はしご湯のすすめ青森県の温泉


薬研温泉 薬研荘 薬研温泉 薬研荘

むつ市大畑町薬研14
0175-34-2779
立ち寄り時間要問合せ/300円

訪問:13年1月

薬研1号、2号混合泉/単純温泉/45.2℃ pH=6.9 溶存物質計=584.1mg Na=89.7mg(50.19mv%) K=2.5 Mg=0.3 Ca=75.6(48.53) F=0.4 Cl=62.5(22.95) Br=0.1 SO4=260.1(70.29) HCO3=30.5 H2SiO3=60.0 HBO2=2.6 CO2=10.2 (2002.10.31)/※温泉利用状況の掲示は確認できず


「家庭的雰囲気で薬研一安い」の看板に引き込まれるようにして立ち寄ったお宿。入口玄関上に掲げられた「旅館・薬研荘」の看板が無ければ一般民家のようにも見えます。とても元気の良い女将さんに対応いただき受け付け。廊下を進んだ先に男女別内湯を備えます。女将さんが男湯を貸切でいいよ、との事でそうする事に。

清潔感を感じる浴室で好印象。2人でゆったりサイズの小さな青角タイル浴槽が一つあります。湯は岩石湯口から浴槽投入され、湯口は白色析出物がたっぷりと付着しています。無色透明、無味、湯温は42℃ほどでの湯浴みができます。浴槽端に切り込みがあり、そこからオーバーフロー湯が排湯口へ流れるような造りとしています。熱くなく温くなくの良質な掛け流し湯を楽しめました。
(13年1月)

(三昧)


薬研温泉にある鄙び系のお宿です。「家庭的雰囲気で薬研一安い」というキャッチコピーの入った看板が妙に気になり訪問してみました。薬研荘は「家庭的雰囲気」という言葉通りのお宿で、看板がなければ普通の民家に見えなくもありません。立寄りを伺うと元気な女将さんが快く受付けてくださいました。

館内には内湯が二つ。おそらくは男女別と思われますが、訪問時は片方を貸切利用してもよいとの事で、ありがたく使わせていただきました。こぢんまりとした浴室には、ゆったり浸かって2人サイズのタイル浴槽がひとつ。スッキリとした温泉臭漂う無色透明の湯が注がれ、浴槽内で適温の掛け流しとなっています。湯汚れのない綺麗な湯は、ちょい引っかかり感のある肌触り。洗い場のカランも温泉利用で、湯を出すと浴槽湯口の投入が減るという連動タイプです。浴槽も含め浴室全体の清掃が行き届き、とても好感が持てます。窓からは雪景色の木立が見え、ノンビリと湯浴みを楽しみました。
(13年1月)

(まぐぞー)



看板


浴室


浴槽



浸かってみました


湯口


溢れ出し


はしご湯のすすめ青森県の温泉