はしご湯のすすめ山形県の温泉


さくらんぼ東根温泉 小関館 さくらんぼ東根温泉 小関館

東根市温泉町1-8-15
0237-42-0003
立寄り時間要問合せ/400円

訪問:11年12月

さくらんぼ東根温泉協組12号泉/含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉/62.2℃ pH=7.9 溶存物質計=1327mg Li=0.7mg Na=370.5 K=10.0 Mg=0.4 Ca=46.0 F=5.4 Cl=440.6 Br=0.1 I=0.2 HS=1.4 SO4=203.4 HPO4=0.1 HCO3=159.8 CO3=1.0 H2SiO3=65.2 HBO2=20.0 CO2=3.4 H2S=0.2 (H17.3.14)/※温泉利用状況の掲示=全ての項目で該当なし


通りがかった和風温泉旅館。湯治宿の雰囲気も少なからず感じたので訪問。「お風呂は入れますか?」と尋ねると「はいどうぞ」との返事。たまたま当日は空いていたのか、「男女の浴槽をどちらでも貸切でいいよ」と仰る女将さん。どれどれと早速に男湯を貸切独占させていただく。

男湯は、変形横長の小タイル浴槽で4-5人サイズの広さがある。湯口より55.4℃の加水無し12号源泉を少量投入しています。浴槽では44.8℃の熱め調整されています。湯はやや黄色を帯びた透明、弱重曹甘味に弱塩味。口に含むと揮発系モール臭が鼻に抜ける。鮮度もまずまずの状態で満足。湯使いは少量投入の掛け流しだが、入浴客が続いた時の鮮度保持に気を遣うタイプでもある。
(11年12月)

(三昧)


温泉街の憩いの場「ポケットパーク足湯」のすぐ近くにある、やや年季の入った観光旅館です。家族やビジネスでも気兼ねなく利用できそうな雰囲気があり、飛び込みで立寄りを伺うと、気さくな女将さんが快く迎え入れてくださいました。館内には男女別内湯がひとつづつ。どちらでも好きな方を貸切利用してよいとの事で、訪問時に外光が射しこみ明るかった男性側を利用させていただきました。

浴室には4〜5人サイズの菱形浴槽がひとつ。湯口より熱い源泉が投入され、浴槽内で熱めの掛け流し。ほんのり茶+黄色がかった湯中には、カス状湯花が多数舞っています。湯面からは重曹の甘くモッタリとした臭いが目立ち、ごく弱く揮発系のモール臭も少々。湯を一口含むとほんのり塩気を感じます。湯の状態も良く、貸切で存分に東根の湯を楽しませていただきました。
(11年12月)

(まぐぞー)



男性脱衣場


男性浴室


湯口



お湯


浸かった様子


女性浴室


はしご湯のすすめ山形県の温泉