はしご湯のすすめ山形県の温泉


小野川温泉 春木屋 小野川温泉 春木屋

米沢市小野川町2474-1
0238-32-2711
8時〜21時/400円

訪問:12年10月

■1階男女浴室/協組4号源泉、協組5号源泉/含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
■2階女性浴室/協組4号源泉/含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(硫化水素型)
→詳しい成分内容はページの下


キレイで落ち着いた雰囲気の印象を受ける温泉宿「春木屋」。湯めぐり手形を利用して立ち寄りする。浴室は一階に男女別浴室、二階には女性専用浴室を完備する。どちらの浴槽も内湯のみで露天風呂はない。

一階浴室は湿度で少しモワッとする空間。ガラス窓の向こう側に池があり、金魚が飼育されていて眺めることができる。小池のような形のタイル張り浴槽は、6-7人がゆったり浸かれるほどの広さがあります。利用源泉は4号と5号の混合、浴槽端の御影湯口から静かに投入しています。湯船で無色透明、薄塩味、湯使いは掛け流し。体感で43℃ほどで熱くもなく温くもなく浸かり易いかと思います。
(12年10月)

(三昧)


尼湯共同浴場の背後に位置する、小野川温泉の中ではやや大きめにも見える温泉旅館です。綺麗でスッキリとした温泉旅館といった佇まいで、女性ウケしそうな雰囲気があります。館内には1階に男女別浴室、2階に女性用浴室があるので、女性は少し得です。

先ずは1階浴室へ。大きくガラス窓がとられた浴室に、5-6人サイズの丸みを帯びた扇形タイル浴槽がひとつあります。湯口より焦げタマゴ臭漂う無色透明の熱い源泉を投入し、浴槽内で適温。ただ、既に大勢の人が浸かった後なのか、浴槽湯はだいぶ「こなれ」気味。浴槽とシャワーの間隔が狭いのも要因のひとつかな。窓の外には池があり、金魚が数匹泳いでいるのが見え癒されます。

続いて2階の女性用浴室へ。1階の浴室が新館浴室なら、こちらは旧館浴室といった趣があります。窓から外光が射し込む明るい浴室に7-8人サイズのタイル浴槽がひとつ。湯口より熱い無色透明の源泉が流し込まれ、浴槽内でキリリと熱め。香ばしい焦げタマゴ臭が強く香り、一口含むと塩味がします。湯中には1階浴室では見られなかった溶きタマゴ状の大きな黄白い湯花がたくさん舞い、なにより鮮度良好で、この浴室は大変気に入りました。
(12年10月)

(まぐぞー)



男性浴室


湯口


湯口の掲示



浴室からの眺め


女性浴室


湯口



2階女性浴室


湯口


フロントにいたワンコ

■1階男女浴室/協組4号源泉、協組5号源泉/含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉/45.5℃ pH=7.2 溶存物質計=4221mg Na=1005mg(68.41mv%) K=84.5 Mg=6.8 Ca=710.9(27.75) Mn=0.4 F=2.1 Cl=2199(97.28) Br=6.0 HS=0.6 S2O3=5.3 SO4=48.8 HCO3=58.4 H2SiO3=86.6 HBO2=6.0 CO2=22.3 H2S=0.4 As=0.2 (H21.1.6)

■2階女性浴室/協組4号源泉/含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(硫化水素型)/80.3℃ pH=6.9 約1200L/min(掘削60m) 溶存物質計=5768mg Li=4.3mg Na=1412(66.14mv%) K=123.2 Mg=4.3 Ca=547.2(29.41) Mn=0.3 F=2.8 Cl=3199(95.93) Br=8.7 I=0.4 HS=1.7 SO4=78.3 HCO3=115.3 CO2=24.4 H2S=2.5 H2SiO3=241.7 HBO2=28.7 HAsO2=0.2 CO2=24.4 H2S=2.5 (H15.10.20)


はしご湯のすすめ山形県の温泉