はしご湯のすすめ福島県の温泉


新甲子温泉 甲子高原山荘 新甲子温泉 甲子高原山荘

西白河郡西郷村真船馬立2
0248-36-2946
10時〜16時(土日祝〜17時)/400円

訪問:12年5月

新甲子温泉開発株式会社源泉/44.2℃ pH=7.9 90L/min(動力) 溶存物質計=926.5mg Na=90.4mg(30.68mv) K=2.4 NH4=0.2 Mg=0.2 Ca=175.9(68.53) F=1.8 Cl=3.6 SO4=570.0(91.10) HCO3=59.0 H2SiO3=21.4 HBO2=1.0 CO2=16.5 (H16.6.14)/※温泉利用状況=加温あり


会津からの帰宅途中、たまたま通りがかりに立ち寄ったお宿。外観は小さな民宿風な平屋建ての造り。受付の女将さん「男湯を貸切でいいよ」と言う。というのも今回は立ち寄り営業時間外だった為、一組の宿泊客は朝御飯中。「その間に貸切で入っちゃって」的な計らいだったのでしょう、女将さんありがとうございました。

ガラス張りで明るく清潔感を感じる浴室。窓からはお宿裏手の新緑と朝陽が眩しいです。浴槽は5-6人サイズのタイル造り。丸太の湯口から40.7℃の源泉が滑り台のように浴槽へ流れ込みです。浴槽内には家庭用浴槽にもある2つ穴の追い炊きシステムが設置されています。加温装置が作動して浴槽内では42.2℃の適温の湯浴みとんります。無色透明、弱薬臭。クセの無い湯が静かに加温掛け流しされています。湯の鮮度も良好で朝から大満足で帰路についた。
(12年5月)

(三昧)


比較的大きめな施設が目立つ新甲子温泉の中では珍しく、こぢんまりとした民宿的印象のあるお宿です。甲子トンネルから那須方面へ行く途中に立ち寄ってみました。館内には男女別に内湯がひとつづつあり、「男湯を貸切してよい」と女将さん。お言葉に甘えて利用させていただきました。

広くとられた窓からは外光がよく射しこみ、とても明るい雰囲気です。浴室には5〜6人サイズの略長方形浴槽がひとつあり、綺麗に澄みきった無色透明の湯が静かに溢れ出ています。浴槽上の湯口からは、ややぬるめ寄りの適温湯が流し込まれ、浴槽内で加熱の為と思われる熱い吐き出しと吸い込みが稼動。源泉投入ぶんの溢れ出しがあり、加熱掛け流しと言ってよい状態だと思います。ごくごくわずかな温泉臭香るクセのない湯は、毎日でも浸かりたいもの。お宿の周囲は清々しい林で、入浴中も常に小鳥のさえずりが響き、なんとも心地よい朝風呂となりました。
(12年5月)

(まぐぞー)



浴室入口


浴室


湯口



溢れ出し


新甲子温泉ケロリン


窓の外


はしご湯のすすめ福島県の温泉