はしご湯のすすめ福島県の温泉


飯坂温泉 花之湯 飯坂温泉 花之湯

福島市飯坂町湯野字切湯の上32
0245-42-2231
8時〜21時/500円

訪問:12年1月

湯野分湯槽/単純温泉/60.0℃ pH=8.6 成分総計=809.5mg Na=211.3mg K=4.9 Mg=0.2 Ca=30.4 F=5.0 Cl=102.3 OH=0.1 SO4=328.1 HCO3=42.8 CO3=4.5 S2O3=0.1 H2SiO3=76.2 HBO2=3.6 (H17.2.3)


摺上川沿いにある中規模な温泉旅館。建物隣には公衆浴場「切湯」もある。夜も21時頃の立ち寄りだったが、「うちは21時まで受付してるからギリギリOKよ」と女将さん。

男性浴室は帳場より階下にある。男女別浴室それぞれに内湯が一つずつあり、露天風呂はない。当日、男湯は大理石を浴室内の壁やら床やら湯船に利用している「大理石風呂」であった。

ガラス窓沿いにゆったり5人程が浸かれる長方形浴槽が一つ。シャコガイの貝殻に似たような湯口、そこからボコボコと源泉が湯船へと注がれる。無色透明、弱薬臭。湯口付近は熱め、湯尻では丁度良い浸かり具合。当日、湯の鮮度もまずまず。湯船内には以前利用していたと思われる循環穴があるが、現在では目張りされて循環されてはいない。激熱な共同浴場が苦手な方、掛け流し湯に適温入浴が出来る点ではオススメでしょう。入浴後、ロビーにて休んでいると女将さんにアイスをいただきました。
(12年1月)

(三昧)


切湯共同浴場のすぐ隣にある旅館です。当初お目当てだった切湯共同浴場が定休日で×。他の共同浴場に行く気にもならず、既に時間は夜の9時近くでしたが、ダメもとで隣の花之湯へ立寄り入浴を伺ってみました。すると元気な女将さんが対応してくださり、快く迎え入れてくださいました。感謝、感謝です。

館内には趣きの違う内湯が二箇所あり、訪問時は「花風呂」が女性用でした。男女入替え制かは不明。「花の湯」という名前の通り、浴室中央には梅の花のような形をしたタイル浴槽がひとつあり、底にはタイルで「花」という文字が描かれていて、なんともかわいらしいです。

湯口より無色透明の熱い源泉が投入され、飯坂らしい熱湯が静かに掛け流し。スッキリとした芒哨臭漂う湯は、年末年始の宿泊客が多い為か、だいぶ「こなれて」いたものの、キリリとした熱さで気持ちよく浸かる事ができました。

浴後に先ほどの女将さんが再び登場し、帰り際アイスをくださいました。家は気兼ねのいらない宿だから、いつでも来て頂戴との言葉が嬉しかったです。
(12年1月)

(まぐぞー)



男性浴室


湯口


溢れ出し



女性浴室


浴槽


湯口


はしご湯のすすめ福島県の温泉