はしご湯のすすめ山形県の温泉


寒河江温泉 ホテルシンフォニーアネックス 寒河江温泉 ホテルシンフォニーアネックス

寒河江市寒河江久保11
0237-83-1222
10時30分〜16時
1000円

訪問:15年12月

※女性浴室は撮影禁止のため画像無し。画像は全て男性浴室です。


山形道・寒河江SAのスマート出口より1分の場所にあるシティホテル。隣接する施設にはお馴染みの「ゆ〜チェリー」「チェリーパークホテル」もご近所さんの立地である。立ち寄り湯は食事処の入口に「ゆ」と書かれた暖簾が目印だ。受付して浴室へ向かいます。途中には入浴料金内込みの畳敷の休憩室が用意されている。

入浴施設としては男女別にそれぞれ内湯と露天風呂を備える。木枠の六角形型みかげ石造りの浴槽は10人以上は裕に浸かれる広さがあります。湯は薄いウーロン茶色透明、弱くカルキ臭、弱くモール臭を感じます。湯使いは加温ありの循環濾過ありの塩素使用あり、といった感じ。

露天風呂は大きな岩や石を用いた岩風呂といった印象。内湯より熱めの44℃なのでじっくりと長湯を決め込む、というわけにはまいりません。こちらも薄ウーロン茶色透明な湯。館内・建物・設備が充実してご立派な施設なのですが、もう少し湯使いを頑張って欲しいなぁ。
(15年12月)

(三昧)



シンフォニーの別館です。チェリーパークホテルの並びにあり、最上川に面しています。雰囲気や立地からしてビジホというよりは、こちらも本館同様シティホテルといった位置づけでしょうか。といってもホテルと浴場の入り口は別にあり、入浴だけならロビーホールに入る事もないので、印象としては併設の食事処にある浴室に立ち寄るといった感じです。

食事処のレジで料金を支払い横の通路を進むと男女別大浴場です。脱衣所を抜けると先ずは内湯があり、10人弱サイズの木枠浴槽がひとつあります。浴槽には湯口がありましたが、訪問時は時々適温湯がチョロチョロ出て来る程度で、何故かほとんどストップ状態。続く露天風呂は10人サイズの岩風呂です。こちらの湯口はしっかり稼動していて、適量湯を流し込んでいます。排湯管への溢れ出しも見られ、湯の状態は内湯よりはいいものでした。横にはもうひとつ謎の露天風呂らしきものがありましたが、そちらは湯がなく空っぽでした。肝心の湯は内湯・露天風呂共に薄いウーロン茶色の寒河江らしいものですが、循環稼動で塩素臭がプンプン漂います。湯使いとしては源泉も入れつつの、循環といったトコでしょうか。
(15年12月)

(まぐぞー)




温泉の入り口はコチラ


この暖簾が目印


休憩スペース



男性脱衣所


ロッカーも完備


いろいろ揃ってます



男性内湯


浴槽


湯口



お湯


男性露天風呂


男性露天風呂

新寒河江源泉 単純温泉 49.5℃ pH=7.1 溶存物質計=691mg Na=142.7mg K=14.2 Mg=5.3 Ca=10.7 F=0.4 Cl=116.1 Br=0.6 I=0.4 HPO4=5.3 HCO3=271.5 CO3=39.7 H2SiO3=121.1 HBO2=1.0 CO2=39.7 (H20.11.27) ※温泉利用状況=加温あり、循環濾過あり、塩素系薬剤の使用あり


はしご湯のすすめ山形県の温泉