付がありスベスベ感のある気持ちのよい湯です。ただし立ち寄り時間が朝7時から夜23時までと長く料金も手頃なため、街中の公衆浴場としての要素もあり、お馴染みの常連さんも多いようで、時間帯によっては一見さんの自分は肩身の狭い思いをする事もありました。また利用客が多く、夜には湯の元気がチョット無かったかな。

せっかくなので有料の貸し切り風呂も利用してみました。広いスペースに10人サイズほどの浴槽がひとつあり、雰囲気からして昔はこの浴室を大浴場として使っていたのかな?という印象もあります。お湯は男女別浴場と同じものですが、さすがに利用客が限られるので鮮度良く、投入量溢れ出し共に充分で、湯口では大浴場では感じられなかったタマゴ臭も感知。45分の貸し切りですが損はなかったと思います。

浴場に関しては「宿泊客」というメリットは薄いですが、なにより安値で利用でき掛け流し湯が楽しめるのが嬉しいビジホでした。
(15年2月宿泊)

(まぐぞー)




玄関横には手湯?


玄関


フロント



宿泊した部屋


ビジホの基本備品は
だいたいあります


窓からの眺め



朝食ラウンジ


窓際の席


朝食時間外も
利用できるサーバー



朝食


朝食


朝食

浴室その1



浴室の案内板


卓球台もあります


脱衣所



普通浴槽


湯口


浴槽から



ジャグジー槽


別の角度から


手前普通浴槽
奥ジャグジー槽



露天風呂


底面注入です


富士山が見えるらしい

浴室その2



内湯


湯口


水風呂



露天風呂


壷風呂です


露天風呂の飾り

貸し切り風呂



脱衣所


浴室


浴槽



入った様子


湯口


溢れ出し

信玄温泉 単純温泉 43.7℃ 408L/min(掘削動力) pH=7.5 溶存物質計=729.2mg Na=123.5mg(68.58mv%) K=9.2 NH4=1.2 Mg=13.1 Ca=21.2 Sr=0.2 Mn=0.1 Fe2=0.2 F=0.2 Cl=65.4(22.83) HPO4=0.5 HCO3=378.4(76.93) H2SiO3=113.9 HBO2=2.1 (H26.8.8) 温泉利用状況=掲示見当たらず


はしご湯のすすめ山梨県の温泉