はしご湯のすすめ群馬県の温泉


草津温泉 西の河原露天風呂 草津温泉 西の河原露天風呂

吾妻郡草津町
7時〜20時
4月1日〜11月3日営業
600円

訪問:15年9月

※館内撮影禁止のため浴室画像はありません。


草津には数えきれないほど訪れているが当露天風呂にはなぜか未湯だった。朝一に訪問するのにちょうどいい機会に恵まれたのでどれどれと出掛けてみた。営業開始10分前にも関わらず10数人ほど並んでいるのに若干驚く。受付は係員による料金手渡し方式。H27年5月に以前からの施設をリニュアルオープンした模様だが、なんせ未湯なのでどう変わったのかは不明。気づいたのは、脱衣所や露天風呂周辺廻りやベンチなど随所に採用されている木材が新しいことだ。風呂をみて思ったのは広い露天風呂ということだ。ざっと100人以上は問題なく浸かれそうな広さである。写真撮影、ビデオ撮影などは禁止されているのでその点はお忘れなく。

脱衣所から縦に長い小池の様なではなく大池のような形をしている浴槽だ。利用源泉は万代鉱を利用、木製樋より100L/min超えの投入量があるが、浴槽サイズからしてその3倍は源泉投入して欲しいのが個人的な贅沢な希望。体感で40−41℃ほどで、湯温やロケーションは一般向けでもあるのでそれはそれで良いかも。湯は無色透明、弱つるつるする。湯口付近で香る甘いような香りで万代鉱源泉というのがわかる。30分ほど浸かり、本日一湯目を愉しんだ。
(15年9月)

(三昧)



秋の連休「シルバーウィーク」の初日、朝一番で訪問した露天風呂です。西の河原公園内にあり、何度も近くをブラブラ歩いた事がありますが実際に訪問したのは初めてです。朝一番の訪問にもかかわらず、入り口には既にお客さんの列が・・。受付で料金を支払い女性浴室へ向かうと、先ずは新しい印象の木造脱衣所です。そしてその奥にドーンと大きな石造り露天風呂がプールのように広がっていました。その広さたるや、おそらくは100人位入られるんじゃないかな?

肝心の湯は無色透明な中に白い粉状湯花も浮遊するもので、草津らしいヌルスベとした浴感があります。浸かってみると万代鉱独特の甘ったるい香りが漂います。てっきり「西ノ河原源泉」を利用しているのかと思っていたのですが、実際は「万代鉱」でした。湯温は草津にしてはぬるめの適温で、こなれ気味という事もあり、随分と浸かりやすい湯になっています。草津ならではの熱くキリッとした湯を求めると肩透かしにあいますが、万人がストレス無く浸かれる湯で、これはこれでいいんじゃないかな。訪問時はぬけるような晴天の青空の下、清々しい朝風呂を楽しむ事ができました。
(15年9月)

(まぐぞー)



万代鉱 酸性-塩化物・硫酸塩温泉 96.5℃ pH=1.6 溶存物質計=3.3g Na=101mg K=57.9 Ca=102 Fe2=6.3 Mn=2.8 Al=47.1 H=26.0(54.84mv%) F=23.2 Cl=742(44.41) SO4=836(36.92) HSO4=732 Br=2.9 H2SiO3=501 HBO2=18.7 H2SO4=48.1 CO2=14.7 As=5.23 Pb=0.17 (H25.4.24) 温泉利用状況=加水あり


はしご湯のすすめ群馬県の温泉